#新しい不動産業研究所

事業領域を広げ、不動産業の未来を切り拓く # 新しい不動産業研究所。先駆的に取り組む事業者がリードし、不動産業(宅建業・建設業・設計業)のみなさんに、新領域へのツールを提供し、チャレンジを促します。 https://atarashi-fudousan.jp/

#新しい不動産業研究所

事業領域を広げ、不動産業の未来を切り拓く # 新しい不動産業研究所。先駆的に取り組む事業者がリードし、不動産業(宅建業・建設業・設計業)のみなさんに、新領域へのツールを提供し、チャレンジを促します。 https://atarashi-fudousan.jp/

    最近の記事

    【オンライン:1/31(火)】toCチャネルの必要性 を加和太建設の取り組みから考える

    【実案件からtoC戦略を学びませんか?】 2023/1/31(火)、実案件からtoC戦略を学ぶ分科会を開催します。 toC分科会は「新しい不動産業」に取り組んでいる会員企業の経営者、社員の皆さんが集まって、新しい不動産的取り組みを拡大、加速させるためのスキルや知識、アイデアを共有し高めあうこと、気づきを得ることを目的としたフランクな会です。 一方的に説明を受けるセミナーとは違い、双方向でコミュニケーションを取りお互いに実務のレベルアップを目指すものになっております。 分

      • 吉里氏は物件の価値を伝えるためにどこまでをケアしてる?

        皆様こんにちは!新しい不動産業研究所事務局の恩田です。 11月29日にR不動産の吉里氏をお招きして「R不動産はなぜ始まったのか?」というトークセッションを開催しました。 会員限定のトークセッションだったのですが、今回はその一部をお見せするキリトリ紹介第二弾! ぜひこちらのyoutubeをご覧ください! 全編は会員限定で公開中です! そのほか会員になると ・会員限定イベントに参加できる ・会員限定のFBグループに入り会員同士で交流ができる ・実際に動いている案件の相談

        • 新しい不動産業における顧客接点とは。吉里さんと一緒に考えてみました

          新しい不動産業研究所の矢部です。この記事ではすでに「新しい不動産業」が目指す人、まちそして不動産への関わり方を実践、ご活躍されている皆様の取り組みの紹介を通じ、研究所のメンバーに①気づきと②手法と③連携を生み出すためのnoteです。①取り組みを読んで「まずは真似してみる、やってみる」②取り組みで使われている手法やツールを「手に入れる相談をしてみる」③②も含め自分の事業について相談や協働依頼など「連携機会」など研究所メンバーに新たなビジネスチャンスを生み出すことが目的です。

          • 吉里氏が「不動産違和感と可能性を感じた瞬間」とは? from 『1129実施イベントR不動産はなぜ始まったのか?』

            皆様こんにちは!新しい不動産業研究所事務局の恩田です。 11月29日にR不動産の吉里氏をお招きして「R不動産はなぜ始まったのか?」というトークセッションを開催しました。 会員限定のトークセッションだったのですが、今回はその一部をお見せいたします! ぜひこちらのyoutubeをご覧ください! 全編は会員限定で公開中です! そのほか会員になると ・会員限定イベントに参加できる ・会員限定のFBグループに入り会員同士で交流ができる ・実際に動いている案件の相談ができる ・

            12/12 19:00〜【公開収録のお知らせ】「toCチャネルの必要性を実際の取り組みから考える」

            みなさまこんにちは。新しい不動産業研究所事務局の恩田です。 新しい不動産業研究所では現在「to Cチャネルを考える」をテーマにイベントや発信を行っておりますが、 「そもそもなぜtoCチャネルが必要なのか」疑問を持っていらっしゃる方もいるかと思います。 そこで、12/12(月)19:00〜は「公開収録/分科会」と題しまして ・先日のイベント「R不動産はなぜ始まったのか?」動画を徹底解説 ・実際にtoCチャネル強化に取り組む株式会社ユカリエ様へインタビュー をオンラインでお届

            ローカルデベロッパーとは何か。林さんと一緒に考えてみました

            ※この記事は通常会員向けに発信している記事(ツール)のダイジェスト版となっております。 新しい不動産業研究所の矢部です。この記事ではすでに「新しい不動産業」が目指す人、まちそして不動産への関わり方を実践、ご活躍されている皆様の取り組みの紹介を通じ、研究所のメンバーに①気づきと②手法と③連携を生み出すためのnoteです。①取り組みを読んで「まずは真似してみる、やってみる」②取り組みで使われている手法やツールを「手に入れる相談をしてみる」③②も含め自分の事業について相談や協働依

            自社のビジネスで地域の価値を高める 株式会社くらしすた不動産・星社長に学ぶ

            ※この記事は通常会員向けに発信している記事(ツール)のダイジェスト版となっております。 新しい不動産業研究所の矢部です。この記事ではすでに「新しい不動産業」が目指す人、まちそして不動産への関わり方を実践、ご活躍されている皆様の取り組みの紹介を通じ、研究所のメンバーに①気づきと②手法と③連携を生み出すためのnoteです。①取り組みを読んで「まずは真似してみる、やってみる」②取り組みで使われている手法やツールを「手に入れる相談をしてみる」③②も含め自分の事業について相談や協働依

            新しい不動産業研究所とポジションマップ

            新しい不動産業研究所では、かねてから 「不動産業1.0から4.0」 「不動産業の民主化1.0+(プラス)から4.0+(プラス)」 という2つの軸のマトリクスをフレームワークとして、既存の不動産業、建設業と比べて何が進んだのか、何を広げたのかについて考えてきました。 今回は、改めてポジションマップを示した上で、それぞれのポジションの意味と役割についてお伝えしたいと思います。 「新しい不動産業研究所」プロジェクトの価値 このプロジェクトが提供したい価値は以下の通りです。 ・地

            【イベント開催】toCチャネルのあり方をR不動産の事例から考える

            新しい不動産研究所ターム2のイベントがいよいよ始まります! ターム2のテーマは「不動産業界は to C チャネルをいかに持つべきか」。11〜1月にかけて3回に渡り、事例から不動産業のtoC戦略を深掘りします。 第1回目はR不動産の代表取締役でありSPEAC共同代表の吉里裕也さんをゲストに迎え11/29(火)19:00〜 「R不動産はなぜ始まったのか」を紐解きます。 【イベント情報】 タイトル:R不動産はなぜ始まったのか 日程:11月29日(火)19:00〜20:30 場

            [イベント開催] ディベロッパー3.0の発想と新しい不動産業|TALK SESSION 9/26

            ローカルディベロッパー×新しい不動産業「ディベロッパー3.0の発想と新しい不動産業」ゲスト:株式会社スピーク共同代表・林厚見氏 #新しい不動産業研究所では、「不動産業領域の拡大」と「不動産業の民主化」による不動産価値最大化を推進。「新しい不動産業」の取り組みを既に行っている事業者をゲストに迎え、そのビジネスモデルと実践するためのノウハウに迫るトークセッションを開催します。 中央集権的な集約・大型化・効率化(機械化・デジタル化・自動車など)文脈の中で、長年従来的な不動産開発

            #新しい不動産業研究所レポート 会員向けトークイベント第1回「京町家をまもるためのローカルな仕組みづくり」

            #新しい不動産業研究所が掲げる2022年8月-10月期のテーマは「ローカルディベロッパー×新しい不動産業」。会員同士でのノウハウの共有、そして新たな事業者との出会いや事業連携のきっかけづくりを目的に、8月11日に、会員限定で視聴ができるトークイベントを開催しました。イベントの様子をサマリーでお届けします。 ※ 研究所会員は全てのセッションをノーカット映像でご覧いただけます。 #新しい不動産業研究所 会員向けトークイベント 第1回「京町家をまもるためのローカルな仕組みづくり」

            イベント開催! 会員登録で限定イベントもご招待 #新しい不動産業

            #新しい不動産業研究所は、「不動産業領域の拡大」と「不動産業の民主化」による不動産価値最大化の推進のために、定期的にトークイベントを開催。2022年8月~10月期のテーマについて、参加者と会員を広く募ります。 【2022年8月~10月期のテーマ】 「ローカルディベロッパー × 新しい不動産業」 【開催予定】 ■ 第1回 「京町家をまもるためのローカルな仕組みづくり」 8/11(木) 19:00~20:30|オンライン ■ 第2回 「人口3万人岩手県紫波町での不動産

            新しい不動産業のスタイル 。不動産屋ではない不動産屋とは?

            2022年3月14日に行われた「#新しい不動産業 Meetup」4日目のセッション3。不動産屋さんではないが、極めて不動産業に近いお二人でないだろうか。治田 友香さん、唐品 知浩さんに伺った。 ※ 研究所会員は全てのセッションをノーカット映像でご覧いただけます。 不動産屋でない不動産屋 不動産屋さんでない不動産屋さんが増えている。三重県で移住コーディネーターをされている西川さんと西岡さんは、中間支援組織というかたちで活動。今後不動産の仲介も行なっていく可能性が高い。山梨県

            善意の投資家と進める重伝建のまちづくり

            2022年3月12日に行われた「#新しい不動産業 Meetup」2日目のセッション5。畑本康介さんに、兵庫県たつの城下町で進められている、まちづくりについて聞く。  ※ 研究所会員は全てのセッションをノーカット映像でご覧いただけます。 龍野城下町のムカシとミライをつなぐまちづくり まちの昔を学び、未来へつなぐ。このまちは、先人が積み上げてくれたからこそ今がある。それを継いでいくことを大切にしている。たつのは、田舎の風景が素晴らしく、日本一の出荷産業が3つある。淡口醤油、手

            官を巻き込む!事業のつくりかた

            2022年3月12日に行われた「#新しい不動産業 Meetup」2日目のセッション2。行政を巻き込んだ不動産を考える。このセッションでは紀泉ふるさと創建の榎本さんをお迎えして、官民連携の事業のつくり方というところから、新しい不動産業について考えていく。 ※ 研究所会員は全てのセッションをノーカット映像でご覧いただけます。 経験を活かして紀泉のまちづくりをリードする 榎本さんは、紀泉、泉州といわれるエリアでまちづくりを推進している。関西国際空港から南を対象という意識だそうだ

            スマートシチズンを増やすコミュニティ型分譲事業を考える

            2022年3月12日に行われた「#新しい不動産業 Meetup」2日目のセッション1。神奈川鎌倉市の企業のエンジョイワークスの松島氏と荘司氏がお伝えする。同社はまちの仲間を増やす仕掛けとして、2008年から不動産営業、2013年から建築設計を手がけ、土地分譲、建築設計を行なってきた。コミュニティを加速するENJOY VILLAGEについて聞く。 ※ 研究所会員は全てのセッションをノーカット映像でご覧いただけます。 コミュニティ型分譲事業「エンジョイヴィレッジ」 「ENJO