【達成】asobi基地小屋を作ろう【クラウドファンディング】

17
“asobi基地小屋” 完成しました!

“asobi基地小屋” 完成しました!

こんにちは。asobi基地アウトドア部・部長の寄金です。 2016年末に実施した、“asobi基地小屋” クラウドファンディング。 ついに、asobi基地小屋の建物が、おおむね完成しました! 南真一さんの手で、屋根がふきおわり、サンルームに窓(ガラスではなく、ポリカーボネート中空複層板という、アクリルのような割れにくい素材です。子どもが遊び回るのを考慮して、安全性を取りました)が入り、これで戸締まりができ、風雨も凌げる状態です。 内部は、てっちゃん(芦沢哲哉さん)が、

3
【6/2〜4】いよいよ “asobi基地小屋” をつくります! 各種お手伝いも大募集!!

【6/2〜4】いよいよ “asobi基地小屋” をつくります! 各種お手伝いも大募集!!

“asobi基地小屋” づくりの日程が決まりました! 2017年6月2日(金)〜4日(日) の3日間で、南真一さんを始めとする大工さん3名、地元のてっちゃん(芦沢哲也さん)の協力のもと、“asobi基地小屋” を作りあげていきます。 もちろん、どなたでも参加できます! また、小屋作りしたい人、デコレーションしたい人、働く大人&子どものために美味しいご飯を作ってくれる人などなど、各種お手伝いも大募集!! 詳細はこちらをご確認ください。 【本番】“asobi基地小屋”

2
【達成しました!】支援総額、応援コメント【“asobi基地小屋” クラウドファンディング】

【達成しました!】支援総額、応援コメント【“asobi基地小屋” クラウドファンディング】

支援総額 ¥373,600 ※1/20 18:00更新 (目標 ¥300,000/達成率 124.53%) 支援者応援コメント ■佐々木 幸雄(りさ、みほ) 「asobi基地小屋楽しみです!」 ■倉田智栄 「素敵なasobi基地小屋の完成を楽しみにしています」 ■倉田いぶき 「大好きasobi基地!ガンバレ‼︎」 ■倉田わかば 「キャンプ行くぞ!ガンバレ‼︎」 ■長堀哲也(JOEパパ) 「こども達の夢が込められた、asobi基地小屋の完成、今からとっても楽し

1
【ご支援お願いします!】asobi基地キャンプのホーム「八木キャンプ場」に “asobi基地小屋” を作りたい!

【ご支援お願いします!】asobi基地キャンプのホーム「八木キャンプ場」に “asobi基地小屋” を作りたい!

「asobi基地キャンプ」のホームグラウンド「八木キャンプ場(静岡県川根本町)」近くに、みんなの力で “asobi基地小屋” を建てたい! 手作りとなる小屋の、建設資材費、輸送費ほか諸経費調達のため、クラウドファンディングを実施いたします!(期間:2016年12月5日〜31日) 5年、10年とasobi基地キャンプを安定して継続開催していくため、そして何より、「asobi基地の仲間たちと一緒に、自分たちの小屋を手作りしたい」という思いを叶えるため、ぜひともご協力をお願いい

1
“asobi基地小屋” づくり始動します!まずは3/4・5現地作戦会議から

“asobi基地小屋” づくり始動します!まずは3/4・5現地作戦会議から

2016年末に実施した、“asobi基地小屋” クラウドファンディングは、みなさまのご支援・ご協力のもと、見事、目標金額を達成! 全40組から、総額 ¥373,600 のご支援をいただきました。 リターンにつきましては、asobi基地が4月から新年度となりますので、諸状況を考慮して、3月頃に改めてご連絡させていただきます。 お待たせして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします! 小屋作りは始動!! 予算も確定し、いよいよ、実際に “asobi基地小屋” 作

1
大人も子どももワクワク!asobi基地キャンプは、やりたいことができる場所!

大人も子どももワクワク!asobi基地キャンプは、やりたいことができる場所!

はじめまして、asobi基地キャストのくりちゃんです。 大学生をしながら、子ども向けにイベントを行ったり、親子の場にキャストとして出入りしたり、と子どもにまつわる活動をしています。 そんな私から、asobi基地キャンプの魅力をお伝えします! 役割は決めません! asobi基地キャンプでは、たくさんの家族が参加します。 でも、それぞれの家族ごとに何かするわけでもなく、それぞれの家族に役割が降られるわけでもありません。 ご飯をつくるひとがいて、子どもと遊ぶ人がいて、火

1
常識をひっくり返すような “自由さ” と “平等な場所” asobi基地キャンプ。オトナ、小1女子にポップコーン作りを教わる

常識をひっくり返すような “自由さ” と “平等な場所” asobi基地キャンプ。オトナ、小1女子にポップコーン作りを教わる

はじめまして、asobi基地ボランティアキャストのうっちーです。 保育士資格は持っていますが、普段は会社員として働きながら、お休みの日に、asobi基地のイベントに参加させて頂いています。 今まで、0歳部のイベントや、神奈川チームの活動に、関わらせて頂きました。 大雨が降った秋キャンプに参加……子どもたちは? (撮影/森本さん) asobi基地アウトドア部については、2016年9月の秋キャンプに参加したので、今日は、そのことについてお話したいと思います。 asob

1
娘とやりたいことが違っても、お互いに我慢せず過ごせる!「asobi基地キャンプ」で大満足

娘とやりたいことが違っても、お互いに我慢せず過ごせる!「asobi基地キャンプ」で大満足

こんにちは。asobi基地キャンプのマイペース隊長/キッチン副隊長のゆりえです。 普段は、WEB関係の仕事をしつつ、小学生のママをしています。 ママひとりで道具を揃えてキャンプに行くのは難しい…… asobi基地に出会ったのは、娘が2歳のときでした。 アウトドア部で、初めてのキャンプをしたのが年中さん。 私は父がボーイスカウトの隊長ということで、小さい頃からキャンプが身近なものでした。 娘にも同じような経験をさせてあげたいという思いはありましたが、1人でキャンプ用

1
やんちゃ過ぎる兄弟に、行く先々で頭を下げる日々……asobi基地キャンプのリピーターになった理由

やんちゃ過ぎる兄弟に、行く先々で頭を下げる日々……asobi基地キャンプのリピーターになった理由

藤原摩耶です。普段は、病院で、こども相手の仕事をしています。 核家族&共働きで、ファミサポさんや、友人に頼りながら、日々綱渡りの生活を送っています。 友人の誘いでasobi基地キャンプ初参加 友人である、木村芳教・由香里さんファミリーから、asobi基地キャンプに誘われたのは、長男7歳、次男5歳の夏のことでした。 asobi基地キャンプでは、asobi基地キャストが、こどもたちと一緒に水鉄砲合戦したり、ビニールプールにシャボン液を入れて、大きなシャボン玉を作って遊んだ

1
“オトナもコドモもみんな自由” を認め合える、大きなおうちのような空間「asobi基地キャンプ」

“オトナもコドモもみんな自由” を認め合える、大きなおうちのような空間「asobi基地キャンプ」

asobi基地キャストのやよいです。 普段は、神奈川県で、森のようちえんスタイルの、認定乳児小規模保育園で働いています。 asobi基地には、2015年の春から関わらせてもらっていて、この春からは、地元・神奈川での開催を増やしていきたい!と、活動中です。 神奈川県は、海と山がすごく近いところが魅力なので。 アウトドア要素の強い活動もいろいろできる!と目論んでいます。 “しなければならないこと” が一切無い、asobi基地キャンプ 『ここはオトナもコドモもすべての人

1