【番外編】1人の女性がエンジニアになるまで〜アリンの場合〜
見出し画像

【番外編】1人の女性がエンジニアになるまで〜アリンの場合〜

アリン

転職活動の記事全て上げきったので、ここでシステムエンジニアになるきっかけのお話をしたいと思います。

この方の記事に影響され、書いてみることにしました。

実は覚えてない!?

私が初めてPCを触ったのは、記憶上では幼稚園?の年少か入園前にPCでガチャピンやムックの知育教材だったと思います。
そう、20年以上前なんです。
そんな昔って、まだそこまでインターネットが普及されていなくて、ダイアルアップ接続でつなげていたんですよね・・・?(小さすぎて覚えていない)
今の人が知らない、フロッピーとか知っていますよ。今でも家にたくさん残っています。父の遺産になるのかな〜。
父親が趣味でPCを買って自作していたぐらいで、家にPCが2台あったので1台を専用にもらいました。
(後で父が美少女ゲームをしていたことを母から教えてもらい、衝撃的でした。)
マンションで湿気が多すぎる家のためしょっちゅう壊れていましたが(汗)
母親もサーバーを借りてホームページを作って、掲示板で友人を作っているぐらいネット大好き家族でした。
常にパソコンを触っていて、ネットをバンバンしていたので学校の授業とかでもすごいね〜と褒められるぐらいでした。
(情報の成績はいつも一番上でした)

情報系の学科に行くきっかけ

中学校は普通の公立へ行きましたが、あまり内申点がよろしく無かったので、自称進学校の私立女子校へ行きました。
そして将来はどうするか考えたときに、情報系の学科へ進もうと決心しましたが、受験が面倒くさかったのでそのまま上の大学へ上がろうとしました。
しかし、その大学には情報系の学科はありませんでした。
結局、父親の反対を受けて外を受験しますが、まぁ勉強していなくて失敗。浪人中もやる気を無くして(ネットにハマりすぎて)、私立の女子大学へ行きました。その大学には情報系の学科がありましたので、行ってよかったなと思いました。
受験中にインターネット教育を私にしてくれた父を亡くしました。
まだ50代前半でALSの難病でした。

自分でホームページを作る(黒歴史)

自分でホームページを作り出したのはいつかなと思い返してみましたが、多分中学生だったのでは?と。いや、高校生かな?
当時、前略プロフィールとかの全盛期で、タグを駆使してホームページを作っていました。夢小説とか書いていましたね。今思うとかなりの黒歴史に入りますが。
小説とかも#NAME#とかかなり懐かしく感じます。
数年前にそのサイトを探してみましたが、すっかり消え去っていました。(サービス自体終了していました。)
そんなことを高校卒業まで続けていました。

大学での影響

入学した大学はかなりパソコン教育に熱心で、学科専用のパソコンが大量にありました。確か、一人1台あるぐらい。
WindowsもMacもあり、たまたま入ったゼミがMacだったので、Macのノートパソコンを買ってもらいました。(入学祝いを使い果たしました)
入学したときにWindowsのノートパソコンも買ってもらったのにね(笑)
そのノートパソコンは3年ぐらいでぶっ壊れましたがねw
大学の授業はプログラミングに特化した授業は少なく、メディアから映像、グラフィック、3DCG、ホームページなど様々なことを広く浅く学習できました。
色彩論とかもありましたね。友達が色彩検定受けていました。
ITパスポートの授業もあり、在学中に取っていた人も多かったですが、私は広く学習することがかなり苦手なので、取ることができませんでした。

作ることが楽しい

大学で学んだことが楽しすぎて、せっかくフォトショップやイラストレータの授業で画像処理技術を身に着けたので、活かしたいなと思い、当時ハマっていた乙女ゲームを真似してシュミレーションゲームを作っていました。
某テニスの夢小説みたいなシュミレーションゲーム(笑)
作り方がわからないので、フリーでシュミレーションゲームを作れるサイトを探して、効果音も探して駆使してなんとか作っていました。
途中で授業が忙しかったので、作るの辞めましたが。
今思うと著作権アウトでしたが、身内だけで公開していたので・・・グレー?
もちろん某2ちゃん(現5ちゃん)でめっちゃ叩かれました。
結果、その関係のフォロワーとはほとんど関係を絶ちました。
その趣味に再び戻ろうとしていますが(笑)

就活か大学院か

3年生になると就職活動が始まりますが、私はまだ勉強したいということで大学院受験をすることを決意します。
今に思うと、よく反対されなかったなと。
まぁ、私が行っていた大学の大学院はあまり現役を取らず、社会人枠をメインにしていたので、落ちました。
そして、4年生の夏から就職活動が始まりますが、やる気がなくて説明会も全然行かず遊んでいました。
流石にまずいということで、9月頃から本腰を入れて就活をはじめました。

よくわからないまま就活

IT系のお仕事をしたいということで、手当り次第にIT系の会社を応募しますが、書類で落とされたり、なんか違うで説明会だけ聞いて応募しなかったりが多かったです。
大手企業は求人終わってるし・・・。
そんな中、10月末に前職の会社に出会い、いきなり説明会で面接をされてしまいました。
その時は女の子が来てくれたのは初めてだとびっくりされていましたが、今思うとIT会社の女性の少なさを思い知ることになりました。
高校から大学まで女子校だったたのに、男性ばかりの現場にほっぽりだされるとは・・・。
同期は私含めて女子2人、男子1人で合計3人となりました。
しかし、その後は新入社員の女子は増えませんでした。
(私の紹介で新卒で入った友達は1週間で辞めました(汗))

以上が私の経歴となります。
私と同年代の女子よりかなり触れてきた期間が多いと思いますが、同じぐらいですよ〜って方は、ぜひコメントを(笑)
※アリンは20代のアラサーです


#はじめてのインターネット

この記事が参加している募集

はじめてのインターネット

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます
アリン
元SESアラサー女が社内SEに転職しました。 その経験談を記事にしています。 システムエンジニア兼ヅカファン(真風涼帆さん)兼ミュオタだけど、ゲームもします。 転職のお悩み相談にも乗ります。