見出し画像

神戸は日本のヘルシンキ

ヘルシンキ滞在中、エスプラナーディ公園とデザインディストリクトを訪れた。ポストカードがたくさん売っているお店や、クリームたっぷりのケーキやマフィンがショーケースからのぞいているカフェ、かわいい雑貨屋さんが立ち並ぶ。

画像3

雑貨屋巡りをし、疲れたらカフェや自然たっぷりの公園で休憩する。そんなゆったりとした休みを過ごしたいのだが、これが私の住むエリアではなかなか難しい。。

…そうだ、神戸があるじゃないか。

元神戸の学生のわたしは神戸が大好きだ。前を向けば海、後ろを向けば山のある三宮は、ちょっと歩けば自然に触れることができる、まさにヘルシンキといっても過言ではない(と思うことにした)

というわけで友人と神戸ファッション美術館で開催されているスイスの絵本展に行ったついでに三宮を訪れることにした。

さてこの神戸ファッション美術館、立地はかなり不便だけれど、ちょっと変わった面白い展示をしてくれるので大好きな美術館だ。昨年は「長靴下のピッピ展」や「デンマークデザイン展」もやっていた。

画像1

絵本展をみ終えた後、私と友人はポップでキュートな絵を描くハンス・フィッシャーのとりこになった。

そしていざ三宮の雑貨屋巡りへ!

余談だが、三宮に初めてきた人はどっちに何があるのか分からなくなることが多いと思う。

阪急の西口の方に向かってまっすぐ進んだら元町(中華街のあるエリア)だ。私は学生の頃真逆に進み、現れるはずのない中華街を目指して2キロ歩いた。

そして三宮の道には名前がついてるのだが(これもなんだかヘルシンキっぽい)、雑貨屋が並んでいるのは「トアロード」だ。ちなみに雑貨屋はトアロードから一本横道にはいったところにある。

約1年ぶりに見るかわいいアクセサリーや洋服のセレクトショップにワクワクがとまらない。そしていつも行くかわいい雑貨屋で数年ぶりにワンピースを購入した。

私と友人は服の好みは違うのだが、友人は服がすきなため、なにかとアドバイスをもらっている。その友人いわく「着たい服を着たらいい」とのことなので、思い切ってふわっとした感じのを買ってみた。本当に可愛くていっぱい着ようと決めた。ちなみにこのワンピース、ノースリーブなので、夏は一枚で着たら更にかわいいのだ。今年の夏は一枚で着る自信をつけれる二の腕になろうな、と友人と誓った。

さてその後は友人の気になる雑貨屋を散策し、トアロードに戻って大好きなケーキ屋でケーキを食べて締めた。

画像2

1年ぶりの三宮、大満足としかいいようがなかった。ちなみに三宮の北欧雑貨のお店といえばマルカさんが有名だが、他にもいろいろありそうなので次は神戸のフィンランド巡りをしたいなとも思った、そんな週末でした。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Kiitos ✳︎
4
▷▶︎フィンランドで暮らしてみたい人。 北欧文化に興味があります。