新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【再演決定 | チケット販売開始】倉田翠 『今ここから、あなたのことが見える/見えない』 大丸有SDGs ACT5

YAU編集室

2022年5月、YAU TEN開催中に初演された倉田翠『今ここから、あなたのことが見える/見えない』。
大丸有エリアや都内11人のワーカーが出演者となりオフィスビルで初演、衝撃と賞賛をもたらしたパフォーマンス作品をホールバージョンとして再創造し、東京国際フォーラムにて堂々再演。


このエリアが、「自分にとって最も遠い存在のひとつ」だった

就業人口約28万人、日本のGDP25%を占めるとも言う大手町・丸の内・有楽町エリア。この大きな数字に埋もれてしまいそうになる「人」は今、何を思い、生きるのでしょうか?
舞台上に断片的・瞬間的に照らし出される、一人ひとりの人生/家族/生活/仕事における歓び、悲しみ、後悔、葛藤、そして希望。観客は小さく、複雑で、多様な「生」と出会い、見えていなかった他者の存在を確かに感じ、想像します。
同エリアが「自分にとって最も遠い存在のひとつ」だったという倉田翠(演出・構成)とこのエリアで働くワーカーとが出会い、徹底的なコミュニケーションによって生まれた奇跡の舞台。そこでは、現在と未来を「よりよく生きる」ことへの問いが浮かび上がるでしょう。


京都で自転車を走らせる。走り慣れた道。烏丸御池の交差点で、ふとビルにでかでかと書かれた社名が目に入る。
「おお、こんなところにあるのか。」
京都に住み出して15年以上になるが、初めてそんなことを気にした。出演者の一人がその東京本社に勤めているのだ。
それが何なのか。何の意味があるのか。ないんですよ、何も。
でもそんな、別に交差しなくてよかったはずの誰かとの出会いに、救われることがあると思うんですね。
それはたぶん、意味がないからです。

ここに生きていることを、ここで出会えたことを、ただひたすらに肯定したい。このささやかな悲しみと希望が、オフィスの間を潜り抜け、誰かの明日になりますように。
私たちの今日が、遠い海を越えて、あなたの明日になりますように。      

倉田翠


『今ここから、あなたのことが見える/見えない』

【日時】2022年11月23日(水・祝) 19:00 開演 ★アフタートークあり
             24日(木)19:00 開演 ★アフタートークあり
          25日(金)18:00 開演
    *受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前となります

【会場】東京国際フォーラム ホールD7(東京都千代田区丸の内3-5-1)
JR有楽町駅徒歩1分、東京駅徒歩5分・地下鉄有楽町駅地下直結、日比谷駅 / 銀座駅徒歩5~7分
https://www.t-i-forum.co.jp/access/access/

【料金】全席自由席:一般 3,000円(税込)
          18歳以下 1,500円(税込)
    *未就学児入場可/18歳以下公演当日要証明
    *未就学児童でお席を必要とする場合はご予約ください
    *当日券は残席がある場合のみ販売いたします。

【チケット取扱】Peatixにて、10/8(土)13:00発売開始 下記、リンク先より
 【公演に関するお問い合わせ】
一般社団法人ベンチ(ima.kokokara11★gmail.com) ★を@に変えて送信ください。


【出演】
幾山靖代、石田悠哉、小川敦子​​、菊池結華​​、後藤正子、佐々木大輔​​、佐藤駿、高島竜馬、寺尾耀一郎、津保綾乃​​、中田かおり、宮原朱琳​​、矢次純一郎 / 倉田翠​​

【スタッフ】
演出・構成:倉田翠

舞台監督:佐藤恵、守山真利恵
照明:木藤歩
音響プランナー:中原楽(LUFTZUG)
音響オペレーター:佐藤佑樹
演出助手:平澤直幸
広報:岩本室佳
制作:清水聡美、柴田聡子
プロデューサー:武田知也 (bench)、藤井さゆり (bench)

宣伝写真:山本華
宣伝美術:加藤賢策(LABORATORIES)

初演舞台写真:加藤甫

【主催】
大丸有SDGs ACT5実行委員会、一般社団法人ベンチ

【特別協力】
有楽町アートアーバニズムYAU

【企画制作】
一般社団法人ベンチ


 【ゲストアーティストプロフィール】

倉田翠
1987年、三重県出身。京都造形芸術大学卒業。3歳よりクラシックバレエ、モダンバレエを始める。京都を中心に、主に舞台作品を制作。作品ごとに自身や他者と向かい合い、そこに生じる事象を舞台構造を使ってフィクションとして立ち上がらせることで「ダンス」の可能性を探求している。2016年より、倉田翠とテクニカルスタッフのみの団体、akakilike(アカキライク)の主宰を務め、アクターとスタッフが対等な立ち位置で作品に関わる事を目指し活動している。セゾン文化財団セゾン・フェローⅠ。https://akakilike.jimdofree.com/
 
大丸有SDGsACT5とは|
三菱地所株式会社、農林中央金庫、株式会社日本経済新聞社及び株式会社日経BP等で構成する大丸有 SDGs ACT5 実行委員会が、大手町・丸の内・有楽町地区(大丸有)を舞台に、様々なSDGsに関連する活動を、5つのテーマでつなぎ、推進するプロジェクトです。
https://act-5.jp/

【新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下のご協力をお願いします。】
・発熱やのどの痛み、倦怠感、風邪のような症状のある方、体調のすぐれないお客様は、ご来場をお控えください。
・ご来場時、ご鑑賞時は必ずマスクの着用をお願いいたします。体調等の面でマスクの着用が難しい方は、ハンカチやタオルなどお持ちいただき周りのお客様へのご配慮をお願いいたします。
・入場時に検温を実施いたします。37.5℃以上の場合はご入場をお断りいたします。
・チケットを購入いただいた際の情報を緊急時の連絡に使用いたします。購入時から連絡先を変更される方は、受付にお伝えください。
・ご来場者、及び本公演の関係者(出演者、スタッフ等)に感染者が確認された場合は、保健所等の公的機関に情報提供を行うことがあります。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!