見出し画像

2020年お気に入りアーティストvol.1

お久しぶりです!

前回からの投稿少しあきました!有難いことにバタバタと忙しく過ごしていました♩

さて11月になり今年ももう残り2か月!

1年の集大成を迎える準備をしていこうと思います(^^)

そこで気が早いですが、一先ず第一弾として、今年のお気に入り注目アーティストとアルバムを誰得でご紹介します(笑)

紹介する順番は順不同です~

1. Michelle

ニューヨークを拠点に活動する男女6人組のポップ/R&Bグループ

2018年にリリースされた以下のアルバムは2020年の今年、アナログでもリリースされましたね!

デビュー作のこのアルバムで、すっかり虜になりその後のシングルももちろん今後も期待しているアーティストです!

▼どの曲も本当に良いんですけど、強いて言うならやっぱりリード曲の"STUCK ON U"(3曲目)!

2. Remi Wolf

カリフォルニア州パロアルト出身。

2014年にはアメリカンアイドルシーズン13のオーディションに出場経験を持ちます!(アメリカンアイドルの番組は大好きで今年も張り付いて観てました♩笑)

一度聴いたら忘れない印象的な声と耳に残るサウンドがいつの間にか虜になります。

▼中でも一番好きな曲は”Rufufus”(2曲目)です!

最新シングルの”Monte Carlo”はSamsung galaxy Buds LiveのCMにも起用されていました!

テレビから流れてきた時は本当にびっくりしました!

ついでにこちらも聴いてみてください!知らぬ間に聴いている人も多いと思います^^

3. Ashes To Amber

カリフォルニア州、ロサンゼルスを拠点に活動するソロアーティスト。

ニューウェーブ/ポストパンクでもオルタナティブなゆるいロックで個人的に注目しているインディーズです!

彼の音楽はアルバムを通してとてもセンスを感じます!

ジャケットの写真の色彩や質感とか、暖かみのある音に加えポップで緩く抜け感があってBGMにもなるしギグもできる☆

▼個人的におすすめは”S.S.S.S.”(7曲目)です!

4. Samm Henshaw

イギリス出身でロンドンを拠点に活動する歌手、ソングライター、レコーディングプロデューサー。

父親が牧師を務めていた教会で楽器演奏とゴスペルを学んだ背景があります。

私が彼の音楽に出会ったのは2018年!初めて耳にした瞬間からソウルフルなのにキャッチーな新感覚の音楽がしばらく頭を離れずすぐに虜になりました♩

昨年リリースした”Church”はトヨタ自動車のCMに起用されていました!

Remi Wolfと同様、TVから流れた時は一人でテンションが上がり驚いた事を覚えています!

コロナの影響で公演延期になりましたが、2020年今年の5月には東京来日公演も予定されていた、今後の活躍が更に楽しみなアーティストです♩

▼2015年のアルバムももちろん良いけど、2018年以降リリースしてるシングルがどれも最高なのでセルフ検索してみてください!

せっかくだからここでは私がファンになったきっかけの音楽を掲載させて頂きます。

5. Knox Fortune

アメリカのシカゴを拠点に活動する歌手兼レコードプロデューサー。

ヒップホップやR&Bの枠に限らないジャンルの広さも聴いていて飽きずあれこれ気になって聴いてしまいます!

また今年28歳と年齢が一緒で勝手に親近感を感じています(笑)

Chance The Rapperの2016年リリースアルバム『coloring book』の中の1曲”All Night”で共演を果たし、その後も2019年にまたもやチャンスのアルバムで共演していました!(チャンスはもちろん大好きでどのアルバムもヘビロテしています)

▼今年リリースされた”Stack Child Wonder”がアルバム通して曲順の流れも好きだし、幅が広くて楽しいです♬​​


今日のところはここまで!

次回はVol.2で残り5アーティスト紹介したいと思います☆

音質の良いヘッドホン大音量で深夜に一人ノリノリで記事を書いていたアリシマでした(笑)

いつもお付き合い下さり有難うございます(ᵔᴥᵔ)✌︎

さらば!また次回←

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
有難うございます✌︎
55
レコードプレイヤー買ったばかりなのに レコード屋さん始めることになってしまったオルタナ大好きアリシマのnoteです!女性目線のちょいゆる音楽たくさん紹介していきます。