うみやまのあいだ、あめつちのあいだ(二宮の仕事)

生活の記録であり、思考ノートです。それから時々、犬のこと。 https://umiyama-ametsuchi.com ※文芸社より『ひとひと』発売中。 #iwate #morioka

杉の実

例えば、雨風にうたれて地に落ちた杉の実。 ある者は雪の上、ある者は土の上。 ある者は日陰、ある者は日向。 ある者は温(ぬく)められ、ある者は朽ち。 そうした数々の…

【小説】うみやまのあいだのひとしずく④

児童文学として執筆したものです。 私たちのそば、どこにでもいる水滴の一粒〈ひとしずく〉が主人公です。 ①〜③はマガジンにまとめていますので、そちらをご覧ください。…

地鳴り

一冬分の重苦しい灰色の雪が、 先の雨に打たれて流されるように ずどどどどどど と、大袈裟にばかでかい音をたてて、 屋根から落ちたようだ。 心臓がバクバク鳴っている …

【短編小説】うみやまのあいだのひとしずく③

児童文学として執筆したものです。 私たちのそば、どこにでもいる水滴の一粒〈ひとしずく〉が主人公です。 読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願い致します。 「う…

雪どけ

縁側に腰をおろして 何をするでもなく、ただいる。 軒下からぽたりぽたりと 雪どけの滴が落ちてきて ただそれを眺めていた。 冷たい。 鳥の囀りが増えてきたな。 #変わ