見出し画像

連載コラム「タイでサル調査!研究奮闘記」配信開始のお知らせ

みなさんはじめまして。サルの研究をしている自称写真家の豊田です。

「写真家」は私の願望であってあくまでも自称です。
正式な身分は大学所属の研究員で、タイ王国でベニガオザルというサルの行動を研究している霊長類学者です。


この度、noteにて「タイでサル調査!研究奮闘記」という連載を始める事となりました。

新型コロナウイルスの影響で海外渡航が難しくなり、私のタイ王国でのベニガオザル研究も中断を余儀なくされて、早一年が過ぎてしまいました。

渡航規制緩和の目処も、調査再開の予定も立たずという状況ですが、この時間を有効活用し、これまでのタイでの調査生活を振り返りながら、記憶が薄れる前に記録に残していこうと思い立ったのが連載開始のきっかけです。

この連載では、短めのコラムでタイでの調査生活のあれこれを発信していけたらと思っております。1500字程度の1話1ネタ読み切り形式を想定しています。
連載は週一回、週末の更新を考えています。


そしてこの連載は、イラストレーター「はなさわりよこ」さんとのコラボ企画となっております。本連載のカバーイラストをはじめ、記事の中で時々出てくる挿絵をデザインしていただいています。素敵なイラストをたくさんデザインしていただいたので、こちらもぜひお楽しみに!

画像3

はなさわさんにベニガオザルを描いていただきました!
※はなさわさんのツイッターはこちら


少しでも面白いなと思ったら、「スキ」と「フォロー」をお願いします!
更新の励みとなります。

また、疑問や質問、記事にして欲しい内容などありましたら、お気軽にコメントもどうぞ。


以下、著者プロフィールのご紹介です。

画像1

豊田 有 (とよだ ある)
霊長類学者・博士(理学)
1990年生まれ、岐阜県出身

京都大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 霊長類学・野生動物系 博士後期課程修了

研究テーマはマカク属の社会進化、オスの繁殖戦略、社会行動など。
野外での行動観察の他、DNA試料を用いた遺伝解析、糞試料からの内分泌動態測定、カメラトラップを用いた大規模ビッグデータ集積などもおこなっています。

研究活動に関する詳細はresearchmapをご覧ください。


博士課程進学以降、タイ王国中部の保護区を拠点に、ベニガオザルという珍しいサルの生態を研究しています。
​ベニガオザルは野外での研究がほとんどない謎多きサルです。
このサルの暮らしぶりを明らかにすべく、タイでひとり孤軍奮闘しています。

派手な研究はできなくても、地道な調査をひとりで細々とでも続けていきたいと思っています。

画像2

写真)ベニガオザルの親子


NHK「ダーウィンが来た!」、NHK-BS「ワイルドライフ」に出演しています。
ワイルドライフは以下のオンデマンドからご視聴いただけます。

2019年7月15日放送
ワイルドライフ「東南アジア タイの熱帯雨林 サルの赤ちゃんが平和を築く」


個人ホームページは現在作成中です。
Twitterはこちらです。ベニガオザルのみならず、これまで撮影してきたサルたちの写真を載せています。
Instagramはこちらです。Twitterと同期して投稿しております。

こちらもあわせて御覧ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
23
ポスドク研究員。タイ王国中部の調査地でベニガオザルの研究をしています。2018年に博士号(理学・京都大学)取得。NHK「ダーウィンが来た!」NHK-BS「ワイルドライフ」出演。調査で撮ったサルの生態写真や道中の記録写真、調査中の出来事・回顧録などを記事にします。