見出し画像

地域に新たな建築を根付かせる

西和人/Archlife


富山県砺波市に計画した住宅です。
敷地は住宅街の中でありながらも、東西面を道路、北面を公園に囲まれた良好な環境の中にあります。
関東に住まいを持つ施主は、故郷であるこの地に新たな終の住まいを建てることを決めました。
富山県砺波市は典型的な日本海側気候です。
年によりばらつきはあるものの、冬には積雪も多く1年を通し曇天の空模様が多く広がります。
この環境から朗らかな生活を守る建築、また、この地は施主の故郷ではあるものの、住むことに関しては初めての地であるということも伺っていたため、周りの環境とこの周辺に住む人々とこの地に新たに住まう施主が、どこかやんわりと繋がっていくような、それらすべてを受け止めるような建築のあり方を探っていきました。
結果的に提案させていただいたのは、室内空間よりも大きな軒下空間を持つ平屋の住宅です。
大きな屋根の下、四季の移ろいを十分に感じられるよう良好な環境が広がる公園側に開口を集めると同時に、東西に伸びる長い外部(砂利)通路と内部(土間)通路をそこに設けています。
東西面の道路からの便利なアクセス動線となるこの通路は、縁側のような、外部環境と内部環境との干渉地点として働くだけでなく、地域の人々との交流の場としても機能していきます。
建物東面の広々取られた軒下空間も開放され、公園の東屋のような憩いの場として、また、積雪時などは自家用車を守るカーポートとしてもこの空間は活用されます。
日々の環境の移ろいの中、その環境を楽しみながらも生活を守り、人と人もまたゆったりと繋がり合っていくような、懐深く、時間軸の長い建築がこの大きな屋根の下に形成されています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
西和人/Archlife

建築に関して様々に情報を配信していけたらと考えています。 興味を持っていただける記事作成のため、ご要望や質問等も随時承っております! 何かありましたらkn@archlife.jpまでよろしくお願いいたします!