見出し画像

【自己紹介バトン #18】 結果たどり着いた場所

はじめまして。 Customer Success Div所属、ディレクター(?)のNです。 読者のみなさまにARCHETYPメンバーのことを知っていただくために、バトンによる社員紹介を行っています!

まずは自己紹介

・埼玉県出身、埼玉県育ち
・サッカーが有名な街の飲み屋で週末を過ごすこと十数年
・地元が好きすぎて、すぐに帰れる距離にしか引越せずいまだに埼玉在住
・家に犬がいます

こんな私がARCHETYPに入社するまでのお話です。

大学では経営学を学びつつ、ほぼ毎日運動(ライフセービングとバスケ)をし、アルバイトでも運動(水泳インストラクター)し、大学を卒業するまでは趣味で絵を描く以外全くクリエイティブとは無縁の生活でした。その後、紆余曲折を経て、ARCHETYPにJOINすることになるのですが、、、

度重なる転機

大学卒業後、縁あって入社したこの業界。
デザイナーとしてのキャリアのスタートです。

本の編集から入り、装丁やフライヤーのデザインなど、できることの幅を広げ、次のチャレンジの場、広告代理店へ転職しました。

広告代理店に転職後、電車広告や、店頭ポスターなど紙媒体を中心にデザイナーとして仕事をしていました。
そしてあっという間に入社1年。。。
1つ目のターニングポイントが訪れます。

紙媒体からWEB媒体へ
人事異動により、WEB制作部門への配属が決まりました。それまでWEBデザインは数本しか経験がなく、持っている知識といえば両手で数えられる程度。もがきながらも本を読み、講座を受講しあっという間に1年が経過(その間ほぼ記憶ありません)、一人で担当できる案件も増え、乗り切った、と思った矢先。。。
2つ目のターニングポイントが訪れます。

デザイナーからマークアップエンジニアへ
元々、デザイン中心の会社であったため、デザイナー人材は豊富でしたが、マークアップエンジニアは数えるほどしか在籍しておらず、運用業務を回すには人材が不足していました。
ある日の帰り際、上司から呼び止められ、「明日からマークアップもやってね。」と一言。
????????????
事態を飲み込めぬまま、次の日出社すると、すでに新しい名刺が。
やってね、と言われても知識ゼロ。紙媒体からWEB媒体に移動になった時には、まだ生かせる知識があったものの、その時ばかりはさすがに。
何でエンジニア?
デザインがやりたくて入社したのに?
腑に落ちぬまま、2週間が経過。何一つ成果も残せぬまま1ヶ月が経過。
自分に向いていないなと思いながら時間だけが過ぎていきました。
そんな時、上司から「強制的にやらされてると思っているのならやらない方がいい。現在与えられた今の仕事に打ち込めないような心構えではどこの職場でも決していい仕事はできないよ。3ヶ月本気で楽しんでみて、3ヶ月後絶対俺に感謝するから」と言われました。
何言ってるんだろうと理解半分でしたが、その日を境に”楽しむ”その言葉だけは忘れずに業務に取り組むようなりました。そして1ヶ月後には何となくコードが書けるように、3ヶ月後にはシンプルなページであれば1から組めるように。
上司の言葉により、気づかぬうちに、やらされている感覚から自分で決めてやっている感覚にシフトチェンジ。
こうして新たな武器を手に入れることとなったのです。

そして現在

ARCHETYPに入社し、現在運用改善におけるディレクターという立場で仕事をしています。
が、冒頭でもディレクター(?)と書いた理由、それはディレクターをしつつ、デザイン、コーディングも行う何でも屋だと自分では思っているから。
紆余曲折ありましたが、どのような道で山を登ってきても、結果ここにたどり着いたと今となっては思います。これからも、いろんな角度から空いている穴を埋めていけたらと。

入社面接の時言った、「デザインもマークアップも両方、いろいろやりたいんです。」
今思えば、よくそんな突拍子もないことを言ったなと思いますが、そんな夢を叶えてくれる環境がARCHETYPにはあります。

そんなARCHETYPでは一緒に働くメンバーを募集中です。
気になった方はこちらまで。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
アーキタイプの公式noteです。 ウェブサイト・サービス・アプリ・IoTのUI/UXデザインやクリエイティブ人材の育成、就業支援などを行っています! ここでは、最新のUI/UXに関する情報や制作の裏側、社員紹介などをお届けします。 https://www.archetyp.jp