見出し画像

【自己紹介バトン #03】ディレクターだってクリエイターである

はじめまして。ディレクターGと申します。

読者のみなさまにARCHETYPメンバーのことを知っていただくために、バトンによる社員紹介を行っています。

バトン3人目ということで、まずは私の簡単な自己紹介です。

趣味は、美味しいごはん屋さん開拓(最近なかなか出来ず寂しいです)とゲーム(JPRGが特に好き)です。

学生時代は、ひょんなことから携帯サイトでhtmlの存在を知り、タグの手打ちを始めるようになり(年代がバレますね…)、さらにPhotoshopと出会い、その楽しさに気づきます。

色々と回り道もありましたが、上記独学の経験を活かしながら、制作会社を経て、ARCHETYPに入社しました。

チームでつくるから楽しい

上記の経歴だけ見ると、デザイナーorエンジニアではなく、何故ディレクターなのか?という感じですが…それは前者の職種でなくとも、クリエイターを目指せることに気づいたからです。

ディレクターって、自分でデザインするわけでも、コーディングをするわけでもないのですが、制作チームを引っ張り、チームでより良いアウトプットを生み出す役割という意味では、ディレクターもクリエイターと言えるのではないかと思っています。

確かに、たま〜にデザインをしたり、コーディングをしたい気持ちもなくはないですが(笑)、少なくとも現在の私は、チームでなにか作るということの方が楽しいですし、やりがいも感じています。

メンバーのおかげですが、コンセプトが構成になり、構成が画になって、それが実際に動いていく過程は、何回経験してもワクワクした気持ちになります。

また、個人的には、少しでも自分で手を動かしていたので、「これがダメならこの方法」「こうすると効率的かも」といった制作する側の気持ちがわかるのは、ディレクターをやる上で良かったと思っています。

ARCHETYPで働くこと

良くも悪くも現在ARCHETYPの組織は変革の真っ只中にあります。

その中では「こうしたい」という自分の意志を持っていないとしんどいですが、逆にその意志があれば、働きやすい環境だと思います。

また、とにかく何でも良いのでクリエイティブなもの・ことが好きな方。
一緒に楽しんでお仕事できたら嬉しいです!

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
アーキタイプの公式noteです。 ウェブサイト・サービス・アプリ・IoTのUI/UXデザインやクリエイティブ人材の育成、就業支援などを行っています! ここでは、最新のUI/UXに関する情報や制作の裏側、社員紹介などをお届けします。 https://www.archetyp.jp

こちらでもピックアップされています

社員自己紹介バトン
社員自己紹介バトン
  • 4本

ARCHETYPメンバーの背景や仕事観などをバトン形式でご紹介します♪