【30代40代向け】本当は教えたくない、弱者のための婚活戦略!

【30代40代向け】本当は教えたくない、弱者のための婚活戦略!

あらお底辺の婚活

非モテの
アラフォーで学生(無職)のおじさんが、
なぜ婚活を始めて2人も彼女ができたのか!?

不思議に思いませんか!?


自分では普通だと思っていましたが、周りから言わせると学生の立場で、
できすぎらしいです。
付き合った女性2人のうち1人は年下のしっかりした公務員女性、
もう1人は、8歳年下の可愛い女性でした。
その他にも、告白された女性が2人、大人の関係が5人、
引き続きデートを継続したいと言われた人数も少しはいます。


決して自慢したいわけではないので、まだページを閉じないでくださいねm(__)m
30代40代の婚活で苦労しているのあなたに、きっと役に立つ情報になるはずです。なぜなら、私が知っている婚活戦略が、あなたの参考になるはずだから。

世間には様々な婚活のアドバイスが飛び交っていますが、それを教えてくれている人達(婚活コンサルタント)ってどんな人たちだと思いますか!?あなたと同じような状況を打開した人たちなのでしょうか!?違いますよね。元からモテる人だったり、たまたま早く結婚できた人だったりしますよね。

私はそこにずっと違和感を覚えていました。婚活コンサルタントをしている人の多くは、もともと、普通に婚活で苦労などしてきていない人たちなのです。だから、いくら良いアドバイスをもらっても、本当に私たちが苦労していることなど、当人たちは共感できるのか謎なのです。

いや、おそらくわかってもらえないと思います。
だって口では何とも言えてしまいますからね。


でも実際に婚活を苦労している私たちは、本当に苦しんでますよね。その気持ちを本当に理解できる人って、同じような状況から脱出した人だけのはずです。

だから同じ立場の私の戦略の方が、よほど皆さんの役に立つのではないかと思えてしまうのです。

改めて自己紹介すると、私はアラフォーのおじさんです。転職を10回以上繰り返して、現在は学生(無職)をしているど底辺に沈んでい者です(現在は資格を取得して正社員となりました)。


婚活を始めたのはアラフォーになってからです。転職回数が多すぎて、正社員になることが困難なため、資格を取りに行きました。かなり婚活から出遅れましたよね。

過去にモテてきたわけでもないし、男性が多い職場ばかりで働いていたので、女性との接点もあまりありませんでした。見た目も普通で決してイケメンでもありません。

こんな状況にもかかわらず、婚活を始めました。


最初は、マッチングアプリや街コンなんて右も左もわかりませんでしたからね。毎日、メンタルがボロボロだったし、夜な夜な泣きました。証拠として、当時のブログもたくさん残っています。

僕は男性社会で生きてきたので、女性と話をすることさえもままならなかったです。

しかし紆余曲折をへて、婚活を再開してから2人の女性とお付き合いすることができたのです。婚活を始めて10ヵ月で1人目、婚活を再開して3ヵ月で2人目。しかも告白してくれた女性がさらに2人、大人の営みにまで発展した女性が5人もいます。もちろんこれ以外にも良い感じデートをした方もいましたし、相手からもう1度デートをしてほしいと言われたことも数回あります。


なぜ、こんな底辺なおじさんが婚活を始めて良い結果が出せたのか?おそらく私が思うに、婚活に対する戦略が他の人と違っていたのだと思います。
先ほども話しましたが、私は決してイケメンでもないし、特別な才能があるわけでもない、お付き合いをできた時はアラフォーで学生(無職)というど底辺な状況でした。

おそらく、私よりもスペックが良い人は沢山いらっしゃるはずです。これを今、読んでくださっているあなたも、そうかもしれませんね。ではなぜ、あなたはパートナーできないのか?

その戦略を公開していきたいと思います。
この記事の対象者は、

・私と同じように苦労している30代40代のアラフォーの男女
・スペックが良いのにパートナができない人
・私と同じような底辺の男女

絶対にあなたの参考になる内容だと思いますので、興味がわいたら、最後まで目を通してください。
さて、本題の低スペックなのにパートナーができた理由を説明していきます。


この続きをみるには

この続き: 3,813文字

【30代40代向け】本当は教えたくない、弱者のための婚活戦略!

あらお底辺の婚活

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!