202001_豪華

最新戦法の事情【豪華版】(2020年1月号・振り飛車編)

どうも、あらきっぺです。

タイトルに記載されている通り、振り飛車の将棋を見ていきましょう。なお、前回の内容は、こちらからどうぞ。

なお、当記事の注意事項については、こちらをご覧くださいませ。


最新戦法の事情 振り飛車編
(2019.12/1~12/31)


調査対象局は60局。それでは、戦型ごとに掘り下げて行きましょう。


______________________________________

◆先手中飛車◆



6局出現。先月に続いて、低調な対局数です。

居飛車は超速系統の作戦が多く、(5局出現)この傾向は昨年の9月頃から一気に加速しました。なぜ、ここまで大きな偏りが見られるのかというと、この作戦は主導権を握りやすく、先手中飛車の利を奪いやすいからです。

例えば、この戦型では下図の局面が頻出します。(参考図)


00解説中飛車基本

この続きをみるには

この続き: 10,408文字 / 画像47枚

最新戦法の事情【豪華版】(2020年1月号・振り飛車編)

あらきっぺ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あらきっぺ

今後ともよろしくです!

どうもです!
12
元奨励会三段。「現代将棋を読み解く7つの理論」の著者。https://amzn.to/39cquK7 将棋の定跡や戦術、最先端の感覚を言語化することをテーマに記事を執筆しております。 あらきっぺの将棋ブログもご覧くださいますと嬉しいです。https://arakippe.com