「愛情と評価は別」という話をした。 愛情を持つのはいいけど「愛は盲目」と言われるように過大評価をする危険がある。友人が関わったモノを何でも「いい」と言えば信用されなくなる。「パパは世界一」は愛情として美しいが小学校高学年になれば世界一じゃないことがわかる。でも愛し続けていいのだ。
「愛情と評価は別」という話をした。
愛情を持つのはいいけど「愛は盲目」と言われるように過大評価をする危険がある。友人が関わったモノを何でも「いい」と言えば信用されなくなる。「パパは世界一」は愛情として美しいが小学校高学年になれば世界一じゃないことがわかる。でも愛し続けていいのだ。
画像1
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ワタナベアニ

多分、俺の方がお金は持っていると思うんだけど、どうしてもと言うならありがたくいただきます。

こんな時間に
写真家・アートディレクター。着ぐるみの中は繊細です。1964年生まれ。「ロバート・ツルッパゲとの対話」 https://www.amazon.co.jp/dp/4908586071/