見出し画像

「海街 暮らしの相談室」とは、移住の先にある心地よい暮らしまでを見据えた、逗子葉山の新しい移住窓口です。

海街で暮らす仲間を増やす、「海街 暮らしの相談室」が始まります

こんにちは。逗子葉山を拠点に活動している編集社、アンドサタデーと申します。

#土曜日だけの珈琲店
#逗子葉山海街珈琲祭
#雑誌逗子
#よむ料理店

などなど。暮らしを心地よくするために、3年間でたくさんの街の編集を行ってきました。

もう3年になるんですね。
そう、それはちょうど3年前のこと。

画像2

当時東京で暮らしていた私たちは思いました。
「なんでこの街で暮らしてるんだっけ?」

それらしい理由をつくって自分を納得させても、本当は職場から近いという絶対条件の中で利便性の良い街だから、ということでしかなかったんです。

仕事起点で暮らす街を選ぶのではなくて、暮らし起点で暮らす街は選んだ方が、毎日が心地よくなるのでは。

そんな当たり前のことに今さら気づき、そうして逗子への移住を決めました。

画像3

「なんでこの街を選んだんだろう?」

海街のゆるやかな風と、東京からの新しい風が混ざり合う、その独特な空気に惹かれたこの街。昔ながらの商店街が元気で、新しいカルチャーも芽生え、人と人との温かい繋がりが残り、逆に移住しない理由がないように思えていました。

そこで待っていたのは、自然体で等身大で肩の力が抜けた、暮らしそのもの。

画像5

今までの東京との暮らしとは全く違う心地よさがあり、そのままの自分らしく穏やかにいられる毎日。

もちろん引越しの前は、少しの不安もあったことは隠しません。でも実際に暮らしてみて、今は自信を持って言うことができます。

この街を選んで、本当に良かった。

画像4

この3年間、たくさんの人がアンドサタデーを訪ねて街に来てくれて、魅力を伝える中でそのまま移住を決めてくれました。

同時に、街の入口としての役割を担う中で、各方面から移住のサポートをもっとして欲しいと相談をいただくことも増えています。

そして、コロナウイルスの影響もあり海街での暮らしに注目が集まる中で、私たちにできることはなんだろうか?

逗子葉山の編集社として。
この街の心地よい暮らしをたくさんの人に伝えていくために。
この街で暮らす仲間を増やしてもっと暮らしを楽しくするために。

いよいよ、逗子葉山への移住窓口「海街 暮らしの相談室」を始めます。


アンドサタデー的逗子葉山への移住支援

アンドサタデーらしい移住支援の形を考えて、「その先にある心地よい暮らし」までを見据えたサポートをしていきたいと思っています。

①移住する前に、その街の人と仲良くなることができます。
移住した後に街のコミュニティに飛び込んで行くのでは無く、移住する前に街の人と繋がれるのはきっと心強いこと。

画像2

実際にアンドサタデーのお店で街の人と出会ってから移住してきたことで、その後の暮らしを仲間と楽しまれている方がたくさんいます。

アンドサタデーの周りにいる多くの素敵な方を、ぜひご紹介させていただきたいと思っています。また編集社として街との繋がりを広く持っているため、逗子葉山のあらゆる人をご紹介できるので、もし会いたい人もいれば直接お繋ぎさせていただくこともできます。

②移住した後に、ゆるやかなコミュニティとして繋がります。
「海街暮らしの相談室」で街に来てくれた皆さんとは、移住した後にもアンドサタデーと暮らしを心地よくする、ゆるやかなコミュニティとして繋がりたいと思っています。

画像6

土曜日の珈琲店をホームにしていただき、例えば街のイベントに一緒に参加したり、海街珈琲祭を一緒に盛り上げていただいたり、アンドサタデーの編集企画を一緒につくっていただいたり。街の一員としての自分を強く感じられる暮らしになるはず。

編集社として街の中でたくさんの企画をしていきますので、ぜひこのコミュニティで暮らす街を一緒に盛り上げていきましょう。


「海街 暮らしの相談室」の3つの移住支援の形

①オンライン相談会
定期的にオンラインで街のことを伝えさせていただくイベントを実施します。単なる説明会ではなくて、街の人と交流できるような仕組みをつくっていきます。
初回が7月12日(日)にありますので、ぜひご参加ください。

②個別相談会
逗子葉山への移住をより現実的に検討される方は、個別での相談も受けさせていただきます。オンラインでも、土曜日にお店で珈琲を飲みながらでも良いので、何か直接話したいことがあればいつでも連絡してくださいね。

③相性の良い不動産屋さんの紹介
相性の良い不動産屋さんとの出会いは、その街で納得して暮らすために大切なこと。移住を前向きに検討されることになりましたら、条件に合う不動産屋さんをお繋ぎも出来ます。
こちらも、もしご希望があればお気軽にご相談ください。


その他に、逗子葉山の街歩きイベントの実施や、街で活躍されている方のゲストトークなど、様々な形でサポートをさせていただきます。ご参加いただくだけでも楽しいと思いますので、これからどうぞよろしくお願いいたします。

画像7


まずは第1回オンライン相談会に、お気軽にご参加ください

「逗子葉山 海街暮らしの相談室」 第1回オンライン相談会のご案内です。記念すべき最初のイベントとなりますので、ぜひ少しでもご興味があればご参加いただけると嬉しく思います。

【日 時】2020年7月12日(日)
【時 間】18:00〜19:30:開始15分前に配信URLをお送りします
【参加費】無料
【定 員】30名
【場 所】web会議システムZoomを使ったオンラインイベントとなります
【申 込】下記のpeatixよりお申し込みをお願いします


■オンラインイベントの内容
最初の1時間は、ガイドブック「雑誌逗子」を見ながら、一緒に案内する感覚で街のことをお話しいたします。
・編集社が伝える逗子葉山の街のこと
・赤裸々に話します!海街暮らしって実際どうなの?
・逗子葉山、絶対に行って欲しいあの場所あのお店
終わりの1時間は、質問等もあると思いますので、街の人も交えグループに分かれて交流いただきます。
・逗子葉山の人たちと話す、オンライン交流会

■こんな方はぜひ気軽にご参加ください
・リモートで働けることに気付き、暮らす街を大事にしたい方。
・海の街で暮らしたいが、1時間くらいで東京にも通勤したい方。
・逗子と葉山ではどんな暮らしが出来るのか興味はある方。
・海以外にどんな魅力がある街なのか知りたいという方。
・移住まで行かなくても2拠点目として興味がある方。
・今じゃなくてもいつか海街で暮らすことに憧れのある方。


それでは、お会いできることを楽しみにしています。

写真 / 文  アンドサタデー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
28
"Everyday like Saturday" 毎日に、土曜日を。 土曜日のようにゆるやかな編集チームが、 土曜日だけの珈琲店を活動の拠点としながら、 土曜日のように優しく穏やかな編集をしています。