マガジンのカバー画像

海街暮らしの相談室

3
運営しているクリエイター

記事一覧

夫婦で自然体に過ごせる街だから:庄司真帆の場合【海街暮らしの相談室】#1

今でこそ、アンドサタデーの庄司さんとして街に知られるようになった庄司真帆が、逗子に引っ越してきたのは3年半前。 都内で編集者として忙しく働く毎日を経て、転職のタイミングで自分の暮らしたい街を考えた。 「仕事起点で暮らす街を選ぶの、やめようって」 今までも暮らす街を変える転機はいくつかあったけれど、今回また職場からの近さで暮らす街を選んでしまったら、今までの延長線上でしか無い気がしていた。 せっかくの転機。それを変えたかった。 「海が好きで、元々は離島に移住しようかと

スキ
22

「海街 暮らしの相談室」とは、移住の先にある心地よい暮らしまでを見据えた、逗子葉山の新しい移住窓口です。

海街で暮らす仲間を増やす、「海街 暮らしの相談室」が始まります こんにちは。逗子葉山を拠点に活動している編集社、アンドサタデーと申します。 #土曜日だけの珈琲店 #逗子葉山海街珈琲祭 #雑誌逗子 #よむ料理店 などなど。暮らしを心地よくするために、3年間でたくさんの街の編集を行ってきました。 もう3年になるんですね。 そう、それはちょうど3年前のこと。 当時東京で暮らしていた私たちは思いました。 「なんでこの街で暮らしてるんだっけ?」 それらしい理由をつくって自分を

スキ
33