クリイロカメガイ出現
見出し画像

クリイロカメガイ出現

6月10日の午後、日ノ津の当センター正面の岸壁付近にクリイロカメガイが高密度で出現しました。

クリイロカメガイはクリオネの仲間です。

高密度の部分では、動画のようにカメガイが渦を巻いて水深1m程度まで垂れ下がっている状態が数か所で観察されました。

カメガイの殻は後半部が栗色でトゲが3本あります。大きさは縦のトゲの先までが8.5㎜、横は6㎜程度でした。

カメガイの殻

クリイロカメガイは全世界の温・熱帯水域に分布しているとされ、ネットで調べると、本種は平成21年に兵庫、島根、佐賀、京都での目撃例があります。

カメガイ単体

渦巻状になっているカメガイ集団

今年、当センターの岸壁に6月3日に少数出現し、それ以降見られていませんでした。

10日の夕方にはどこかに流れて行ったので、またどこかの岸に流れ着くかもしれません。

泳ぎ方がかわいいので、見つけたら観察してみてください。

#海士町 #クリイロカメガイ #海

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!