書店さん紹介第37回 未来屋書店Book&Cafe高崎オーパ店さん(その2)
スクリーンショット_2019-03-09_7

書店さん紹介第37回 未来屋書店Book&Cafe高崎オーパ店さん(その2)

天祢涼(あまね りょう)

『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』を展開くださっている、大変ありがたい書店さんを紹介する連載。今回は、昨年末にも一度ご紹介した未来屋書店Book&Cafe高崎オーパさんが再登場です。

天祢涼お手製オリジナル帯を巻いていただきました。帯の裏面には、こちらのスタッフさんからいただいた感想も掲載しています。「ほしい」と言ってくださったスタッフ様、ありがとうございました!

豆色紙とフリーペーパーも引き続き展開いただいており、ありがたいかぎり。

『境内ではお静かに』は、なんとか重版をかけて二作目に弾みをつけたいと考えております。重版がかかっているのと否とでは、二作目の部数や販促などがサイヤ人と超サイヤ人くらい違うんですよ。←たとえがわかりにくい上に適切かどうかもわからないけど、気持ちは伝わってくれ!

そのために必死にあがいている最中、オリジナル帯をご希望いただき、ご協力くださる書店さんは本当に心強いです。高崎オーパ店さんに重ねて御礼申し上げます。

オリジナル帯は、公表後、5店舗からご希望いただきました。皆様、ありがとうございますm(_ _)m
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
またお読みくださいませm(_ _)m
天祢涼(あまね りょう)
メフィスト賞でデビューしたミステリー作家です。noteでは当面、『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』関連の投稿をする予定。番外編や取材メモなどを書いていきます。