見出し画像

島には、みなとがある。

昨日はお隣の島へ朝から打ち合わせ。8時の高速船に乗って30分間。帰りは昼のフェリーに乗るから、1時間。東京で言えば少し遠いところまで乗り換えなしで、という感覚だろうか。今年度はお隣の島へ来る回数がとっても増えた1年間だった。この移動の時間は悪くない。

僕が住む海士町の港は菱浦港。お隣の島後へ渡った港は西郷港。港の印象は4つの島の数だけ異なる。それぞれに違うからこそ、隣の島へ渡ったときに、自分の島の港の見方が変わる。多分、最も人が行き交い、そして混じり合い、そこに営みを感じられる港が、きっと僕が住む島の誇りなのだと思っている。

以前、まさに港の観光協会で働いていたときに「港」ってなんだろう、とふと調べてみたら、実は「港」自体は水路のことだったと知った。まさに止まった目印ではなく、動きのある場所。それこそが港だった。

一方で同じ読み方で「湊」という漢字が同時にあることも知った。「水に近い場所で神に供えるものを集めていた場所」すなわちものと人を集める場所を「湊」と呼んだらしい。ふと昔知ったこのお話を、隣の島に辿り着いた船内の窓から思い出した。

この風景を、この文字をあてた息子に残しておきたいと思った。


写真:太田章彦

離島、海士町、観光業、ホテルで働いてみたい、という方募集中です!特にマリンポートホテル海士では、2021年のグランドオープンに向けた調理スタッフ、サービススタッフを募集しています。お気軽にコメントでもメッセージでもご連絡ください。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んだ上に、ひと押し。嬉しいです。
8
海士町(島根県、隠岐諸島)で暮らしています。2021年7月にEntô、という泊まれるホテル×ジオパーク拠点施設をOPENします。海士町、観光、宿、といったフィールドで働いてみたい、という方募集してます。http://oki-ama.com