AI4コマ漫画 「お墓」オチ発表

AI4コマ漫画 「お墓」オチ発表

ales-ai

ストーリー生成AIフルコトを使って生成したネームを基に制作される4コマ漫画。それが「AI4コマ漫画」です。

AIと人間のコラボレーションにより生まれる豊かなエンタテーメントの未来を目指して発表した第二回作品「お墓」のグランプリ作品を発表します!

「お墓」3コマ

こちらがAIを使って生成したネームを基に誕生した起・承・転の3コマ分です。
イラストレーターはひづめみか〜るさん。

お墓_AI4コマ漫画3コマ

🏆グランプリ発表

AI4コマ漫画キャンプ応募作品第二回グランプリ

(この程度で伝説の走り屋よし子を驚かそうだなんて)人を馬鹿にしていらあ
「アタイが真剣(マジ)なド肝の抜かし方ってやつを教えてやるよ 掴むなら手よりも腰にしておきな?」

受賞者の声

第二回目のグランプリ!難易度が高かったお墓をアクセル全開で吹き飛ばしてくれた鶴賀さん!!です㊗️

画像3

「この度はグランプリを頂きまして、ありがとうございます。
Twitterのプロモーションで偶然この企画を知り、面白いと思って参加させていただきました。如何にしてAIの言葉を咀嚼し、面白く解釈できるか。AIと人間の共存というのは案外そういう事なのかもしれません。」

審査員の声

「シュールな雰囲気が好きです。」
-松原仁-
株式会社Ales取締役会⻑・開発総括
1959年生。人工知能研究者。東京大学理学部情報科学科卒業。同大学院工学系研究科情報工学専攻博士課程修了。工学 博士。元人工知能学会会⻑。「きまぐれ人工知能プロジェクト作家ですのよ」リーダー。「TEZUKA2020プロジェクト 」メンバー。著書に「鉄腕アトムは実現できるか」、「AIに心は宿るのか」など。

「あまりの勢いに笑わされました。よし子のなぜか男前っぽいキャラを、意外な形で爆発させた上手さが光ります。」
-多和田紘希-
ストーリー生成AI開発ディレクター
1980年生。脚本家・構成作家。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻脚本領域修士課程修了。ナショナルジオグラフィックなど国内外の映画、ドラマ、ドキュメンタリー、CMで活躍。

「ぶっ飛んだオチと迫力ある画に社内が沸きました。よし子さんの今後が気になります。」
AI4コマ漫画 プロデューサー
Alesコンテンツ事業部・AI4コマ運営事務局 中の人

審査項目について

審査はご応募頂きましたオチ作品を3名の審査員が下記5項目でそれぞれ採点をし、社内で集計を行っています。最も得点が高かった応募者がグランプリとなります。

・ディープな笑い
・心の豊かさ
・ぶっとんだ度
・納得度
・社会的インパクト

AIはこう生成した ネーム「お墓」

【お墓】
1 夢の中・お墓
夢の中の主人公、いつの間にかお墓にいて、背後から近づいてくる足音に気づく。
N「おやじの足音を夢に見た。」
2 同
主人公、ひんやりした父親の手で手をつかまれる。
N「居てくれと手をつかまれたが、どっちにしようか。」
3 同
主人公、不気味なお墓の中で一人ぼっち、困ってしまう。
N「人を馬鹿にしていらあ、こんな所に我慢が出来るものかと思ったが、仕方がないから、少々困っている。」
4 回想・父親の葬式
父親の葬式後、精進落としで酔っ払う大人たちを見ている、子どもの頃の主人公。
N「おやじの葬式は、子どもの目に呑気な座敷だったけどなぁ。」

呑気におくられた親父は、まさかの成仏していなかったというオチ!
現世でお酒が飲み足りなかったのでしょうか。

お墓オチ

AIが思い描く死の世界は、現世ととても近い存在なのかもしれませんね。
今回もクオリティ高い作品をご応募頂き、本当にありがとうございました。

第3作目となる「八百屋」は10月28日(日曜日)12:00に公開予定です。
グランプリはAmazonギフト券1万円分を贈呈!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ales-ai
AI研究の第一人者でもある、はこだて未来大学副理事長松原教授を中心に設立。自然言語処理分野を主軸としたAI開発カンパニー。ミッションは「これから100年の新しいエンタテインメントをAIと共に創り上げる」 https://ales-ai.com