見出し画像

トリエステ湾のリゾート地・グラード

<イタリア旅行記(2008年夏・ヴェネト&ドロミテ&トリエステ)no.83>

次の目的地は、アクイレイア(Aquileia)
絶対に、見ておきたい教会があるんです。

ただ、この周辺情報は少なく、イタリアで見つけたガイドブックを頼りに、
ウディーネ(Udine)から、列車に乗って、1時間ほど。
列車の最寄駅・チェルヴィニャーノ・アクイレイア・グラード駅(Cervignaino-Aquileia-Grado)まで行き、バスに乗って、アクイレイアへ向かう事にしました。

しかし!

チェルヴィニャーノの駅で、待てど暮らせど、バスが来ない…。
どうも、チェックしていた時刻表が違っていたようです。
結局、1時間以上、この小さな駅で待ちぼうけ。

そして、やっと乗れた!っと思ったバスは、実は、ウディーネ発のバスで。
うん?、そうか、ウディーネから、バスが出てたのね…。
つまり、

ウディーネ → チェルヴィニャーノ → アクイレイア → グラード

このルートで、バスが通っていたんですね。
ウディーネから、バスに乗れば、直行できた…。

そんなことを考えながら、
乗っていたので、降りるはずの「アクイレイア」を通り過ごして、
終点「グラード(Grado)」まで来てしまいました!(*0*)!

同じ場所を行ったり来たりで、かなりの時間のロスをしていますが、
まぁ、この上手くいかない感じ(?)も、イタリアならでは…。

折角ですから、次のバスの時間まで、グラードも散策することにしました。

画像5

画像5


古代ローマ時代には、アクイレイアから海に出る為の港街として栄えていたグラード。
現在は、リゾート地として、愛されています。

画像5


訪れたのは、6月末だったのですが、燦燦と輝く太陽。
とても、とても暑く、陽差しも強く、既に、海水浴、日光浴を楽しむ方々が、いらっしゃいました!
海と空が、本当に、きれいです。

画像5

サンタ・エウフェミア教会(Basilicata di Santa Eufemia)

画像5


古代ローマ時代の遺跡も、残っていて。

この日は、移動で時間を取ってしまい、昼食をとることができず、
結局、オレンジのジェラートで、空腹と、喉を潤しました。

画像6


手も、かなり焼けています。💦

さあ、今度こそ、しっかりと「アクイレイア」で下車すべく、バスに乗り込みます!

           *****************

後で分かったのですが、夏期限定で、トリエステからグラードに、船が出ているそうです。
海からアクセスして、アクイレイアを訪れるのも良いですよね。 

トリエステ(船) → グラード(バス) → アクレイア

交通機関を上手に利用して、効率よく観光するのは、時間が限られている
海外旅行では、とても大事。

イタリアでは、列車やバスの遅延や、突然の運休などもあり、なかなか予定通りいかない事もありますが、それも、イタリアのひとつの側面です。

そんな、イタリア時間を楽しみにながら、旅をすると、予想外の事に出逢ったりします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
9
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、お問い合わせ等はこちら→ http://albero-cooking.com/

こちらでもピックアップされています

イタリア旅行記(北部)
イタリア旅行記(北部)
  • 218本

ヴァッレ・ダオスタ州、ピエモンテ州、ロンバルディア州、ヴェネト州、リグーリア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州、フリウリ=ヴェネッツィア・ジューリア州、エミリア=ロマーニャ州。 現地を歩いて、見て、食べて。 一緒に、旅するように読んで頂けると嬉しいです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。