見出し画像

今秋も作りました!丹波栗の渋皮煮 【レシピ付き】

秋の味覚・栗。
今年も、丹波篠山市まで足を延ばし、丹波栗を調達してきました!

画像1

丹波栗(2L)

この丹波栗で、渋皮煮を作るためです。

渋皮煮を作ろう!と思ったのは、ちょうど、5年前。
秋深い季節に、篠山市の古民家に宿泊した時、お茶菓子として、
手作りの渋皮煮を頂いたのが、きっかけでした。

栗が大好きな、私。
ひと口食べた瞬間、あまりの美味しさに、恋に落ちてしまったんですね…。

作りたい!
そう思って、作り始めて、5年目。
と言っても、年に一度の渋皮煮作りなので、今回で、5回目。

今年は、特大サイズ(3L) が、手に入らず、やや小振りでしたが、ひと粒ずつ丁寧に作業して、美味しく仕上がりました。

画像2

渋皮煮(2020年・秋)



ちょうど、昨年の今頃、この渋皮煮の作り方を掲載しています。
今回、作って、さらに、この記事をブラッシュアップさせました。


作業日数を見ただけで、作ることに、拒絶反応をされる方いらっしゃると思います。

実は、私も、そうでした。
でも、手作りの渋皮煮を、一度、食べてしまうと、その美味しさが忘れられなくて、虜になってしまうんですよね。

「年に一度の、一度だけの、栗のお仕事」

そう思って、出来上がった後の楽しみを想像しながら、毎年、作業しています。

工程自体は、シンプル。
ちょっと、大変なのが、鬼皮剥きと、アク抜き後のひと粒ずつ丁寧に水洗いする、この辺りでしょうか。

ここさえ、クリアできれば、あとは、火入れして、冷まして、火入れして、冷まして、を繰り返し、甘みをのせていく為に、コンロの点火スイッチを捻るだけ。

一度、作ってみようかな…、ちょっと興味あるな…と、いう方は、
是非、是非、えいや!っと、気合を入れてチャレンジして頂きたい、
この作業の後の、栗の堪らない美味しさを楽しみに、作って頂きたい、
そう思っています。

この時期ならではの、ご馳走ですよ。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
料理教室15年目。(料理の仕事30年) 毎月、有料レシピ4記事(木曜日予定)と、+ α(無料記事不定回数)を掲載。 教室の過去レシピを中心に、ブラッシュアップして、再度、仕上げています。 購読後は、2020年1月からのマガジン内の「+α(不定回数)無料記事」は、全てご覧頂けます。

料理脳を鍛えよう! レシピは、料理の謎解き本。食文化もお伝えします。 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用で…

この記事が参加している募集

我が家の秘伝レシピ

with エスビー食品

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

めちゃ嬉しいです!Grazie !🌸
38
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、お問い合わせ等はこちら→ http://albero-cooking.com/

こちらでもピックアップされています

オフィスアルベロ レシピ集
オフィスアルベロ レシピ集
  • ¥880 / 月

料理脳を鍛えよう! レシピは、料理の謎解き本。食文化もお伝えします。 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用できるレシピ、バリエーションを広げるコツや、調理器具について。 郷土料理の背景にある文化や、イタリア各地のお話等々…。 トスカーナ州で、コックとして2年間修業後、全20州を巡り、現地で学んだ郷土料理を、ご家庭で作れるワンランク上のお料理に仕上げます。 材料の数値明瞭化、バリエーションが広がると、大好評! 料理を作る立場からの目線で、豆知識、日本郷土料理についても書いていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。