見出し画像

【レシピ】ズッキーニのオムレツ

イタリア風オムレツについて

イタリアでは、「フリッタータ(Frittata)」と言います。
ズッキーニや、じゃがいも等、様々な野菜を加えて、
オーブンや、フライパンで、両面を焼き上げた卵料理の事です。

フライパンで、片面に焼き色を付けて、トントンと折り返したものは、
オムレット(Omelette:フランス語)と呼ばれて、
イタリアでは、区別されています。


つまり、こちらは、オムレット

画像47

オムレット(Omelette)


そして、両面焼きの卵料理と言えば、
日本では、お好み焼き(Okonomiyaki)が、ありますよね。

イタリア人に周知されている、イタリアの料理本「La Cucina Italiana」。
日本でいう、「NHK きょうの料理」的、存在でしょうか。
その電子版で、「日本風フリッタータ(Frittata Giapponese)」として、
お好み焼きが、紹介されていました。

材料には、キャベツ、卵、小麦粉、野菜の顆粒出汁。
豚肉ではなく、燻製パンチェッタを使ってます。
そして、麺も入っているので、厳密には、モダン焼きになりますが…。
お好み焼きソースの代わりに、トマトピューレ、ウスターソースをベースにして、ソースを作られています。
う~ん、面白いですね。


プレーンオムレツも、イタリア風オムレツも、
私達は、「オムレツ」と呼んでいますが、「お好み焼きは、フリッタータ」と考えると、「オムレット」との違い、言葉のニュアンスの違いが、
分かって頂けると思います。

今回は、フライパンで作る「フリッタータ」を、ご紹介
基本的な作り方、分量を抑えて、マスターすれば、加える野菜類を変える事で、バリエーションが広がります。
まさに、イタリア版お好み焼き。

小さめに切って、前菜の盛り合わせの一品にもなりますし、
大きめに切ったら、朝食の一品等、立派な卵料理にもなります。

画像48

前菜の盛り合わせ(Antipasto Misto)

画像47

じゃがいもとトマトのオムレツ
(Frittata con patate e pomodoro)


是非、得意な卵料理に、入れて頂きたい一品です。

最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「応用編」「料理用語のイタリア語」を添付しています。

******************

ズッキーニのオムレツ
(Frittata con zucchini)

【 難易度 】★☆☆☆☆
【 調理時間 】 約 15 分

この続きをみるには

この続き: 4,399文字 / 画像48枚
記事を購入する

【レシピ】ズッキーニのオムレツ

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

めちゃ嬉しいです!Grazie !🌸
12
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 コックとして現地で料理修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 料理教室、仕事依頼等はこちらから → http://albero-cooking.com/

この記事が入っているマガジン

オフィスアルベロ レシピ集
オフィスアルベロ レシピ集
  • ¥880 / 月

「料理教室に通っているような料理本を作りたい!食文化をお伝えしたい!」 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用できるレシピ、バリエーションを広げるコツや、調理器具について。 郷土料理の背景にある文化や、イタリア各地のお話等々…。 トスカーナ州で、コックとして2年間修業後、全20州を巡り、現地で学んだ郷土料理を、ご家庭で作れるワンランク上のお料理に仕上げます。 材料の数値明瞭化、バリエーションが広がると、大好評! 料理を作る立場からの目線で、豆知識、日本郷土料理についても書いていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。