あく
ドラマ日記『カナカナ』&テレビ日記『アンタウォッチマン!』ほか

ドラマ日記『カナカナ』&テレビ日記『アンタウォッチマン!』ほか

あく

ケンカにはめっぽう強いが天然ボケの元ヤン青年・マサ(眞栄田郷敦さん)と、ちょっとおませな5歳の女の子・佳奈花(加藤柚凪さん)が織りなすハートフルコメディ『カナカナ』。

マサは居酒屋パイセンを営んでいるが、かつて一人で100人相手のケンカに勝った伝説を持つ武闘派。ある日、裸足で逃げる少女・佳奈花と出会う。実は佳奈花には人の心を読める不思議な能力があり、それを知った叔父の沢田(武田真治さん)に利用される地獄の日々を送っていた…。

NHKが春から始めた夜ドラ枠の第二弾。月曜から木曜日まで毎日15分放送。前作の『卒業タイムリミット』は、テンポのいい学園ミステリーとして中々の出来でしたが、今回はほのぼのとしたテイスト。

佳奈花を沢田から引き離し連れ帰ったマサでしたが、誘拐の疑いで警察がやってくるも、佳奈花を連れて逃亡。危うく犯罪者になるところでしたが、実は佳奈花はマサが預かる予定の遠縁の子だと判明。『監察医朝顔』で上野樹里さんの娘役だった加藤さんが、相変わらず可愛い。

警察内部のあらゆる不正を取り締まる監察官・音無一六(小日向文世さん)が、自分の正義を貫き、どんなに嫌われようが職務を全うし、鋭い“観察眼”と“ひらめき”で、数々の難事件に挑んでいく『嫌われ監察官 音無一六』。

音無一六は、現在はまったく見た目が似ていないタクシー運転手の弟・万丈二六(遠藤憲一さん)と同居している。ある夜、玩具コレクターの射殺体が見つかり、その捜査本部に一六は「特別監査」として加わったのだが…。

初回は2時間ということで、なかなか見応えのあるストーリー。小日向さんと遠藤さんのやり取りでクスりとさせつつ、職務ではビシッと決めるコヒさんがさすが。連ドラ化に伴い、レギュラーキャストとなった古川雄輝さんもいいキャラとして機能。『相棒』の戸田山雅司さん脚本、なるほど。

毎回、実力派の芸人やお笑いカルチャーを取材し、彼らのことをよく知る関係者(=ウォッチマン)たちの証言をもとに、“面白さの秘密”や“波乱万丈な歴史”を紐解いていく『アンタウォッチマン!』。

今回のテーマは『芸人ラジオ』。“ラジオの帝王”伊集院光さんをスタジオゲストに迎えると共に、爆笑問題やおぎやはぎらがVTR出演。『ビートたけしのオールナイトニッポン』の圧倒的な面白さを太田光さんが熱弁していて、激しく同意。

ハーバード大学のマイケル・サンデル教授が、簡単には答えの出せない現代社会の難問を3カ国の若者たちに問いかける!日本(東京大学・慶応大学)、アメリカ(ハーバード大学)、中国(清華大学・復旦大学)の名門大学に通う学生たちが参加する『マイケル・サンデルの白熱教室2022』。

拡大する貧富の差を縮め、社会全体を豊かにするために、中国政府が打ち出した「共同富裕」。企業や富裕層に寄付を求め、貧しい人のために使うという政策だ。企業や個人への政府の大胆な介入は、「国家の役割とはなにか」という問いを投げかける。

以前、『ハーバード白熱教室』がNHKで放送されていた時には、学生はハーバードだけでしたが、今回は日本と中国が加わっているところが特徴。第5回のサブタイトルは「君たちは自分の国を信用している?」。

価値観の違いや本音と建て前、ディベート能力や語学力の差など、興味深く見ました。次回、5月21日のテーマは「民主主義への挑戦〜戦争〜」。世界中で民主主義の衰退が語られる今、サンデル教授が民主主義の価値を問いかけていくそうです。

蛇足:クラシック音楽のビギナーに贈る音楽教養エンターテインメント番組『クラシックTV』。今回は『マジンガーZ』などで知られる作曲家の渡辺宙明さんでした。番組の司会で、ピアニストの清塚信也さんの超絶演奏も素晴らしかったです。


この記事が参加している募集

テレビドラマ感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとうございます
あく
毎クールほぼ全ての地上波ドラマをチェックせずにはいられないドラマ好き。サブカルからハイカルチャーまで幅広い興味と、初級者程度の趣味が多数。ドラマ情報一覧も http://blog.livedoor.jp/aku1215/archives/46025858.html