あく
週末解決…今週の『ちむどんどん』
見出し画像

週末解決…今週の『ちむどんどん』

あく

復帰前の沖縄で、4人兄妹の次女として生まれ育ち、復帰とともに、東京で働き始めるヒロイン・比嘉暢子(稲垣来泉さん→黒島結菜さん)が、やがて沖縄料理の店を開くことになる朝ドラ『ちむどんどん』の第11週「ポークとたまごと男と女」。

シェフの二ツ橋(高嶋政伸さん)が、怪我で1か月入院することになった月曜日。厨房は大混乱となり、オーナーの房子(原田美枝子さん)はシェフ代行として、6年目の暢子を大抜擢するも、先輩達の間には不穏な空気。まあ、当然そうなりますよね。

一方、今も養豚場で働く賢秀(竜星涼さん)は、養豚場の娘・清恵(佐津川愛美さん)と大喧嘩するも恋愛フラグ。さらに、優子(仲間由紀恵さん)にも「共同売店」の店主・善一(山路和弘さん)と再婚フラグ&良子(川口春奈さん)は離婚危機。あちこちで恋愛モード。

和彦(宮沢氷魚さん)が、レストランで編集局長(阪田マサノブさん)と揉めた火曜日。男女の役割分担という話を、良子の件と呼応するように入れてきました。

賢秀から、暢子が謎のアドバイスを受けた水曜日。強気な態度でスタッフに接する暢子に、厨房の雰囲気は最悪に。そして、まさかの寝坊でレストランに遅刻。

一方、別居する良子に帰ってきて欲しい博夫(山田裕貴さん)は、家族を説得すると大見えを切るも、あっさり撃沈。良子に泣きつく結果に。山田さんは、来年の大河『どうする家康』では、本多忠勝役を演じるんですけどね。

暢子の遅刻が夢落ちと判明した木曜日。二ツ橋に会いに行ってヒントをつかもうとするもつかめず。賢秀のアドバイスも響かなかったものの、「他の家族を頼れ」という言葉を聞いて、母・優子(仲間由紀恵さん)に電話。

公衆電話で、10円玉ではあっという間に通話が切れる時代。暢子を気に掛ける三郎(片岡鶴太郎さん)が店内の客から10円玉を集め、通話中の暢子に届ける展開。ついに、優子の言葉から答えを見つけた暢子。社会人としては、基本中の基本のような気もしますが、案外盲点だったのでしょう。

スタッフたちに暢子が謝罪し、あっさり問題解決した金曜日。良子は教員に復帰し、博夫とも小康状態。和彦の件も、田良島(山中崇さん)のお陰で好転。賢秀も養豚場に戻り、清恵と仲直り。週の初めに問題が勃発、週末に解決するという典型的な朝ドラの一週間でした。


この記事が参加している募集

テレビドラマ感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あく
毎クールほぼ全ての地上波ドラマをチェックせずにはいられないドラマ好き。サブカルからハイカルチャーまで幅広い興味と、初級者程度の趣味が多数。ドラマ情報一覧も http://blog.livedoor.jp/aku1215/archives/46025858.html