オア明奈 | 人生を祝うプロデューサー
自分を活かして、節目をデザインする。変化の足音は自分で聴こう。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

自分を活かして、節目をデザインする。変化の足音は自分で聴こう。

オア明奈 | 人生を祝うプロデューサー

こんにちは。人生を祝うプロデューサーオア明奈です。

2020年5月、人生を見つめなおす「ライフログスクール」を開講しました。

「ライフログ」とはこれまでの人生の棚卸しをして、自身の「好き・得意・在り方」を言語化することで、人生の舵取りをしていくことをガイドするツール。私が長年実践してきた振返りメソッド。このライフログの実践を通して約1ヶ月半人生を真剣に見つめるスクール生に、ディープにみっちり伴走させてもらう場が「ライフログスクール 」です。

明奈さんーサインんなしー@4x

今このnoteを読んでくださっている方は、「ライフログスクールに興味はあるけど、もう少し何をするのか、何が得られるのか、自分はどう変われるのかを知りたい」という気持ちかなと思うので、ここでは実際にスクール修了生の声を、原文のまま紹介します。

スクール初日、不安そうに自信がなさそうに自分のことを語っていた人が、全4回の講座と、自身でのワークに取り組み、仲間に励まされながら進んだ1ヶ月。最終日にはスッキリと穏やかな笑顔で前を向いて、自分の人生の手綱を握った姿がそこにある。

決して安くない自己投資。それでも「人生の節目にするんだ!」と勇気を出して一歩踏み出した人には、愛おしい人生を、少しずつでも確実に変化の方に舵を切って歩むその自分の足音がしっかり聴こえているのです。

スクリーンショット 2021-09-14 11.55.45

何よりもスクール生の変化に、一番感動しているのはこの私。なんかもう私が語るよりも、みんなの変化をただ知ってもらうことが何より伝わるんじゃないかと思うほど、愛おしい彼ら、彼女らの変化は私にもパワーをくれます。

【参加理由】スクール参加の理由の多くは、苦手意識の克服と、自信を持って人生を前に進めたいという意思。

さて、どんな人がスクールに参加してくれているのか。どんな目的、意思を持って参加を決めたのか、申し込み時のアンケートからいくつか抜粋してみます。

「私は言語化をするのが本当に苦手です。プラスの時とマイナスの時の波が激しいのですが、どういう時に起こるのか、どう向き合っていけばいいのかがわからず、この気持ちを言語化できれば何か見えてくるのではないかと思いました。先日会社を退職したため、今までは仕事が忙しいことを理由に感情と向き合うことを後回しにしてたので、1ヶ月集中して取り込む環境を作り自分の人生を見つめ直すきっかけにしたいと思っています。」
「自己内省は少ししていますがしっかりこない節がありそこを落とし込みたいこと、その経験から周りの人にも伝えて行きたいため。」
「振り返ること、何かを継続すること、やり遂げることが苦手です。今までそこに目を向けることができていなかったのですが、"苦手"と認識した以上どうにか変えたいなと思い参加をさせていただきました。」
「自分に自信を持ちたいとずっと感じていたが、いろいろ試してきてはいたが達成できず、たまたま明奈さんのnoteを読んで、明奈さんのやり方が自分に合いそうだと感じるようになったからです。」
「自分が本当に大切にしていることを深掘りしたい。今後のキャリアを考えるための指針を導き出したい。自分を好きになりたい。振り返りは何度かしたが、自分を肯定するよりは反省中心になってしまうのが悩み。」
「30歳を過ぎて、この先自分で納得感を持って人生を送るためにも自己と向き合いたいと思っていたことがきっかけです。ずっと仕事中心の生活を送ってきて、モチベーションややりがい、自分の自信などもすべて仕事をすることで保ってきたのですが、30歳を過ぎ、さらにコロナ禍で仕事が休業になった時に、自分から仕事や今の会社での肩書をとったら何が残るんだろう?とふと不安になったり、結婚や転職独立などで色々人生のステップを進めている周囲の人を見て焦ることも多くなり、自分の中での軸みたいなものをはっきり言語化したいと思います。」

不安、悩み、ステータスは人それぞれ。でも、“自分の人生、なんとなくこのままではいけない気がする・・・。”そんな漠然とした不安や焦る気持ちがあっても、忙しい日々の中で自分のことはつい後回しになってしまっていた人が多い印象。

私もそうだったけど、そういう人ほど勇気を持って立ち止まるタイミングが人生には必要。誰かの判断基準や、周りの環境に惑わされず、自分自身が納得し、前に進むための選択ができる未来へつなげてほしい。あなた自身を活かす人生へ。

【やること】ライフログスクールでやることは、「人生の整理整頓」。

ライフログの具体的なステップは「振り返り」「言語化」「行動」「記録」。この繰り返しを通して自身の「好き・得意・在り方」を言語化し、人生の節目と指針を自らデザインすることができます。

画像10

スクールでは、全4回の講座と全6回の自習室、私との個別カウンセリングを経て、人生の洗い出し、整理整頓、言語化、そして意思表明までを自ら行ってもらいます。「学ぶ」というより「実践」。短期集中なので「正直、こんなにも自分の人生に向き合ったことなかった!」という人もいるほど、時間もだけど、精神的にも中々のハードシングスです。それでも立ち止まって自分の人生の整理整頓をする。そして自分を活かす人生への舵を切るのです。

STEP1:「人生の洗い出し」
人生の棚卸しを通じて、過去の経験・学び・感情を洗い出す。
STEP2:「人生の整理整頓」
これまでの人生における点を線で繋ぐイメージで、整理整頓をする。
STEP3: 「人生の言語化」
自分を活かすために大切にしたい価値観(好き・得意・在り方)を言語化する。
STEP4: 「人生の意思表明」
自分で決めた人生に対する意思を仲間に表明をすることで、人生を肯定し、自分を活かして生きる一歩を踏み出す。

【得られること】「だから、私は◉◉である」 最終日は、仲間の前で人生の意思表明を。

下記に掲載した、ライフログスクールの感想とライフログを通して言語化したそれぞれの価値観をぜひ読んでみてほしい。

全員ライフログに取り組む前までは、自分の「好き」「得意」「在り方」をここまで言語化できていなかった人ばかり。なんとなーく、ぼんやりと、こんな方向性かな、だった人たちが、まずは「決める」ということをするのが最終日の意思表明。

「だから、私は◉◉である」

これはもちろん自ら言葉にできるまでとことん考え抜いてもらいます。「誰か」にもらった言葉では腹は括れない。人生の舵取りをするには、自分で決めるしかない。人生はそれくらい真剣勝負だから。

いっぽさん@4x

ひめのver@4x

さとこさん@4x

にしちかさん@4x (1)

つばきさんver@4x

【特徴】働く業界も年齢も多様!人生はいつだって自分の意思ではじめられる。

最後に、ライフログスクール初期に参加してくれたメンバーにインタビューをしてみたので、それぞれの回答も原文まま載せておきます!

▶1期生:しのさん(41歳・ブライダル業界)

スクリーンショット 2021-09-15 12.22.21

Q1.なぜライフログスクールに参加しようと思ったの?
状況変化により、結婚式の延期の連絡が相次ぎ、自分の無力さにフォーカスしてばかりだった時、今までの当たり前を見直して、自分が何を求めているのか?どう生きたいのか?を見つめる好機にする為。
Q2.ライフログスクールどうだった?
明奈さんにこんな近くでお会いできるワクワク感で溢れてました。笑
明奈さんのファシリテーション、前提となる意味付け、意義付けに大きな影響を受けました。人生を振り返る事で、自分の大切にしている価値観がこんなに詰まっていることに今更気づけた時間は尊くて、まさに人生を愛するを噛み締めていました。毎会、はじめに目的と、ゴールを伝えて下さったおかげで、講座と課題を終えた未来がた見たくて楽しみであっと言う前でした。
▶ライフログスクールでの一番の学び
時を見つめ、その時の感情を書き出し、なぜ?を深掘りする先にある思考があるという主点の見つけ方に出会えたこと。
Q3.ライフログスクールに参加して具体的にどう変わった?
決めるとは実践することだ!と自分の定義ができたこと。
それは、3つの軸を手に入れたからです。
おかげで、長年コンプレックスに抱えていた歯のリニューアルに踏み出し、1年越しの検定にもチャレンジ!できるか?できないか?じゃなくて、なぜやりたいのか?という軸の延長線上にあるだろう行動が見つけやすくなり、選択できるようになったことが大きな変化です。
Q4.ライフログスクールの同期がいてよかったことは?
①まさに巡り合いを頂いた。
②同じ学びを受講することで、オンラインでも絆を感じました。
③インスタやnoteを通して、取り組んでいる姿が今も、励みになります。


▶2期生:さちさん(30歳・学校勤務

スクリーンショット 2021-09-15 12.20.30

Q1.なぜライフログスクールに参加しようと思ったの?
2018年頃からずっと明奈さんの発信する振返りというものにとても興味があって、振返りをすることで自分を積み上げて、自分に納得し自分を生きている明奈さんに憧れて、私も明奈さんに教えていただいて、自分を見つめ直して自分を生きたかったんだなと感じたので。
Q2.ライフログスクールどうだった?
正直、スクールの1ヶ月間は頭の中がパンパン。ジェットコースターみたいに感情も思考も大きく揺れ動きました。明奈さんから最初に伝えられていた通り、日常の延長で人生を見つめ直すことは本当に難しくって、この1ヶ月は集中して自分と向き合うことを約束していなければできなかったと思います。でも自分が変わっていくのを感じられたし、もっと向き合ったり考えたりする必要はあるのだけど、最後はやり切ったなと思えて満たされた気持ちなりました。
▶ライフログスクールでの一番の学び
スクールや個別カウンセリングの中で自分の思考の癖に気付けたことです。
私の場合は、長女としてしっかりせねばならない、家業を継がなければならない、後継者としてこうであらねばならないという、こうあるべき・こうするべきという思考が強く、鈴木沙知という単体としてどうしたい、何をしたいということを考えたことがないということ。思考の癖に気付けたからこそ、今からを変えていこうと思える。
Q3.ライフログスクールに参加して具体的にどう変わった?
1)思考・行動が変わった。まずはこの場にいること。私なんて…や、私よりも他の人の方が良いんじゃないかという思いがあったりして、こうやって誰かの目に触れるものに出ようとすることが前は考えられませんでした。今、そのように全く思わなくなったわけではないけれど、それでも自分の見える感じる世界を言葉にすることに挑戦してみたいと思うようになったのはスクールがあったからです。
他人軸ではなく自分軸で考えて動くようになったのかもしれない。
これまでは何かあると悶々と考えて時間が過ぎることや、何度も同じようなことに悩むことが多く、変わりたい気持ちがありながらも変えれないと思っていたりもしたけれど、自分が人生において大切にしたい価値観を見つけたことで、それに則って思考したり、行動したりするようになったので、すごく心地が良いし、まだまだこれからだけど、ライフログスクールの前の自分より、今の自分の方が好きだなと思えます。

2)日常の些細なことにすごく敏感になった。
自分の感情がどう動くのか、今まで見落としていたような風景や四季の移ろいみたいなものに対してもそういえばこれが好きだったな思い起こすようなことも多いです。それから振返りを習慣にしようとすることで、普段からログを残すことを意識するようになったし、収集心が強いので積み上げている感覚を楽しんでいます。新たにジャーナリングや瞑想など今までしてこなかったものを取り入れて、感情を感情のままにせず、俯瞰できるように行動を変えている。
Q4.ライフログスクールの同期(仲間)がいてよかったことは?
お互いのことをシェアすることで共感したり、そうやって考えることもできるのかと刺激をもらったり、自分のことにより気付けたり、確信が持てたこともあり、仲間がいることが本当に心強かった。オンラインでの仲間なんて希薄なものじゃないかと思っていたけど、温かくて、安心して自分を曝け出せる貴重な場で、スクールが終わったこれからも大切にしたい人たちです。コロナが落ち着いたなら真っ先にみんなに会いに行きたいなって思っちゃうほど!

▶2期生:きょうこさん(20代・保育士)

スクリーンショット 2021-09-15 12.21.03

Q1.なぜライフログスクールに参加しようと思ったの?
Peatixで自己啓発やコーチングの講座などをチェックしていて、オア明奈さんを知りました。実は明奈さんのことは全く知らなかったけど、イベントの内容だけじゃなく、明奈さんのSNSやnoteをチェックして考え方や言葉、表情から滲み出る人柄に惹かれて申し込みました。
Q2.ライフログスクールどうだった?
人生を愛するための準備運動だと思いました。
準備運動をしなくても走れるけれど、準備運動をしないプロはいない!
納得のいく走りをするためには、準備(心構えや自分の土台を知る)ことが、いかに大切か感じました。

過去パートで「私が歩んできた人生とは」を理解、棚卸しでこれまでの人生をひっぱりだし、自分の価値観の傾向を知りました。これまでに何に心が動いたのか、大事にしていきたい思いなのか。この過去の棚卸しが、ま〜よかった!!!!元来、自分の体感で振り返りはよくやる人でした。ライフログに参加したのは、振り返りが自己流だったので、精通している人に学びたいという気持ちから。自己流では過去パートが抜け落ちていてので、どうしても土台が弱かった。プラス、明奈さんの視野で広く取り組めたことで、視野を広げて自分の人生を俯瞰するきっかけとなった。

現在パートで「自分という人はどんな人なのか」や、過去を丁寧に棚卸ししたことによって、現在の自分の価値観の言語化に役立った。感覚レベルを言語化することで、自分という人間がどんなことを考え、どんな気持ちの人なのか、よくわかった。自分の価値観を言語化したことで、選択への迷いがなくなった。大事なことがわかると、優先順位がつきます。身軽になったと書いたのは選ぶ時間と探す手間がはぶけた。掃除と同じですね!
Q3.ライフログスクールに参加して具体的にどう変わった?
1番の変化は、身軽になったこと。心の軸を歩む人生を選んだこと。具体的には、第一歩として大学の3年次編入試験を受けました!不合格だったんですが、来年度はその道に関連するところへ舵をきります。そして思考の強化ができた感覚が強いです!特に個別カウンセリングの壁打ちは、自分の思考の強化に実直につながりました。まさにメンター。

・自分をよく知ることで、自分の納得する人生を生きていけるということ。
・自分の大切なものを選んで身軽に強く踏み出せたこと。
・心の軸が決まったこと。
それを肌で感じたのが、参加前と参加後の大きな違いだと思います。

▶2期生:くるみさん(30歳・メーカー勤務/営業)

スクリーンショット 2021-09-15 12.20.46

Q1.なぜライフログスクールに参加しようと思ったの?
過去、自分自身で振り返りをやってきてたつもりだったが、過去の後悔の嵐で疲れて終わっちゃうことが多く、改めて、しっかり本質的に振り返りたいと思ったため。
Q2.ライフログスクールどうだった?
とにかく、参加させて頂いてよかった!に尽きます。
強制的にでも、ある一定の期間内で自分とめちゃくちゃ密に向き合う空間があったことで、終わった後も、自分のためにしっかり時間を使うことを習慣づけることができてます。
あとは、やはり、明奈さんと仲間がいたことが大きかった!
単純に、自分とは全然違う人生を歩んでいる人の人生を覗ける機会はないので、とても興味深かったし、励まされたし、応援したい気持ちにもなれました。
▶ライフログスクールでの一番の学び(気づき)
これが正解!なんていう人生もなければ、本当に誰一人として同じ人生も歩んでないという当たり前のことに改めて気づき、人生っていろんなことがあるけれど、泣けるほど愛おしくて素晴らしいものだな…ということを実感できました。
Q3.ライフログスクールに参加して、具体的にどう変わった?
◎参加前:過去振り返って、ああしとけば、こううしとけば、のタラレバ地獄。自分の人生を全然肯定できず、振り返りに疲れ、未来を決められない。

◎今:過去の自分を肯定できるようになったことは大きな変化。後悔があったとしても、得られたことだってたくさんあるよね、ということをしっかり認めてあげれるようになった。過去の自分を少しでも肯定できると、自分のことが少し好きになれた!そして、それら過去を踏まえた現実的な未来への一歩を踏み出せた(明奈さんとの個別面談を通じて、客観的にみた私の思考のクセを知れたりアドバイス頂けたのも大きかったです!)
Q4.ライフログスクールの同期(仲間)がいてよかったことは?
人の人生の1ページを垣間見れることで、人生って本当に素晴らしいものだなということにと気づけました。わたしと同じようなことで悩んでいる仲間であっても、全く同じなんてことはもちろんなくて、、ライフログの同期の皆は会ったことがないのに、皆自分の人生に真剣に向き合っているからか、仲間が自信なく悩んでいるのを見ると心の底から応援したいと思ったし、逆に応援されたり…一緒に頑張ってるという感覚がありました。人との関わりで人生は作られていくものだなということも改めて思えました。

参加者は、年齢も職業も、抱えている悩みも様々。それでも全員が共通して持っているのは「人生を今よりもっと良くしたい」という想いと、「自分とちゃんと向き合うんだ」という真剣さ。

そして、やっぱり必要なのは「仲間」の存在。一人で人生に向き合うのは、やっぱり難しい。共有と鼓舞しあえる仲間と、定期的に対話とコーチングで導いてくれるライフログアシスタントメンバーの存在はきっと大きい。

ライフログは、「自分を知って、人生を愛する」ためのツール。一度学んだら終わりじゃなくて、人生の節目にアップデートしながらぜひ自分の人生をより充実させる最強の相棒として、ポータブルスキルとして「人生肯定スキル」を身に着けてもらえるように、スクール後も、私が個別カウンセリングや、フォローアップ講座、メンタリングなども行っています。

1期・2期修了生に「なぜ参加しようと思ったの?」「ぶっちゃけどうだった?」「1ヶ月で具体的にどんなことするの?」といういくつかの疑問にざっくばらんに語ってもらうインタビュー(座談会)を開いたので、ぜひライフログスクール参加者のリアルな声をもっとききたい方はこちらをごらんください!

【告知】ライフログスクール5期生の募集を開始します。(2021年10月10日〆切)

画像12

✔︎ 内省や自己分析はしたことがあるが、効果的なツールが見つからない

✔︎会社での役職、母、妻、夫など「役割としての自分」に疲れている

✔︎ 周りのことばかり優先してしまい、自分をすり減らして生きている気がする

✔︎ 自分の価値観や軸を自信を持って人に伝えられるようになりたい

✔︎ 自分のライフミッションを見つけたい

✔︎ 漠然とした不安や焦る気持ちがあっても、忙しい日々の中で自分のことはつい後回しになっている

「当てはまってる・・・」と思う人にはぜひ、この機会を活かして、誰かの判断基準や、周りの環境に惑わされず、自分自身が納得し、前に進むための選択ができる未来へつなげてほしい。

あなた自身を活かす人生へ。舵を切るための一歩を、今こそ踏み出しませんか?一緒に。

ライフログスクール5期生募集@4x (1)


▼▼そもそも「ライフログ」ってなに??という人はこちらのnoteをご覧くだいね!

画像14









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オア明奈 | 人生を祝うプロデューサー
結婚式や企業の節目など、人生に光をあてたお祝い機会のプロデュース | 過去の棚卸しと感情の可視化をするライフデザインメソッド #ライフログスクール 代表 | オンラインサロンONDO 主宰 | 初著書 #人生肯定 を出版 ▶︎https://lit.link/akinaorr