それはお金で買えますか?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

それはお金で買えますか?

中村安希

少し前になりますが、オックスファムの報告で「世界の富豪トップ10、パンデミック中に資産が倍増」という記事がありました。2020年3月の時点で約80兆円だったトップ10人の資産が、コロナ禍を経た2021年11月には約172兆円になってましたという話。その2年弱の間、では自分は何をしていたかと言うと、そこそこ忙しかったですが、お金はほとんど稼ぎませんでした。ちょっと笑えるくらいに、お金を稼がないタイプの労働ばっかりしてました。でもこの記事を見た時に、例えば惨めさとか、虚しさとか、格差に対する嘆きとか、不平等な世の中への憤りとか、そういうネガティブな感情もまったく湧いてこなかったんです。むしろこの数字を見て、うん、だいぶオモロくなってきた、と思ってしまったのでした。

* お金の価値ってどのくらい?

172兆って、これだけ極端な数字となると、やはり実体経済からは乖離していると思います。お金って、元々は物品の交換を利便化したり最適化するために作られたものでしたけど、その役割に照らしていうなら、172兆って、たぶんもうお金じゃないですね。別の何かを表した数字です。もちろん貨幣には価値の貯蔵という役割もあって、そのために富の偏在を加速させるという性質があるわけですが、数字が現実からあまりにかけ離れたものになってしまうと、そもそも貨幣という数字が表している価値、例えば10人の大富豪が保有している172兆円分の価値って何なんだろうって、いよいよ分からなくなってくると思うんです。

貨幣(通貨)って、仮想通貨もそうですし、信用されたり、崩壊したり、消滅したりを繰り返してきた世界中の通貨がそうですけど、みんなが「価値がある」と信じれば価値があるし「ない」と思えばないという、すごく不安定なものです。そもそも虚構。だから「表現している価値が分からなくなってくる」くらい加速度的に増殖し蓄えられていく貨幣って、いよいよ何なんだろうって思いますし、どうなっていくのかなという興味はあります。

数字が大きくなりすぎて、その価値が想像も実感もできないものになりつつあること、ある種の無関係化が進んだことで、惨めさも何も、これという感情が湧かなくなってきたのかなと。

* 数字の外で生きてみた

172兆という数字に対して感情的スルーが起きたもう一つの理由は、その間の自分自身が「お金と関わりのないこと」に時間の大半を使ったからだと思います。別に意図してそうしてたわけじゃないですよ、前にも書いた通り、私はお金大好きだから。できることならお金と関わっていたかったですよぉ〜(泣笑)。でも結果的に「お肉配り」に巻き込まれて、栗田さんと毎日過ごしているうちに、金勘定するのをすっかり忘れていました。

肉を売らずに配った、というだけでなく、その逆もありました。買わずにもらうという機会がとても多かった。お米も、野菜も、果物も、お菓子も、飲み物も、調味料も、魚介も、お金を介することなく家にやってきた色んなものが常に家の中に溢れている状態でした。別に物々交換を目指していたわけではなかったし、お肉は気まぐれで配っていただけなんですけど、いざ振り返ってみると色んなものが回ってきたなと。実際、具体的な「物々交換」の話が出たのって数回しかないです。あとは「タケノコいっぱい採れたけど、要らん?」とか「鹿肉に合うワイン見つけたから飲んでみて!」とか「釣れたての鯛、持っていくけど今家に居ますか?腹ワタは抜きました」とか。そんなゆる〜い感じでした。ただ、あれだけ物が回っていた割には、お金の話が全然出なかったなと。そんな時に172兆円の資産がぁ〜という記事を読んで、あれっと思ったんですよ。この数字って、自分とどれくらい関係があるんだろうって。

* 使えなかったら、ただのナンバー

記事にあった10人の大富豪は、2年間で一人当たり9.2兆円資産を増やしました。一日あたり126億円、時給に換算すると5億2500万円。365日休むことなく働いて、寝ている間も食事してる間も24時間稼ぎ続けた場合の数字です。私はこの2年間、お肉配りと並行して近所の森の整備(間伐作業)をやってきましたが、時給は1000円で一回の作業がマックス3時間(チェーンソーは長時間使うと白蝋病になるので・・)。作業エリアまで急カーブの山道を毎回20分ほどかけて上りますが、その部分はもちろん時間外です(ガソリン代は自腹)。山作業がある日の稼ぎが3000円。これでも鹿の解体作業に比べたらウハウハの好待遇です!

それでね、ここからが面白いなと思うんですが、例えば大富豪が1日分の稼ぎ126億円を持って鹿肉を買いに来たとします。鹿肉2キロ分126億円で買いますと言って。すると栗田さんはこう言うんです。

「売らん」

次にね、億り人がきてこう言ったとします。1ビットコインあげるから鹿肉2キロくださいって。すると栗田さんはこう言うんです。

「いやです」

それでね、私が山作業で稼いだ3000円をポケットに入れて栗田さんのアジトに行くんです。「うわ、今日のはでっかいな」とか言って。すると栗田さんはこう言うんです。

「でかいやろ。どや、全部持ってってもええで」

「いや、こんなにいっぱい要らんわ。うちの冷凍庫、もうぱんぱんやし」

「そんなこと言わんと持ってったらええ。近所の人にバーッと配ったれさ」

そして私はゴミ袋いっぱいの鹿肉を助手席にどさ〜っと積んで、栗田さんが「これもやるわ」とかなんとか言って積み込んだ24缶入りのビールケースを後部座席に乗せて、軽自動車をギシギシいわせながら家に帰るわけです。それから肉をパックして、ヘトヘトになってお風呂に入ろうとしてふと気づくんですよ、ポケットの中に突っ込んであった3枚の千円札に。あぶなっ、ズボンごと洗濯するとこやったわ!ってね。

* ゲームチェンジャー

栗田さんにお金を持っていっても鹿肉は手に入りませんでした。どんな大金持ちでも、どれほど大金を積んでも、まったくの無意味でした。買えません。その領域においては、貨幣の価値は完全に無視され、無効化されていました。もちろん、私も栗田さんも鹿以外の色んな場面でお金を使って生きてきたし、ポケットの中の3000円は、「また値上がりした…」とボヤキながらガソリンを入れるときには必要です。ただ栗田さんは、たとえ一部とは言え、「お金で買えないもの」が存在する領域を勝手に作って楽しんでいた。世の中のゲームひっくり返して自分のルールで遊んでいた人。オモロいおっちゃんだったと思います。











この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!