スクリーンショット_2020-03-07_16.43.02

macのPHPのバージョンアップ

なぜか自分のパソコンでlaravel6系がinstallされないなーと思っていたらphpが7.1でした。laravel6系ではphp7.2以降じゃないとダメなので、まずはphpのバージョンアップから!

Homebrewを使ってバージョンアップしていきます。

Homebrewとは

macのパッケージ管理ツール。パッケージのインストールが簡単にできる。

まだインストールしていないという方はこちらからどうぞ


PHPをバージョンアップ

まずは現在入っているphpのバージョン確認から

$ php -v

Homebrewで現在インストールできるPHP7を検索

brew search php@7

今回は最新版の7.4をインストールしていきます。

ターミナルで以下のコマンドを実行してインストール

brew install php@7.4

インストールできたらPHPのPATHを通します。

echo 'exportPATH="/usr/local/opt/php@7.4/bin:$PATH"'>>~/.bash_profile 
echo 'export PATH="/usr/local/opt/php@7.4/sbin:$PATH"' >>~/.bash_profile

phpを起動させましょう。

brew services start php

その後ターミナルを一旦閉じてください。もう一度ターミナルを起動してバージョン確認してみてください。

$ php -v

これでphp7.4がインストールされました。

うまくいかなかった人はこちらにバージョンダウンの方法を新規にまとめましたので参考にしてみてください!

まとめ

無事インストールできたでしょうか?PHP5からのインストールだと速度がだいぶ速くなっているようです。他にも関数や構文なども追加されているようなので気になる人は調べてみてください。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
AK@旅とプログラミング

サポートしていただけるとこれからも続ける励みになります! 書籍購入などに使わせていただく予定です! 何卒よろしくお願いします^^