霜田明寛/東京シモダストーリー

1985年生まれ。 東京ドルトンスクール→用賀小学校→学芸大学附属世田谷中学校→学芸大学附属高等学校→早稲田大学→四谷大塚渋谷校舎→トレンダーズ株式会社(恵比寿)

1994年、恵比寿と母とメリークリスマス。【東京シモダストーリー第3回】

東京に生まれ、33年を生きてきた僕・霜田明寛が、消えゆく平成の東京を綴るエッセイの第3回です。 “平成の東京”であり“僕の平成”であり“僕の東京”……2000年(14歳…

2003年、18歳、三軒茶屋。~Complicated~【東京シモダストーリー第2回:後編】

ついに第1回で書いた、渋谷区桜丘町の道が“廃道”になりました。 ハイドウ。そんな言葉、初めて聞きました。 ということでこれは、東京に生まれ33年間を生きてきた僕・霜…

【東京シモダストーリー第2回:中編】2003年、17歳、三軒茶屋。~できるだけ僕たちのままで~

2020年のオリンピックを前に、急速に変わりゆく東京の街。 これは東京に生まれ、33年を生きてきた僕・霜田明寛が、消えゆく平成の東京を綴るエッセイの第2回。三軒茶屋編で…

【東京シモダストーリー第2回:前編】2003年、17歳、三軒茶屋。~初カノSUMMER GATEが抜けられない~

東京に生まれ、33年を生きてきた僕・霜田明寛が、消えゆく平成の東京を綴るエッセイの第2回です。 “平成の東京”であり“僕の平成”であり“僕の東京”を、2000年の代官山…

【東京シモダストーリー第1回】2000年、代官山、14歳。~僕たちのミュージックアワー~

「あ、いま僕が見てるこの街、消えるんだな…」 僕が住んでいる渋谷は、どうやら“100年に1度の大規模再開発”らしく、毎日、道路にビルに、いたるところで工事がおこなわ…