あなたが救いたいものは何?

あなたが救いたいものは何?

akemi

最近、セミナーでかけてもらった言葉です。

夢や今後の目指しているものに悩んでいると、

「貴女が救いたいもの、人は何か考えたら答えが出るよ」と。


そこで、なぜ、フリーランス管理栄養士になろうと思ったのかを考えてみました。


小学生の頃、私は薬を毎日飲み、時に大きな病院で検査をする日を過ごしていました。

赤ちゃんの頃は、未熟児で、出産後、母の方が先に退院したと聞いています。


要するに、あまり体が強い方ではなかったのです。


一応治りましたが、その後

中学生、高校生は、まあまあ踊れるデブでした。

大学生になり、初めて親元を離れ、暮らしていくと、風邪を引きまくり、忘れ物も多く、授業中に教室を飛び出し、機嫌が悪い。

態度が悪い生徒でした。

だけど、小心者なので、卒業するための単位はきっちり取り、病院実習ではリーダーを務め、ダンス部も部長だったりと、なんとも中途半端な感じでした。

大学1年半ほど、寮で生活していたのですが、寮を出る時に寮母さんが、

「お味噌汁が作れれば、大丈夫よ。ちゃんと食べてね。」

と言って見送ってくれました。


大学生の時、栄養学科に居ながらも、菓子パンや甘いコーヒーを飲む生活をしていました。だから、機嫌が悪くて、態度も悪かったのかな?

朝起きて、涙が出て学校にいけない日や誰にも会いたくない日もありました。



さてさて、あなたが救いたいものは何?



私は、過去の自分でした。

体が弱くてプールに入れない、未だに泳げない自分。

デブでブスだった自分。

精神的にヤバかった自分。

過去の自分を救ってあげるために、

今。カラダとココロを健康にしていきたいと思うのです。


akemi
4人の子育てを通して感じた事を気ままに綴りたい。それがだれかの役に立ってくれたら嬉しいなという想いではじめます。 管理栄養士として、地域活動栄養士をしています。