アカツキ Cultureチームのnote
コミュニケーション活性化の施策として生まれた社内ラウンジ。そこで日々働くスタッフの真面目な話。
見出し画像

コミュニケーション活性化の施策として生まれた社内ラウンジ。そこで日々働くスタッフの真面目な話。

アカツキ Cultureチームのnote

こんにちは!

最後のバトンを受け取りました!ラウンジチームの竹中です!

最後の記事ということで何を書いたらいいのか考えに考えて、バタバタと前日に書いておりますす。(学生の頃を思い出すw) 

今までの皆さんの記事を見ながら「もう私にできることは何もない」と思いましたので、この記事では、いつもの関西弁やおふざけを封印して、私の今のリアルな感情をお届けしようと思います。

それでは、覚悟はいいですか?話始めます。

私がアカツキと関わりを持ち始めたのは2018年。
株式会社アプトの17新卒として入社し、アカツキとのM&Aを経て、ALE(株式会社アカツキライブエンターテインメント)の社員としてイベントの企画やウエディングの新規事業の立ち上げなどをしていました。

そして、 2020年にフリーウエディングプランナーとして独立し、今もウエディングフォトの撮影や挙式披露宴のプロデュースなどをしています。

今働いているラウンジチームは、人事の高木瞬さんからのお誘いで関わらせていただき、途中からのjoinでしたがラウンジの設計やコンセプトなどから終始、「メンバー想いな会社だな〜」「何かサポートできることないかな〜」と感じていたことだけ覚えています。(怒涛すぎてあんまり覚えてませんww)

今、ラウンジはオープンしてから3ヶ月が経ちました!

画像1

カフェのリニューアルから徐々に利用者数も増え、多くて100杯以上のドリンクを1人1人コミュニケーションを取りながらお渡ししています。

そして、12月22日には初のラウンジイベントを開催しましたが、120名以上の方がお越しいただき、大盛況でした!

お越しいただいた皆様、お手伝いいただいた皆様。
本当にありがとうございました!
皆さんと関わる日々がカフェスタッフの毎日の楽しみになっています。

そして、ここから本題です。
ここ3ヶ月間、ラウンジを創り上げることに奔走してきたスタッフの1人として改めてこのラウンジやカフェ営業で大切にしたい3つのことがあります。

少しのお時間をいただき、3ヶ月の運営で感じたことなども踏まえて、僭越ながら偉そうに話したいなと思います。

スクリーンショット 2021-12-24 19.04.24

①どんな時も”私たちから”与えられるチームであろう

社内には、忙しい日々を過ごしている方ばかりです。
1杯のコーヒーで誰かの何かを変えられるわけではないですが、1杯のコーヒーで少しの安らぎを与えることはできると全員が思っています。

毎日の「おはようございます」や「いってらっしゃい」、目まぐるしい日々にリラックスできる瞬間を作れるよう声をかけたり、少しでも季節を感じて欲しいなとメニューを変えたりと、いつどんな時でも誰かを想って、「自分から与えられるチーム」でありたいなと思います。


②誰かから能力を”奪わない”設計に


私たちは困っている人を見るとすぐ助けたくなる習性があります(笑)

けれど、

何かをサポートしたり、助けたり、与えることが必ずしもいいことだと言えないのではないか…


人は恩恵を受け過ぎるとそれが無意識のうちに「当たり前」になっていくものです。

そこにいつもある何かがなくなると「無くなった」と感じるし、いつも誰かがやってくれているからこそ、そこにあった「何か」に気づけないものです。

だからこそ、与えすぎない。
誰かの想像力や思いやる能力を奪わないようなコミュニケーション、そして日々の運営を心がけています。

このラウンジは、みんなのラウンジであり、みんなでよくしていく空間でもある。

そんなラウンジの想いがどうか届きますように♪


③”自分自身の意思”でここに立つ


すごくあたり前のことですが、カフェで立っていると、アカツキ内にいろんな人がいることに気づきます。

毎日来てくれて常連さんになっている方もいれば、ラウンジには来てくれるもののカフェの利用はない方、そして、まだリモートワークでラウンジに来たことがない方。沢山の方々がいらっしゃいます。

でも私たちはそれでも毎日楽しさやアカツキへの情熱が増しています。

それは、皆さんがカフェで話してくれることや、チームで楽しそうにラウンジを利用してくれることが本当に嬉しいと感じることと同じように、アカツキで目まぐるしく働く誰かを想像して「私たちも頑張ろう!」「そうだよね!大変だよね!」と思うからです。

1人1人今この瞬間に抱く感情は同じではない。

そのことを常に意識して自分自身の意思でどうコミュニケーションを取るかをそれぞれが考えて行動しています。

それは、ベースにあるどんな時も”私たちから”与えられるチームであろう。という意識から来てるのかもしれませんね!


そう、何が言いたいかって、本日12/25日は🎄クリスマス🎄です。

画像3


皆さんどんなクリスマスを過ごしていますか?
大好きな皆さんにとっていいクリスマスになりますように…


メリークリスマス♪

\    また2022年もカフェでお会いしましょう♡ /

良いお年を!

画像3



スキをありがとうございます!アカツキ
アカツキ Cultureチームのnote
「世界をエンターテインする、クリエイターと共振する」をミッションにもつ株式会社アカツキのカルチャーチームが運用するnoteです。アカツキのヒト・文化に関わる内容を、ゆるく発信していきます。