新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

意外と難しいヤエヤマブキ

阿迦奢らうんじ

太田道灌の逸話で有名なヤエヤマブキ(八重山吹)。おしべが花弁に進化、めしべが退化してしまったその姿は、写真撮影に向いているのかもしれない。しかし、その分、撮影バリエーションに苦労する被写体かもしれない。実がならず、株で増える生命力を表現しても良いし、改良種としての恐ろしさを表現してみるのも良いのかもしれない。

画像1

造形を楽しむヤエヤマブキ

一輪撮影には、園芸用のヤエヤマブキが良いのかもしれない。Japanese Roseと呼ばれるこの花は、ヤマブキのような可憐さはないかもしれないが、被写体として面白いので写真としても楽しめると思う。

画像2

DC-GH5S LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 - f2.8 1/80s ISO:100
2021/04/13

玉露を表現するにはモノクローム

小雨上がりの玉露を表現しようとすると、黄金色の花弁が邪魔をする。八重のコントラストも表現できるし、ここはモノクロームで表現するのが良いだろう。ベースがヤマブキだからなのかもしれないが、意外にも和風な感じが出ている気がする。

画像3

DC-GH5S LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 - f2.8 1/125s ISO:100
2021/04/05

晴れた日に

久しぶりの晴れの日に撮影。この被写体は、曇っているとオレンジ色に見えていたが、久しぶりに黄色だ。直射日光が当たると白飛びしてしまうのでアンダーで撮影。そのせいか、シャドーにオレンジが残ってしまっている。かと言って、日が当たらないとオレンジに見える困った被写体だ。

画像4

DC-GH5S LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 - f2.8 1/640s ISO:100
2021/04/11

モノクロームがお似合い

やはり、モノクロームが似合うのかな。鑑賞用に園芸種として人気の花だから、その造形は鑑賞、撮影向きだが、可憐さに欠けるのかもしれない。そうなると、もっと撮影とか現像で遊んだほうが良いのかもしれない。今回は、モノクロームで表現してみた。さて、次回は何にチャレンジするか楽しみだ。

画像5

DC-GH5S LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 - f2.8 1/80s ISO:100
2021/04/13

夏の終わりに

新型コロナ渦ですっかりチャレンジを忘れてしまっていたが、ふと目にとまった。何も考えずに、撮影した一枚。さすがに、暑さに萎れていたが、来年はどんな撮影をするか、と、しばらく思いをめぐらせた。それにしても、7月に咲いているとは、改良種であるゆえの生命力なのだろうか。

画像6

DC-S5 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art - f2.8 1/200 ISO100
2021/07/31

画像7

画像8


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
阿迦奢らうんじ
ちょと変わった花写真集を目指して。