燈 由菜
【創作大賞2022応募作品】創作物語“リペイント”〜闇から光の先へ 【10】
見出し画像

【創作大賞2022応募作品】創作物語“リペイント”〜闇から光の先へ 【10】

燈 由菜

【10】
ガタンゴトンとゆっくりと走る電車の窓からは、吸い込まれる様な青い空に孫悟空のきんとん雲な白い雲、そこを流れる様に緑の山や畑が見える。
私と順子は向かい合わせの座席で、そんな長閑のどかな景色を眺めていた。
「順子と一緒に旅行が出来る日が来るなんて、夢みたいや」
「ほんまやな。お互いに色々あったもんね、良く頑張った」
「うん、自分への頑張ったご褒美やね」
子供の保育園のママ友として知り合って三十六年。順子とは同い年で今年、還暦を迎えた。
同じ時期に離婚してから、お互い色んな事があり疎遠になって居た期間も長かった。
それぞれの子供達も結婚して孫も生まれ、私達は、おばあちゃんになった。
子供達の提案で、二人で旅行を計画した。還暦旅行だ。
素敵な景色を見て、美味しいお料理お食べ、ゆったりと温泉に浸かりながら、今までの人生を振り返る。

白井が帰って来なくなった事をキッカケに、子供達を連れて引っ越した。
白井は今頃、また違う女と暮らしているだろう。
お互いにマイナスになる様な争いだけは避けたかったし、一時は惚れた相手を嫌いになり、喧嘩別れはしたく無かった。どうか穏やかに過ごして欲しい。

借金が完済出来た事と、体の事を考えて約二十数年勤めて来たバイトも思い切って辞め、親子水入らずの時間を過ごせる事で幸せを噛みしめていた。子供達も自分達の家庭を持ち親になっている。

長かった。。。
私の最悪の選択人生に巻き込んでしまい、幼い頃から普通ならしなくて良い苦労をさせ、沢山の我慢もさせてしまった事は。どれだけ詫びても埋めれる事じゃ無い。
遅くなったけど、これからは自分の人生を悔いの無い様に生きて欲しい。私も出来る限り力になりたいと思ってる。

愛菜ちゃんは猛との離婚後、再婚し幸せに夫婦で小さなカフェを経営している。

猛も再婚相手と幸せな生活を送っている。私を励まし、心を支えてくれ、一時は刹那愛ふりん状態だったけど、彼が家庭を大切に思う気持ちはわかっていたので、その幸せを壊す事は出来ずに、いつの頃からか自然と男と女の関係では無く”最高の友達”として繋がっていた。
猛と再会して居なければ、今の私は無い。幾ら感謝しても足りない。

平穏な時間の中でも、あの頃過ごした場所や、悲しく苦しかった時に流れていた音楽などに触れると、今でもフラッシュバックが起こり胸が締め付けられ、胸が締め付けられ、痛くなるする事もある。
負の人生から抜け出し、叶わないと思って居た”普通”の時間が、今、ここにある事に心から感謝しながら、還暦からではあるけれど、ゆっくりと過ごして生きたい。

帰りの電車の中で、うとうとしていると窓を叩く雨の音で目が覚めた。
外を見ると、空は晴れて居るのに雨が降っていた。
闇がやっと溶けて洗い流される様だ。
「順子。癒しの雨やね、また来たいね」
「また、計画しよ。これから楽しもうね」と話していると、雨が止み太陽の光の先に綺麗な虹が現れた。

”語り”
自分勝手な感情に流され、我儘放題に生きて来て、悔いは無いと思い進んで来た道は、あまりにも苦しい人生だった。
悲しい時、悔しい時、情けない時、嬉しい時、色んな感情が入り混じり、心の中だけで抱えきれない思いが、涙となって溢れてしまう。
だけど、涙は心を浄化してくれる。
泣く事は決して悪い事では無い、泣けない時の方が苦しかった。
私の人生は”波乱万丈”とは言い難い。
自業自得で、最底な人生だった。
荒波に揉まれ、叩きのめされ、一時は夢も希望も持てなくて闇の中から抜け出せないでいた時
一筋の光が見え、闇から光の先を目指し、気持ちを強く持ち最後の決意をした。
子供達と自分の為に
人生を”リペイント”した。
これからは胸を張って生きて行きたい。
そして同じ様な環境にある全ての人に伝えたい。
必ず道はあるので諦めずに強くなって欲しい。
〔完〕

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
燈 由菜

読んで頂きありがとうございます。 高齢の両親を見る為に、正社員からパートに切り替え色々と厳しいですが、noteと出会えたお陰で楽しい日々が過ごせています。サポートして頂いた収入は大切に執筆活動の一部に使わせて頂きます。

燈 由菜
2021.9.2 noteはじめました。書く事、発信する事が好きな今年還暦を迎えたごく普通の大阪のおばちゃんです。最近noteの存在を知り興味を持ち登録しました。初心者ですので沢山の方と出会い勉強させて頂きます。日々の事を私なりに書いていきたいと思います。宜しくお願い致します。