野宮真貴「赤い口紅があればいい」

56歳になる今もそのエレガンスを更新しつづける、元ピチカートファイヴ、永遠のおしゃれアイコン、野宮真貴さんの効率的に美人になる方法『赤い口紅があればいい』。担当編集がこの本にまつわることを綴ります。https://www.amazon.co.jp/dp/4344030028

「#赤い口紅」投稿コンテストの結果が発表されました。

野宮真貴さんの書き下ろしエッセイ『赤い口紅があればいい』(幻冬舎)にちなみ開催された「#赤い口紅」投稿コンテストの結果が発表されました。 たくさんご応募いただき…

似合うようになる服もある

前々回、だんだん似合わなくなる服の話を書きましたが、だんだん似合うようになってくる服もあります。 それは、派手なもの、ゴージャスなもの。私は、10代を母の読む『暮…

美しくなることに照れてはいけない

10月1日、渋谷ロフト9で、野宮真貴さんとジェーン・スーさんによるトークイベント「口紅美人と、甲冑女。~野宮真貴とジェーン・スーが女を語る」が開催されました。 会…

Tシャツにもアイロンをかける

あるとき鏡を見て、「あれ? なんでこんなにTシャツが似合わなくなったんだろう。。?」と思ったことはないですか? 私はあります(30代半ば以降の女性ならば、けっこう…

女性は目立たないように生きてはいけない。

昨日(23日)、無事『赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック』が発売になりました。お昼には、TBSラジオの「ジェーン・スーの生活は踊る」に野宮…

野宮真貴さんのこと

先月のパラリンピック閉会式で「東京は夜の七時~リオは朝の七時」が流れました。 野宮真貴さんは、この原曲である1993年に発売された「東京は夜の七時」を歌うピチカート…