見出し画像

【底辺絵描き必見】今すぐ稼げる!イラストの仕事3選【フォロワー&知名度はいらない】

イラストの仕事がやりたい!
「でも知名度が無いと稼げれないんでしょ?」

いいえ、そんな事はありません。
イラスト関連の仕事は数年前と大きく状況が変わってきました。

今回は、これからイラスト関係の仕事で稼いでみたい!
という方に向けた内容です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・「絵は人に見せれる程度の最低限の画力であること」
・「フォロワーがいない、知名度なんて全くない」
・「副業レベルでいいので、収入を上げたい」
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上のどれか1つに該当する方は必見。
是非とも参考にしていただければ幸いです。

●文字が苦手!という人向けに動画版もあるので
よければこちらでもチェック↓


1.Youtubeマンガ制作(1P500円~1000円)

画像1

漫画チャンネルなどが普及し、最近ではyoutube広告でも需要が伸びている案件です。
失礼な言い方ではありますが、ふっちゃけ画力が無くても簡単に仕事の取れる傾向があります。
シナリオの内容に従ってイラストを制作するので「絵を描く作業」という感じになので、イラストレーターとしての最初の経験としてはオススメかと思います。※僕も経験ありです。

しかし、単価を見てお気づきでしょうが・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
1P:500~1000円
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
差があるのは、画力の査定も含まれる事もあります。
クラウドワークスやココナラなど、平均的な報酬額がこのラインであり、これ以上の報酬額を得るには長期契約などの条件でないと厳しいです。

また「氏名公表権」が基本無いため、完全な無名絵師として活動する事にもなります。
「指示通り描く作業」となるため、実績には入りますが
「クリエイターとしての独創性」としてのアピールはかなり弱くなるのがデメリットです。

また、最低1P500円と低単価なため、絵を早く描ける実力でないと、割り合わない仕事ではあります。


2.DL同人・電子書籍販売(1円~100万円以上)

続いてDL同人。
収益額が極端なのは、ジャンルによって変わってくるからです。

ここでは
DL同人を成人向け(R-18)
電子書籍を(自主出版)

スタイルとしては、どちらも似ているので一括りにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
電子書籍(kindleインディーズマンガなど)

画像2

kindleでの自主出版販売が可能になったため、出版社を通さず自分だけのオリジナル本&漫画などを電子書籍として販売する事が可能です。
しかし現実は厳しく、こちらは知名度依存になってしまうので、1つ目に取り上げたyoutube漫画制作より稼ぐのが厳しいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
DL同人(R-18)
性のパワーには逆らえないものです。こちらは知名度に依存せず、とりあえずエロければ、売れまくる世界です。(暴論)
DLsiteが有名かと思われますが、作品が人気問わずタイル状に公開されます。
そしてエロければいい。それだけで売れる世界です。(暴論)
ただし、youtube漫画のように画力が低くても大丈夫という世界ではないです。
人に見せれる程度の裸体を上手く描ける画力が要求されますので、実力主義ではあります。画力の高さに比例して人気になれば、もの凄い収益を得る事ができるので、金銭面で見ればかなり良い仕事でしょう。

・ただしデメリットはあります。
それは、作家のブランドイメージに大きく影響してしまう事です。

「俺は一生エロいのを描き続けるんだイエーイ!!!」みたいな方なら問題無いでしょうが、「今後は一般向けの仕事(キャラデザは商用案件)をやっていきたい!」と考えている方は、かなり厳しくなります。

「作家」=「作風」になりますから、成人向けのイメージが先行すると、依頼側は一般向けの人に向けた事も考えなければいけませんので、なかなか頼みづらい状況になりかねません。
成人向けと一般向けで作家名を変えてる人もいますが、大抵は普通にバレるみたいです。

↓※成人向けには手を出さない。ココナラでの実績作りに集中した結果、フフォロワー&知名度無しでも、去年10月に企業から仕事案件を頂く事ができました。

企業作品1



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ですが、ここでのテーマは「イラストで稼ぐ!」なので、割り切って活動するかは本人次第でしょう。

ブランドイメージも守りたいし、高収入も得たい・・・
という人は最後の3つ目の道をオススメします!

3.Vtuber制作Live2Dモデラー(10,000円~200,000円)

画像3

近年、Vtuberなどの2Dアバターの需要が普及しています。
最初は、Vtuber事態が一時的なブームかと思っていました。
しかし、このご時世の影響なのか、ライブ配信の需要は高まっており、顔出しなし&気軽にすぐ使えるというメリットが評価されている事から、今後も2Dアバターの人気は高まると考えられます。
※私事ですが、4月の緊急事態宣言時にVモデルの制作相談が5件来るなど、雇用状態が厳しい世間とは逆に、案件が例月より増えるという現象が起きました。

また、イラストが描ける+Live2Dのスキルがあれば、オリジナルで2Dアバターの制作が可能となります。
ココナラなどの仲介サイトで仕事を募集。また、営業をかけることで知名度が一切無くても、イラストの魅力&技術力さえあれば、高単価の収益を得ることができます。

DL同人(成人向け)のようなストック収益(資産型)ではないので、買い切り型の仕事にはなってしまいます。
ですが、「2Dアバター=ユーザーが使用する」という事になるので、制作したイラストが活動するという、広告に近い宣伝効果としても働きます。

また、制作したVtuberモデルを通じて、新規イラストの依頼をされる事もありますので、小さい所から徐々に大きく案件が広げていく事に繋がるので、結果的に自信のブランドイメージへのアピールは大きくプラスに働きます。

「なるほど、わかった。でもLive2Dの勉強って難しそう・・・」
と、思われる方も多くいると思われます。

僕もスキルを身に付けようと、勉強する前はあなたと同じ考えでした。
しかし、絵が描けるスキルが既にある状態で学んでみると、技術の吸収力は無い状態より抜群に高かいと感じました。

1週間だけ専攻で勉強期間に当ててみましたが、基本動作は取得できました。その時勉強でしようした教材はこちらです。


著者のyoutubeチャンネルでも、解説動画が投稿されているので併用して勉強しましたが、とても分かり易いです。
500円で最低限の基本が学べるので、本当にオススメです!

僕がLive2Dモデラーとして仕事を取るようになったのは、勉強から2か月ぐらいでした。
ある程度、人のパーツ分けイラストも動かせれるような技術が身に付いてきたので、最初は20,000円。
そこから、ココナラなどで実績評価を集め、1年半後の現在では最高で200,000円の案件を獲得するレベルになりました。
実績&評価も獲得した事から、今では営業をかけなくても、仕事が来る状況です。案件は4カ月間まで埋まっているという、とてもありがたい状態になりました。

しかし、ここで一番アピールしたいのは、この約1年半後で集まったフォロワーはTwitterで800人のみ。
ココナラに関しては、82人です。
つまり「実績&実力があれば、知名度や有名人としてのブランドなんか無くても、お金稼げますよ」という話。

まとめ&過去話「会社を辞めて、絵で食っていくと決めた時の話」

ここまで、3選の仕事案件を紹介してきましたが、共通してるのはフォロワーが少ない&知名度が無くてもOKという事です。

SNS,youtubeで人気絵師が台頭し、莫大なフォロワー数と拡散力を利用してして「大企業レベルの仕事案件が一番!」みたいなスタイルが重宝されてしまいます。
駆け出し絵描きの人間からしたら、富士山の麓レベルを目指せる存在にならないといけない!という価値観を勝手に植え付けてしまうのでは無いでしょうか?

ですが、どんなイラスト制作の仕事であれ、お金が発生する仕事の時点でプロの仕事である事は間違いありません。

「絵は描けるけど、有名人じゃないしイラスト仕事なんかできないよ・・・」と自己肯定感が低くなっているあなた!

ま だ や れ る こ と は あ る

今回の3選を参考に、まずは簡単な案件からやってみてください。
そして、仕事としてのイラスト制作と報酬を受け取る責任を一度感じてみてほしいと思います。
これまで、趣味でイラストを制作してきたけど、いざ仕事となると真剣に向き合う事になるので、新たな価値観の発見に繋がり、絵に対する探究心が生まれるからです。

●過去話

僕はかつて漫画家を目指していた事もあり、会社退職後に約半年間、無給状態で出版社へ持ち込み活動を続けていました。
※起業レベルで考えたら、いきなり何も無しにフリーランスになっているので、いま考えたらバカな話です。

当然ですが、現実は厳しく話づくりの難しさに苦戦。
担当編集者も見つからない。

kindleインディーズマンガでオリジナル漫画をバズらせて配当金を獲得するぞ!と自主制作漫画を制作してみたが、知名度依存の世界。
1日だけバズってランキング上位に入っても、次の日に圧倒的なフォロワー数を持つ作家たちが自身の作品を宣伝し、数の力でランキング上位を奪還。僕の作品は強制的に下位になり、120ページ描いた漫画の配当金は8000円。精神崩壊寸前。

気付けば、軍資金(貯金)は10万円代を切り、更には詐欺ビジネスにも引っかかっていたこともあり借金50万円、総資産-40万円という完全に詰みゲー状態。

それでも、前職の老害まみれのブラック工場企業なんかに働きたくないと、本気で思っていました。

会社行くなら、絵描いていたほうがマシ。

という事で、絵を描く能力はあったので、イラストレーターとしての活動に舵を切ってyoutube漫画の制作、そして現在メイン業になってしまったLive2Dモデラー&イラストレーターとして生活しています。
※DL同人(成人向け)の制作は手を出していません。マジです。

今回は過去の自分と同じ悩みを持つ人に向けた内容として制作しました。
もうダメだと諦めてしまいそうになる時、妥協してやりたくない事をするしかないと考えになってしまうのは、とても分かります。

ですが、絵を描けるという希少な能力を持っているなら、有効活用しないほうが損です。
絵の仕事を通じて学べる事がたくさんありますので、今回の3選を参考していただければ幸いです!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
28
イラスト・Live2Dモデラー Vtuberアバターモデル&キャラクターデザイン制作を中心に活躍中 youtube:https://www.youtube.com/channel/UCe8-iyADxCCos9eL0yZTWBA?view_as=subscriber