見出し画像

"イメージ"を"見る"こと

物の形や色、状態を知覚し認識することを"見る"こととすれば、人間の眼に入ってくる情報(光)をすべて受入れ、把握し、認識することはおそらくできないだろう。膨大な情報を知覚するために、人間の眼は知らず知らずのうちに光を選択をし、遠くと近くの物の状態を同時に、光の量を調整しながら、凝視や一瞥を繰り返している。ただしこれは「視認する」ことにおいて。視覚を介さない、頭の中にある"イメージ"を、どのように"見て"いるのか。下記に出品する今回の作品は、そんなことを考えて制作しています。

10人の現代美術作家×平野啓一郎 

「マチネの終わりに」作品展
会 期:2016年4月8日(金)〜2016年4月18日(月)
時 間:11:00-20:00
場 所:渋谷ヒカリエ8/CUBE1,2,3
主 催:コルク、ピースオブケイク

『マチネの終わりに』特設サイト
http://k-hirano.corkagency.com/lp/matinee-no-owari-ni/
『マチネの終わりに』作品展 オープニングレセプション
http://www.hikarie8.com/court/2016/03/post-174.shtml

カメラをもって出かける際、色、形、構成のスタディとして、スナップ写真を撮影したりもします。このスタディとしての写真は、今回の作品のきっかけにもなっています。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
写真作品を制作しています。http://akabayuki.com
コメント (2)
確かに脳裏に焼き付いている風景や出来事のいくつかには、赤羽さんの作品のように色が組み合わされたイメージがあります。
この「視認する」こととは別の世界に基づいた写真、奥が深そうな気がしました(写真は構図からして下手なので技術的にはとても言えませんが)。
視力が弱くてメガネしてる自分がメガネを外して雨の日などの薄暗い街を歩くような感じですね。作品は明るいですけれど。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。