新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

届けたい人に「狙って」届けられるインターネット広告

みなさま、こんにちは。
スキをつなぐAIENKIENの平木です!

よければ、こちらから読んでくれると嬉しいです♪
↓ ↓ ↓

今回は「そもそもインターネット広告って何!?」というのをいろんな角度から解説していきます!

それでは早速中身に入っていきましょう!

インターネット広告って何?

あなたは「広告」と聞いて何で見るものを思い浮かべますか?

テレビやラジオのCM
折り込みチラシ
街中の看板
新聞
...etc

このようなものでしょうか?
それとも

検索したら出てくるもの
SNSの投稿のところにでてくるもの
ブログを読んでる時に端の方にでてくるもの

というように、インターネットを使っている時にでてくるものでしょうか?

この記事で書くインターネット広告とは、「インターネット上に表示されるありとあらゆる広告のこと」を指します。逆に、テレビやラジオのCMなどの広告のことは「マス広告」と呼ばれ、両者は全く異なる物です。

まずはインターネット広告を知るために歴史を少し紐解いていきましょう。

インターネット広告の発祥はアメリカで、1994年に始まりました。
日本においてのインターネット広告の始まりは1996年と言われており、「Yahoo! JAPAN」のトップページに広告が配信されています。

ということは、まだインターネット広告が始まって25年ぐらいしか経っていないということです。(2021年現在)

逆にテレビCMは、1953年開始なので68年前。それと比較するとインターネット広告が流行り始めたのは、ごくごく最近ということです。

その、歴史が浅いインターネット広告がなぜ注目されているのかを、広告に使われる費用「広告費」の動きを見ながら解説します。


広告費の変化から見る、インターネット広告の重要性

テレビメディア広告費とインターネット広告費の変化はグラフをご覧ください。

スクリーンショット 2021-07-04 14.55.13

グラフから見てもわかるように、2019年にインターネット広告はテレビメディアの広告費を追い越し、2020年では約6,000億円ほどの差が生まれました。

2020年は新型コロナウイルスの影響でテレビをはじめとする、多くのマス広告は影響を受けました。しかし多くの人が自宅で過ごす時間が増え、スマートフォン等の機器で暇な時間を費やしたため、インターネット広告は大きく成長を遂げています。

ではなぜ、インターネット広告が急速に普及したのか?
これはインターネットと私たちの暮らしに密接に関わっています。

近年は、スマートフォンの普及により、誰でも、いつでも、どこにいても、インターネットにつながるようになりました。

お金は人が集まるとこに集まります。そのためインターネット利用者が増えることで、インターネット広告もそれに合わせて急速に普及してきました。

マス広告との違い=大きなメリット

あなたは、インターネット広告にしかない、大きなメリット4つを知っていますか?

メリット①:誰に広告を届けるかを細かく決めれる。

マス広告というのは基本的には誰でも見れますが、一方で、広告を届けたい人だけに絞った広告はほぼ不可能です。

「商品上、若い人に買ってもらいたい!」と思ってても、若い人だけにテレビCMを見せるということはできませんよね。

しかしインターネット広告は、誰に広告を届けるのかというのを細かく決めることができます。

先ほど例にあげた「若い人に買ってもらいたい!」という商品であれば、若い人だけに絞って広告を配信することができますし、それに「興味を持ちそうな人」に届けることもできます。

この「広告を届けたい対象」のことを「ターゲティング」というのですが、ターゲティングには様々なものがあります。

ターゲティングの一例
・性別
・年齢
・地域
・曜日や時間
・インタレストカテゴリー(特定のカテゴリーに興味を持つユーザー)
・デバイス(パソコン、スマートフォン、タブレットなど)
...etc


上記のように、細かく「どこの」「誰に」「どんな」人に届けるのかというのを決めることができます。

だからこそ、自社の商品やサービスに合いそうな人に、無駄なく届けることができます。

これが、インターネット広告の大きなメリットの1つです。


メリット②:広告効果を確認することができる。

広告効果というのは「広告を見てくれた人の数」や「広告を見て商品を購入した人の数」、「広告に興味を持ってくれた人の数」など、様々な指標を数値で確認することができます。

マス広告というのは基本的には、広告効果というのは確認することができません。

テレビCMは、視聴率でおおよその視聴者数が分かりますが、そのCMを見て購入したのか、興味を持ってくれた数を測ることは実質不可能です。

一方でインターネット広告というのは、「何名に表示された」や「購入してもらうまでにいくらかかったか」なども、全て数値でみることができます。

効果を数値で見ることができれば、広告効果を分析し、変更を加えていくことができます。

例えば「男性と女性に同じように広告を配信していたが、女性の方が効果がいい」という結果が途中で分かれば、「次は、女性だけに広告を絞って配信しよう」という判断と変更がすぐにできます。

これがインターネット広告の大きなメリット2つ目です。


メリット③:広告予算を自分で設定するいことができる。
メリット3つ目は「広告予算を自分で設定することができる」です。

インターネット広告は配信する媒体にもよりますが、月に数千円〜数十万円、数百万円と自分で選んで配信ができます。

つまり、自分のサービスや会社の状況、規模感によって広告予算というものを変更することができます。

もし、テレビCMを出そうと思っても最低でも数十万円〜数百万円かかります。大きな金額になればなるほど、個人事業主や中小企業は手が出せないことがほとんどです。

一方でインターネット広告は、数千円から始めることができるため「広告を出したい!」と思っている方にとってはとてもハードルが低くなっています。

これがインターネット広告の大きなメリット3つ目です。


メリット④::商品ページに直接誘導することができる。

あなたは、こんな経験ありませんか?

雑誌やテレビを見ていて、「欲しいな〜」と思う商品があったとします。しかし後から調べようと思った時には、商品名を思い出せなくて購入を諦めてしまうような経験。

マス広告は基本的に「その場で購入させる」ことが難しいです(通販系を除く)。

一方でインターネット広告は、気になった広告をクリックさせることができるので、直接購入ページや商品の紹介ページを見せることができます。

そのため、ユーザーが購買意欲が高い時に、購入ページや商品ページに飛ばすことができるため、商品が購入される確率を高めてくれます。

これがインターネット広告の大きなメリット4つ目です。


今回はインターネット広告のメリットを書きましたが、もちろん、マス広告にしかないメリットもあります。それは、ユーザーに与える安心感であったり、届けれる人の多さです。

広告はインターネット広告で!という考えを押し付けたいわけではなく、企業や個人の目的により使い分けをしないといけない。と知ってもらえたらと思います。

さいごに

今回は初回ということもあり、インターネット広告について様々な面から解説していきました。

次回のマガジンからは、インターネット広告の深い話をしていきますので、お楽しみください!

一緒に、スキがつながる社会を創っていきましょう!

感想は、コメントやSNSでのシェア、直接メッセージをいただけると嬉しいです!


noteは公開後、公式SNS(LINE,Facebook)でいち早くお知らせしています。


AIENKIENでは、毎週火曜日にFacebookグループ(スキをつなげる学校)限定で、無料のネット広告・ファンマーケLIVEをお届けしています。※2021年10月時点

お気軽にご入学ください!お待ちしています♪


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
AIENKIEN | スキをつなげる会社

最後までお読み頂きありがとうございます! AIENKIENの中の人のSNSはこちらです! インターネット広告(平木):https://aienkien.com/hiraki/ ファン創り支援  (中山):https://aienkien.com/nakayama/