見出し画像

ものづくりの要となる?!金型とは

アグレクション

製品を効率よく安定して製造するために「金型」は必要不可欠な存在です。
そんな金型はいったいどのように作られているのでしょうか?
いくつもある金型の種類をはじめ、金型が幅広く利用される理由を解説します。

金型とは?

金型とは名前の通り「属で作られた枠」のことです。
種類によって違いはありますが、代表的なものは上下で一対になっている金型に溶かしたアルミや樹脂を流し入れて挟み込む形成方法です。
金型を利用することで、同じ形の製品を大量に作ることが可能となりました。

金型の種類

●プレス用

ほぼ均一な厚みの物を加工するのに適している。
主な製品:自動車、家電、雑貨などの部品

●鍛造用

厚みがあり、強度が必要な製品の加工に適している。
主な製品:自動車クランクシャフト・オートバイ部品・ジェット機ファン

●鋳造用

型の自由度が高いため、複雑な形状の加工に適している。
主な製品:工業用部品・建設機械部品・農業機械部品

●プラスチック用

プラスチック材料を加工するのに用いられます。
射出成形、圧縮成形、真空成形、移送成形、吹込成形などの分類があります。
主な製品:テレビ、OA機器などの家電製品

●ガラス用

ガラス材料を加工するのに用いられます。
厚みのある皿や鉢など成形に適している押型とガラスの特性を活かした吹込型があります。
主な製品:ウイスキーやビールなどの酒瓶・照明器具部品、食器

●ゴム用

ゴム材料を加工するのに用いられます。
直圧成形、直圧注入成形などがあり、工業用部品、自動車部品、履き物などの製品で使用されます。
主な製品:タイヤ・キーボード・靴

金型製作の流れ

金型のメリット

自動車、家電のように大きな製品から瓶や食器など日常生活で手にするものまで、様々なところに金型を利用した製品が溢れています。
それだけ世の中に浸透している金型のメリットとは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

●短納期で製造できる

最初に金型さえ作ってしまえばあとは材料を型に流し込み、固めるといった単純作業を繰り返すだけで製品化することが可能です。そのため、短い期間で生産することができます。

●大量生産できる

前述したように、金型ができてしまえば材料を流し込むだけの作業となるため、その繰り返しで製品を大量に生産することが可能となります。

●コストを削減できる

大量生産が可能になることにより、材料を一括で仕入れて単価を下げることができます。
また、ひとつひとつ生産するとかかってしまう膨大な時間と人件費を削減できるうえ、作業ミスによるコストロスも防げます。

●精度を均一に製造できる

同一の金型と材料を使用すれば、全く同じものが出来上がります。
数ミリのズレも大きな影響を与えかねない、精密機器の部品でも金型は多く利用されています。


このように、金型には多くのメリットがあります。
初めに金型を作ってしまえば均一の製品が大量に生産できるからこそ、この最初に作った金型に間違いがあってはいけません。
金型の試作の段階でしっかり調整することが重要となります。

さいごに

ものづくり大国だからこそ実現できる技術があった日本の金型技術は、海外から高い評価を受けてきました。しかし、近年では下請け工場などが増えた影響もあり中国や韓国でも急速に技術を高めています。
今となっては、なくてはならない存在の「金型」をうまく利用することで企業の生産力をあげることができるのではないでしょうか。


アグレクション公式HPはこちら

アグレクション公式ブログはこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!