見出し画像

早朝目覚めて過去の夢を見る

曖昧な意識から少しずつ浮上していき、開かないまぶたを開いてみると、微かに鳥の声が聞こえ、薄ぼんやりとした明かりがカーテンごしに見える。
時計を見ると4時53分。
また意味もなく早朝に目覚めてしまった。そして頭の隅っこにさっきまでいた場所の匂いのような生暖かい感触がある。今朝は大学時代だったようだ。

3月から自宅でのテレワークが続き、5ヶ月が過ぎようとしている。
1日中デスクのパソコンの前に座り、誰かがしゃべってるセリフに自分の名前が出てこないかだけ意識しながら内職を続ける日々。
ただでさえ希薄なコミュニケーションだったものがまさに追い討ちをかけるように干渉する必要性がなくなった。淡々とタスクをこなし進捗報告を行う。前はもう少し笑いあったり冗談でボケあったりした。
必要ないことはやらない。生産性がない無駄は排除。それはとても全うだし利益至上主義にはなんの違和感もない。
そうなのだ、これが正解でウィーンウィーンなのだ。

運動もしてる。求められている以上に残業はしない。0時くらいにはベットに入ってる。それがここ1ヶ月くらい早朝覚醒が続いてる。
そんな朝は決まって夢を見た。それも過去を振り返るようなリアリティのある夢。
その時間軸はバラバラで、一週間前は今の職場のチームメイトが何人もでてきて会議をしていた。これただのタイムスリップ?ごとく。
3日前は初めて勤めたブラック会社。若いメンバーでただガムシャラやってた。楽しさ以上に理不尽さがでかくて毎日辞めたいと思ってた。その朝も年末恒例の社員旅行。当時はもう洗脳されていた。
そして昨晩は大学時代。懐かしい同級生、お茶目で愛すべき教授。みんなでワイワイ課題やったり朝までだべったり、あんまり詳しく覚えてないけどただ懐かしい香り。
夢といっても悪夢でもなく、忘れかけていた過去のカケラを夢の中で見つけているような。けれど、そう。ただ朝が早い。
そのまま二度寝できる時もあるし、眠れなくなり2時間くらいスマホでMMOをやったりもした。
だんだんと青みかがった冷たい光が、温もりを帯びたオレンジ色に変わっていく。そんな時間を過ごすのは悪くない。むしろ心地いい。
頭の中はなんとなく「くるり」が遠くで鳴っているような気がする。
そういえば大学の時からずっと聴いてるな。
「東京」を聴いて東京に憧れて東京にやってきたんだったな。
夜をゆっくり過ごすのは好きだけど、朝をぼけーっと眠りとの間を彷徨うのもいいもんだ。

眠くなってきた。
懐かしい夢もいいけど、できれば朝ごはんにモチベーションを費やせるだけの睡眠時間を確保させておくれ。
おやすみ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうスキ
8
広島生まれ ISID UX/UIデザイナー キャンプとトレランが好きです。好きな山は本社ヶ丸と赤岳。趣味はコーヒー焙煎。