生半可な文筆家

仕事と育児の合間に書物をしています。多くの方々の小説や考えを読むことが好きでnoteをしています。米系企業マーケ従事。ジャズ(ピアノを弾きます)ストア派哲学、落語、広告表現など愛好。心掛けていることは1日3食を楽しむことでしょうか。記事を閲読頂きました方誠にありがとうございます。

男性不妊検査を受けた時に考えたこと。 それと魚について。

「なぁ不妊検査受けてみてくれへん?」 妻がこう言ったとき、私は夕食の煮イワシを口にしよう…

銃を愛すアメリカ人。トムと銃と選挙について語った -2020年アメリカ大統領選に…

2020年11月。4年ぶりのアメリカ大統領選挙が行われる。 民主党候補者の熱く洗練された演説。…

落語家 立川いらく を偲び亀戸餃子を献じた話 - 彼の『 芝浜 (AI版) 』を…

もう随分と前のことになる。私は世田谷方面から羽田に向けてあるタクシーに乗ったのだが、その…

(約)20年前の広告業界から働き方を思い起こす連載小説 -10- 灼熱砂漠での営業と英国…

父方の祖父が82歳で亡くなったのは、私が大学生で、内定した広告代理店に入社する数ヶ月前だっ…

(約)20年前の広告業界から働き方を思い起こす連載小説 -9- 折込チラシの基礎知識と…

私は飛び込み営業の初日、ある英会話塾で新聞折込チラシの相談に発展することになった。 その…

(約)20年前の広告業界から働き方を思い起こす連載小説 -8- 飛び込み営業とお好み焼…

本格的に営業活動に出るまでに、約30名程の先輩営業全てに同行研修をした。 それは基本的に見…