産業カウンセラー・占星術プラクティショナー 高橋カオリ

西洋占星術サロン&スクール「アバンダンス アストロロジー アカデミー」主宰。産業カウンセラー、メンタルコーチ、WDプラクティショナー、ヒプノセラピスト。地に足の着いたホロスコープリーディング(個人鑑定 )の他、講座をオンラインで開講。仙台を拠点に活動中。夫と愛猫3匹との生活。

産業カウンセラー・占星術プラクティショナー 高橋カオリ

西洋占星術サロン&スクール「アバンダンス アストロロジー アカデミー」主宰。産業カウンセラー、メンタルコーチ、WDプラクティショナー、ヒプノセラピスト。地に足の着いたホロスコープリーディング(個人鑑定 )の他、講座をオンラインで開講。仙台を拠点に活動中。夫と愛猫3匹との生活。

    マガジン

    ストア

    • 商品の画像

      寄贈用「Choju」1個

      自治体や公共の施設、もしくは、それに準ずる団体の窓口に「Choju」を設置するための寄贈用の商品です。 耳の聞こえの不自由な方が何かのサービスを利用しようとする時、聞こえが不自由なことによって説明を理解することが難しかったり、相手に失礼だと思って聞き返すのをためらったり億劫になったりすることによって、サービスを利用すること自体を諦めてしまうケースがあります。 また、対応する窓口の職員の方も、聞こえるように大きな声で話すようになるため心理的負担が生じたり、対応に時間がかかることによって業務が滞るなどの支障をきたす場合があります。 窓口において、スムーズなコミュニケーションが図れることは、利用者及び対応する職員双方にとって、心理的負担が軽減されるものです。 この「聞こえ」が障害になっているコミュニケーション問題の解決に、聴力補助器「Choju」がお役に立てればと思っております。 使い方が簡単で、軽度の難聴から高度の難聴まで対応できるため、利用者、職員双方が操作することが可能です。 老眼でお困りの方のために「老眼鏡」が設置してあるように、耳の聞こえが不自由な方のために「聴力補助器」を窓口に設置し、窓口での会話に引け目を感じる高齢者や、その対応に苦慮している職員の心理的負担を軽減しませんか。 あなたの勇気と優しさを、聴力補助器「Choju」に乗せて困っている方へお届けいたします。 寄贈にあたっては、下記の内容をよくお読みになってからご購入ください。 【寄贈用「Choju」の詳細】 1.寄贈先 耳の聞こえが不自由な方とのコミュニケーションを円滑に行う必要がある、宮城県内の自治体や公共の施設、もしくは、それに準ずる団体にお贈りいたします。 寄贈先はお選びいただけません。 寄贈先をお選びになりたい場合、または、宮城県外への寄贈をご希望される場合は、「寄贈用『Choju]』10個」以上をご選択ください。 2.「Choju」の個数 1個 3.寄贈名をお入れします。 「Choju」の裏面に、白地のテープで寄贈名(社名、屋号、個人名)をお入れいたします。 もし、寄贈名が不要な場合は、お名前を入れずに寄贈します。 「寄贈用『Choju]』10個」以上から、「Choju」の表面に、縦4cm×横4.5cmのステッカーを貼って寄贈いたします。詳しくは、「寄贈用『Choju』10個」の商品説明をご覧ください。 4.寄贈が完了ましたら、メールにてご報告いたします。 寄贈にあたって個数が必要な場合には、他の方からの寄贈用「Choju」の受け入れを待ってから寄贈する場合もございます。その場合は、寄贈まで少しお時間を頂戴しますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。 5.その他ご不明な点がございましたら、聴力補助器「Choju」宮城総販売代理店「聴こえスマイル」のホームページ(https://kikoe-smile.com/ )のお問い合わせフォームからご連絡ください。 注)この商品は、寄贈用の商品です。「Choju」をご家族へのギフトに考えていらっしゃる方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。
      55,000円
      smileproject
    • 商品の画像

      寄贈用「Choju」10個

      自治体や公共の施設、もしくは、それに準ずる団体の窓口に「Choju」を設置するための寄贈用の商品です。 耳の聞こえの不自由な方が何かのサービスを利用しようとする時、聞こえが不自由なことによって説明を理解することが難しかったり、相手に失礼だと思って聞き返すのをためらったり億劫になったりすることによって、サービスを利用すること自体を諦めてしまうケースがあります。 また、対応する窓口の職員の方も、聞こえるように大きな声で話すようになるため心理的負担が生じたり、対応に時間がかかることによって業務が滞るなどの支障をきたす場合があります。 窓口において、スムーズなコミュニケーションが図れることは、利用者及び対応する職員双方にとって、心理的負担が軽減されるものです。 この「聞こえ」が障害になっているコミュニケーション問題の解決に、聴力補助器「Choju」がお役に立てればと思っております。 使い方が簡単で、軽度の難聴から高度の難聴まで対応できるため、利用者、職員双方が操作することが可能です。 老眼でお困りの方のために「老眼鏡」が設置してあるように、耳の聞こえが不自由な方のために「聴力補助器」を窓口に設置し、窓口での会話に引け目を感じる高齢者や、その対応に苦慮している職員の心理的負担を軽減しませんか。 あなたの勇気と優しさを、聴力補助器「Choju」に乗せて困っている方へお届けいたします。 寄贈にあたっては、下記の内容をよくお読みになってからご購入ください。 【寄贈用「Choju」の詳細】 1.寄贈先 耳の聞こえが不自由な方とのコミュニケーションを円滑に行う必要がある、自治体や公共の施設、もしくは、それに準ずる団体にお贈りいたします。 寄贈先をお選びいただけます。もし、ご希望がなければ、原則、宮城県内の上記の窓口へ寄贈いたします。 2.「Choju」の個数 10個 3.寄贈名をお入れします。 「Choju」の表面に、縦4cm×横4.5cmのステッカーを貼って寄贈いたします。 ステッカーは、お手持ちのものをお送りいただいても良いですし、ステッカーの制作を希望される場合は、当方で制作し貼付いたします(制作に係る費用は当方で負担いたします)。ただ、ステッカーの制作は、当方の専門分野ではないため、ステッカーの完成度にこだわりがある方は、ご自身で制作の上お送りいただきますようお願いいたします。 4.寄贈が完了ましたら、メールにてご報告いたします。 寄贈にあたって個数が必要な場合には、他の方からの寄贈用「Choju」の受け入れを待ってから寄贈する場合もございます。その場合は、寄贈まで少しお時間を頂戴しますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。 5.その他ご不明な点がございましたら、聴力補助器「Choju」宮城総販売代理店「聴こえスマイル」のホームページ(https://kikoe-smile.com/ )のお問い合わせフォームからご連絡ください。 注)この商品は、寄贈用の商品です。「Choju」をご家族へのギフトに考えていらっしゃる方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。
      550,000円
      smileproject
    • 商品の画像

      寄贈用「Choju」1個

      自治体や公共の施設、もしくは、それに準ずる団体の窓口に「Choju」を設置するための寄贈用の商品です。 耳の聞こえの不自由な方が何かのサービスを利用しようとする時、聞こえが不自由なことによって説明を理解することが難しかったり、相手に失礼だと思って聞き返すのをためらったり億劫になったりすることによって、サービスを利用すること自体を諦めてしまうケースがあります。 また、対応する窓口の職員の方も、聞こえるように大きな声で話すようになるため心理的負担が生じたり、対応に時間がかかることによって業務が滞るなどの支障をきたす場合があります。 窓口において、スムーズなコミュニケーションが図れることは、利用者及び対応する職員双方にとって、心理的負担が軽減されるものです。 この「聞こえ」が障害になっているコミュニケーション問題の解決に、聴力補助器「Choju」がお役に立てればと思っております。 使い方が簡単で、軽度の難聴から高度の難聴まで対応できるため、利用者、職員双方が操作することが可能です。 老眼でお困りの方のために「老眼鏡」が設置してあるように、耳の聞こえが不自由な方のために「聴力補助器」を窓口に設置し、窓口での会話に引け目を感じる高齢者や、その対応に苦慮している職員の心理的負担を軽減しませんか。 あなたの勇気と優しさを、聴力補助器「Choju」に乗せて困っている方へお届けいたします。 寄贈にあたっては、下記の内容をよくお読みになってからご購入ください。 【寄贈用「Choju」の詳細】 1.寄贈先 耳の聞こえが不自由な方とのコミュニケーションを円滑に行う必要がある、宮城県内の自治体や公共の施設、もしくは、それに準ずる団体にお贈りいたします。 寄贈先はお選びいただけません。 寄贈先をお選びになりたい場合、または、宮城県外への寄贈をご希望される場合は、「寄贈用『Choju]』10個」以上をご選択ください。 2.「Choju」の個数 1個 3.寄贈名をお入れします。 「Choju」の裏面に、白地のテープで寄贈名(社名、屋号、個人名)をお入れいたします。 もし、寄贈名が不要な場合は、お名前を入れずに寄贈します。 「寄贈用『Choju]』10個」以上から、「Choju」の表面に、縦4cm×横4.5cmのステッカーを貼って寄贈いたします。詳しくは、「寄贈用『Choju』10個」の商品説明をご覧ください。 4.寄贈が完了ましたら、メールにてご報告いたします。 寄贈にあたって個数が必要な場合には、他の方からの寄贈用「Choju」の受け入れを待ってから寄贈する場合もございます。その場合は、寄贈まで少しお時間を頂戴しますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。 5.その他ご不明な点がございましたら、聴力補助器「Choju」宮城総販売代理店「聴こえスマイル」のホームページ(https://kikoe-smile.com/ )のお問い合わせフォームからご連絡ください。 注)この商品は、寄贈用の商品です。「Choju」をご家族へのギフトに考えていらっしゃる方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。
      55,000円
      smileproject
    • 商品の画像

      寄贈用「Choju」10個

      自治体や公共の施設、もしくは、それに準ずる団体の窓口に「Choju」を設置するための寄贈用の商品です。 耳の聞こえの不自由な方が何かのサービスを利用しようとする時、聞こえが不自由なことによって説明を理解することが難しかったり、相手に失礼だと思って聞き返すのをためらったり億劫になったりすることによって、サービスを利用すること自体を諦めてしまうケースがあります。 また、対応する窓口の職員の方も、聞こえるように大きな声で話すようになるため心理的負担が生じたり、対応に時間がかかることによって業務が滞るなどの支障をきたす場合があります。 窓口において、スムーズなコミュニケーションが図れることは、利用者及び対応する職員双方にとって、心理的負担が軽減されるものです。 この「聞こえ」が障害になっているコミュニケーション問題の解決に、聴力補助器「Choju」がお役に立てればと思っております。 使い方が簡単で、軽度の難聴から高度の難聴まで対応できるため、利用者、職員双方が操作することが可能です。 老眼でお困りの方のために「老眼鏡」が設置してあるように、耳の聞こえが不自由な方のために「聴力補助器」を窓口に設置し、窓口での会話に引け目を感じる高齢者や、その対応に苦慮している職員の心理的負担を軽減しませんか。 あなたの勇気と優しさを、聴力補助器「Choju」に乗せて困っている方へお届けいたします。 寄贈にあたっては、下記の内容をよくお読みになってからご購入ください。 【寄贈用「Choju」の詳細】 1.寄贈先 耳の聞こえが不自由な方とのコミュニケーションを円滑に行う必要がある、自治体や公共の施設、もしくは、それに準ずる団体にお贈りいたします。 寄贈先をお選びいただけます。もし、ご希望がなければ、原則、宮城県内の上記の窓口へ寄贈いたします。 2.「Choju」の個数 10個 3.寄贈名をお入れします。 「Choju」の表面に、縦4cm×横4.5cmのステッカーを貼って寄贈いたします。 ステッカーは、お手持ちのものをお送りいただいても良いですし、ステッカーの制作を希望される場合は、当方で制作し貼付いたします(制作に係る費用は当方で負担いたします)。ただ、ステッカーの制作は、当方の専門分野ではないため、ステッカーの完成度にこだわりがある方は、ご自身で制作の上お送りいただきますようお願いいたします。 4.寄贈が完了ましたら、メールにてご報告いたします。 寄贈にあたって個数が必要な場合には、他の方からの寄贈用「Choju」の受け入れを待ってから寄贈する場合もございます。その場合は、寄贈まで少しお時間を頂戴しますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。 5.その他ご不明な点がございましたら、聴力補助器「Choju」宮城総販売代理店「聴こえスマイル」のホームページ(https://kikoe-smile.com/ )のお問い合わせフォームからご連絡ください。 注)この商品は、寄贈用の商品です。「Choju」をご家族へのギフトに考えていらっしゃる方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。
      550,000円
      smileproject

    最近の記事

    クオリティの高いものを提供するために

    こんにちは。 「星を使って本来の自分を生きる」 産業カウンセラーの高橋カオリです。 もしかしたら、 タイトルに魅かれてご覧になった方も いらっしゃるかもしれませんが、 決してそのコツをお伝えするものではなく、 私が、占星術を提供するにあたって よりクオリティの高いものを提供するために、 「『note』をしばらくお休みします」 というご案内でした。 (「なぁ~んだ」と思った方、ごめんなさい) 「note」はお休みしますが、 引き続き ・アメブロ ・ウェブサイト の方で、 基

      • 【満員御礼】TikTok入門講座開講しました!

        「星を使って本来の自分を生きる」 産業カウンセラーの高橋カオリです。 記事のタイトル、 まるで私が開講したみたいな感じで 書いていますが(笑)、 決して私が教えたわけではなく、 ウェブマーケティングのプロ Web On代表の森戸俊さんに 教えていただきました。 私も一受講生です! 会場は、 今人気の グリルけーたさん。 初めに、 グリルけーたさんの 絶品ランチをいただき、 その後TikTok入門講座。 私を始め、 参加者7名すべて女性のため、 賑やかな勉強会となり

        • 「ストアカ」で開講します!

          昨日は、 天赦日、一粒万倍日、甲子(きのえね)が重なる 最上の吉日! 私も何かスタートしようと思っていたところに、 「教えたいと学びたいをつなぐ学びのマーケット『ストアカ』」さんから 講座の審査が通ったとご連絡がありました。 つきましては、 「ホロスコープにおける月と太陽の意味を理解する」 というテーマで、 1月20日から講座を開講いたします。 60分の単発の講座です。 ホロスコープの中で、 特に重要視される月と太陽のみを扱いますので、 初めて占星術を学ぶという方向け

          • 2022年1月11日は最上の吉日!

            「星を使って本来の自分を生きる」 産業カウンセラーの高橋カオリです。 明日、 2022年1月11日は、 天赦日、一粒万倍日、甲子(きのえね)が重なる 最上の吉日です。 天赦日とは、 「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」といわれ、 日本の暦の上で最上の吉日である と言われています。 年に5~6日にしかない 貴重な吉日です。 2022年の天赦日は次の6日間。 ・1月11日(火) ・3月26日(土) ・6月10日(金) ・8月23日(火) ・10月22日(土) ・11月7日(月

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 使命
            産業カウンセラー・占星術プラクティショナー 高橋カオリ
          • 講座・ワークショップ
            産業カウンセラー・占星術プラクティショナー 高橋カオリ
          • 産業カウンセラー・占星術プラクティショナー 高橋カオリ
          • 星の哲学
            産業カウンセラー・占星術プラクティショナー 高橋カオリ
          • 聞こえという視点で世界と関わる
            産業カウンセラー・占星術プラクティショナー 高橋カオリ
          • プラクティショナーコース
            産業カウンセラー・占星術プラクティショナー 高橋カオリ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            天体の統合はブレンデッドウイスキーみたいなもの

            「星を使って本来の自分を生きる」 産業カウンセラーの高橋カオリです。 オンライン講座 「星を使って本来の自分を生きるプラクティショナーBasicコース」では、 レッスンを通して得られた気づきや学び、質問を 動画の下にあるコメント欄に 入力していただいています。 コメントには、 必ず返信をさせていただいているのですが、 先日、下記のようなコメントがありました。 「ホロスコープ の中にある情報が多くて、それを集約するのが難しいなと感じていました…(一部抜粋)」 そのお返事

            今日から日の出が早くなります

            一年の中で一番昼が短い冬至が過ぎたのに、 なかなか朝が明るくならないのは何故? と思っている方も いらっしゃるかもしれません。 それは、 2021年12月22日の冬至後に 日の入り(日が沈むの)はだんだんと遅くなっていきましたが、 日の出はさらに遅くなってきたからです。 それも昨日で終わり♪ 今日から 日の出が早くなります。 少しずつですが、 朝が明るくなってきますよ〜♪    産業カウンセラー WDプラクティショナー 在り方を整えるコーチ ヒプノセラピスト 高橋カ

            WS開催しました!

            「星を使って本来の自分を生きる」 産業カウンセラーの高橋カオリです。 昨日は、WSを開催しました。 一昨年、昨年と開催した 石井ゆかりさんの「3年の星占い」を使用した 「星を使って未来をデザインするWS」。 今日は、 昨年のWSにご参加いただいた方向けに 振り返りWSを開催しました。 「振り返り」って本当に大切で、 私たちって、とかく、 「何も成果がなかったなぁ」とか、 「別に何もなかったなぁ」とか思いがちなのですが、 きちんと時間を取って振り返りをすれば、 必ず何か

            従兄のために作られた集音器「Choju」

            今日は、 趣向を変えて、 販売している集音器について 書いてみたいと思います。 皆さんは、 「集音器」を 見たり聞いたりしたことは ありますか。 集音器は、 耳の聞こえを補助する機械で、 一般的には 「補聴器」の方が 知られていると思います。 「集音器」と「補聴器」の違いは何かというと、 補聴器は薬機法に基づいた医療機器で、 集音器は薬機法の縛りがなく、家電扱いとなります。 一昔前、 集音器は補聴器に比べて 「安かろう悪かろう」みたいなことが 多くありましたが、 今は

            30年のライフサイクル~人生の時間

            「星を使って本来の自分を生きる」 産業カウンセラーの高橋カオリです。 年末に LINEとメルマガで プレゼント企画をさせていただいたのですが、 そのプレゼントが、画像のPDF。 「30年のライフサイクル」の 今どこを過ごしているのかを 調べてお渡ししています。 1月3日の山羊座新月から 1月18日の蟹座満月までの期間に お贈りする約束なので、 今、時間を見て、せっせと作成して お申し込みの早かった方から順に お送りしています。 私は、 この「30年のライフサイクル」が

            価値を体現して生きる

            「星を使って本来の自分を生きる」 産業カウンセラーの高橋カオリです。 昨日は、 産業カウンセラーとしての 仕事初めでした。 働ける場所があることに 心から感謝です。 さて、 標題の件。 「価値を体現して生きる」 詳しく書けば かなり長くなりますが、 今日は 「サイン(星座)のプラス面を意識して生きる」 という点に絞って お伝えしたいと思います。 サイン(星座)には、 プラス面とマイナス面が あります。 例えば、 私は、水瓶座に5天体あるのですが、 水瓶座のプラス面

            独学なのに参加型の占星術オンラインスクールのご案内

            「星を使って本来の自分を生きる」 産業カウンセラーの高橋カオリです。 今日は、山羊座新月!ということで、 私の決意表明と言いますか、 Abundance Astrology Academy (オンラインスクール)について お伝えしたいと思います。 おととしから 独学で学べるオンラインの講座を 制作してきました。 オンラインスクールはこちら→ https://abundance_academy.teachable.com/ そして、昨年秋から、 改めて 初級、中級、上級

            山羊座新月~自分を省みることで新たな力を手に入れる

            1月3日3時33分、 山羊座で新月を迎えました。 新月は、 次の新月までの1ヶ月間を 支配します。 ホロスコープの下半球に 天体が集まっているのが 特徴的な星の配置です。 太陽と月は、 山羊座12度、2ハウス、 サビアンシンボルは 「火の崇拝者」。 その意味と方向性は、 ・「絶対にやり遂げる」という強い意志と情熱で物事を創造していく ・目的を達成するための現実的な計画を立て、着実に進めていく ・目的を達成するために、タスク管理をして、わかりやすく整理しておく ・モチベ

            「風の時代」を生きるために必要な姿勢

            「星を使って本来の自分を生きる」 産業カウンセラーの高橋カオリです。 お正月2日目。 どんなお正月を お過ごしですか。 私は、 年末は、大掃除とお正月のお料理作りで (少しですが、お重に詰めて母にお届けしたり) バタバタしましたので、 昨日から比較的ゆっくり過ごしています。 こうしてゆっくり記事を書くことができる時間が持てるのは、 しみじみ幸せだなぁと感じています。 さて、 昨日の記事の続きを 書いてみたいと思います。  昨日の記事はこちら → 「『風の時代』を改め

            「風の時代」を改めて読む〜これからの日本

            「星を使って本来の自分を生きる」 産業カウンセラーの高橋カオリです。   あけましておめでとうございます。 昨年も多くの方とご縁を頂戴し、 ありがとうございました。   今年は、 今まで以上に 多くの人に占星術の奥深さを知っていただくために ご興味ある内容を提供し、 そして、意欲のある方には、 「星の読み方」「星の活かし方」を 本気でお伝えしていきたいと思います。   本年もどうぞよろしくお願いいたします。   さて。   「風の時代」に突入して 早一年経ちました。   改

            マスタープラクティショナーコース0期生の募集開始です

            さて、冬至の正午から ゆるりとマスタープラクティショナーコースの募集を 開始いたしました。  コースの詳細は、こちらから。https://abundance_academy.teachable.com/p/620dea 占星術を通して 本来の生き方へと導くガイドに なるためのコースです。 そのためには、 まず自分が 「星を根拠に自分を生きていること」 「星を使って人生の可能性を広げていくこと」 この2つが実践できている プラクティショナー(実践者)である必要があります。

            冬至~来年の春に蒔く種を選定する

            12月22日0時59分、 冬至を迎えます。 冬至は、 太陽が山羊座(黄経270度)に 入った瞬間を差します。 北半球において、 日の出から日の入りまでの時間(昼の長さ)が 最も短い日。 東洋の陰陽の考えでは、 陰が極まって陽に転じる日でもあります。 ここから昼の長さがだんだんと長くなっていきます。 さて、占星術での四季の捉え方は、 春分に種を蒔き、 夏至は出た芽を大切に育て、 秋分には育った植物を刈り取り、 冬至に次の春に蒔く種を選定する という意味・流れになります