ヨーガと仏教の違い

facebook過去ログより

ほかの方のタイムラインでヨーガと仏教は同じだと思うという意見がありました。お、お、お、それには違うという仏教者が出てくるだろうけど、僕は今はパスすると書きました。でも片鱗だけ書いたら話が続いたので、結局、最後まで説明してしまいました。その最後の僕のコメントをここにコピペしておきます。

無色界に完全に集中している定は、「惺々とただ醒めている」ようでも、最高でも非想非非想天への集中です。六道のうちの最高の梵天界のそのまた最高の非想非非想天への集中ですが、解脱=滅=涅槃ではありません。六道輪廻の中にあります。梵天界への集中による静かなエクスタシーに最後の執着があります。ここまでがヨーガの最高の境地です。六波羅蜜では五つ目の禅定の中の最高の状態です。しかし六つ目の般若=慧ではなく、解脱ではなく、六道輪廻の中にあります。という話をしているつもりです。慧は無常、無我、苦を聞法により理解してほとんど近づいていた人が禅定の極みにおいてそれさえも超えて得られる場合と、禅定の極みにおいて自ずから無常・無我・苦を理解して慧に到る場合があります。それが解脱です。ヨーガの究極は禅定の極みであって、慧そのものではないということについて今述べています。それはウパニシャッド哲学によって梵我一如、ブラフマンとアートマンがひとつである状態と言われるものですが、アートマンという真我があり、無我ではないので、そこに仏教以前のヨーガの伝統と、釈迦の解脱との違いがあるという話です。禅定の極みで梵我一如の境地にいるのは六道輪廻の中の有頂天です。そこに無我であるという慧が生じるのは、ヨーガの想定外で、釈迦が初めてだと仏教では言われています。という説明する人、つまり「ヨーガと同じ」というのは違うよという人が現われるだろうけど、僕は今はパスすると書いたんですけど、片鱗を説明してしまったため、結局、最後まで説明してしまいました。(^_^;

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もしも心動かされた作品があればサポートをよろしくお願いいたします。いただいたサポートは紙の本の出版、その他の表現活動に有効に活かしていきたいと考えています。

読んでくださりありがとうございます。
14
無職の身体障碍者。著書に『蝶を放つ』(小説)『超簡単訳歎異抄・般若心経』『浄土真宗の法事が十倍楽しくなる本』BASEで販売しています。https://bookscope.thebase.in/ その他の問合せswamipremabhisheka◉yahoo.co.jp