見出し画像

『ならば決戦を』ー武田勝頼ー(『決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍』より)

『決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍』

ブログで本全体と、各短編についての感想をUPしたのだけど、短編ごとについてはもう少し感想書きたいなあ、という思いがあり、noteで短編ごとの感想を書いていきます。


続いては、武田側の大将・悲劇の後継者こそ武田勝頼を佐藤 巖太郎さんが描きます。

偉大なる父と比較され、亡国の戦犯として長く評価の低い存在だった勝頼。

近年の研究では、その能力や器量については見直しがされているものの、やはり信長を相手にするには役者が違ったとみるべきか。

本作では、勝頼は一見冷静に状況を分析できる力を持ちながら、随所随所の小さな判断でミスを犯してしまう。

そして、その積み重ねの果てに、絶望的な敗戦を迎えてしまう・・・


そんな勝頼の心情を丁寧に追いかけつつ、本作は合戦の一部始終を最新の研究に基づいて忠実に描写した良作。

勝頼を貶めず、それでいて持ち上げしすぎずの絶妙なバランスが見事。

タイトルにもある『ならば決戦を』が『再び決戦を』に変わるその瞬間を、ぜひ見届けて欲しい。


こういう物語を読むと、物事はやはり最初が大事だなあ、と改めて実感。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
見えないでしょうけど、こちらはニヤニヤしてます
2
「なぞる」のではなく「紡ぐ」発信を目指す多読・乱読家 ■女性向け書評サイト「美女読書」・マンガポータルサイト『マンガ新聞』レビュアー /■歴史小説作家・伊東潤さんの読書会に参加中 /■ブログ(motiongreen.net/ )ちまちま更新中

こちらでもピックアップされています

読書感想
読書感想
  • 38本

別途運営しているブログ「モーション・グリーン」で更新した記事から派生した内容を記していきます。noteのみ取り上げている本もあり。 主に短編集内の短編それぞれの感想や、違う視点からの感想など。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。