見出し画像

鶏だしの旨味が最高潮!麻布十番にある「鶏そば十番156」の純鶏あおさそばがたまらなくうまい!

こんにちは、Webマーケターのヨナハ(@kazufumi478)です。

早速ですが、麻布十番に鶏白湯ラーメンがおいしいお店があるのはご存知ですか?

そのお店は「鶏そば十番156(イチコロ)」です。


つけそば、まぜそば、中華そば、などなど多くの魅力的なメニューを揃えています。

どれも美味しそうに見え、券売機の前で迷ってしまいましたが、

ネットの口コミで人気があった「純鶏あおさそば」に決めました。

6時間炊き込んだ鶏の旨味がたまらない

こちらが純鶏あおさそば(900円)です!

鶏白湯スープの上に、煮卵、鶏チャーシュー、あおさ、ねぎ、水菜、メンマがトッピングされています。

まずは、スープからいただきます。

濃厚なのに、あと味はサッパリしています。

こちらのスープは九州産の鶏ガラ、モミジ、ネックと厳選した野菜を6時間炊き込んで鶏の旨味とコラーゲンだけを抽出した“純国産鶏白湯スープ”だそうです。

そのままスープだけを飲み干したくなる、クセになる味です。

あおさの香りもいいですね。

続いて麺をすすると……。

スープが麺によく絡んできて、最高においしいです。

鶏チャーシューも歯切れがよく、程よい塩加減で鶏の味が引き出されています。

勢いあまって、2枚同時に食べてしまいました。
だけど、とても柔らかい。

煮卵も最高です!!

残り半分くらいになったところで、ふとカウンターの壁に目をやると……。

「途中から自家製香辛ラー油、ブラックペッパーをお好みでスープに入れてみて」のおしらせ!!!

あぶない。あぶない。

あやうく全部食べちゃうところでした。

自家製香辛ラー油とブラックペッパーをスープに投入します。

濃厚で優しい味の中にスパイシー要素が加わり、味がガラッと変わります。

「ひとつを放ってふたつを得る」とは、まさにこのことですね。

もくもくと食べ進めてあっという間に完食。

スープも全部飲み干しました。
連続であと3杯は、食べれそうです。

女性ひとりでも入りやすい店内

こちらはカウンター席ですが、テーブル席もありました。

スペインバルのようにワイングラスがかけられています。

メニューにボジョレーヌーボーも発見しました。

ラーメンとワイン。なんともおしゃれですね。

芸能人のサインもたくさんありました。

駅近でアクセス抜群の立地

東京メトロ南北線/都営地下鉄大江戸線・麻布十番駅4番出口より徒歩1分。

4番出口を出ると目の前にカフェがあります。

カフェに向かって左側の商店街を直進!

まっすぐ歩いていると左手に大餃子の提灯が見えてきます。
ここが目的地!

身長177cmの男性がトコトコと歩いて、4番出口からたったの63歩で到着しました。
麻布十番でおいしいラーメン屋さんを探している方は、足を運んでみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

47
出版社の広告営業→ITベンチャーでSEO→体験ギフトのWebマーケ|YouTube『#気づき書店』の店主|宣伝会議・編集ライター養成講座37期生|座右の名:百戦百勝は善の善なるものに非ず|コーチング
コメント (2)
ヤバいですね、、お昼食べたのに、これからまた食べれそうです。近いので行ってみたいと思います。教えてくださりありがとうございます😊
末吉さん、コメントいただきありがとうございます!
とても嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。