なかむら

アグリテックで農業問題を解決するためにプログラミングやってます

なかむら

アグリテックで農業問題を解決するためにプログラミングやってます

    マガジン

    最近の記事

    2022年2月の振り返り

    元旦に、「今年は毎月振り返りをする!将来の自分のために!」と決めて、まだなんとか勢いを保てているので、振り返ります。ただの自分語りです! 仕事ゼロから開発 弊社はIoT製品を扱っているので、実機の定期的なメンテナンスがあります。 正常にクラウドへデータを転送できているか、また転送したデータが規定値内に収まっているかなどの検査をする必要があり、その社内の検査用サービスを一から開発することを任されました。 追加で必要なテーブル等があれば自分で設計したり、他部署に必要な機能

    スキ
    5
      • 2022年1月の振り返り|仕事とプライベート

        元旦に2022年の目標を書きました。 現時点で、もうちょっとできたな〜と思うところと、ちゃんと勢い保ってる!というところがあるので、特に取り組んだことを記録にとどめておこうと思います。 仕事・プログラミング「仕事で必要なことから逆算して必要な知識を身につける」を忘れずに取り組めてたと思います。 具体的にこの1ヶ月で取り組んだことは下記のあたりです。 SQLをもっと使いこなす DBコネクション数を意識して、少ないクエリで高速で抽出できるようにする。そのために、EXPLA

        スキ
        7
        • 2022年、エンジニア1年生の抱負

          あけましておめでとうございます! 2021年7月に、畜産業界の営業マンから未経験エンジニア転職して、半年が経ちました。 2021年は試用期間中であったため、社内の管理サービスの開発を主に任されていましたが、今年からは試用期間が終わり、お客さん向けの大きなサービスの開発メイン担当に任命されました。 転職前は正直、漠然と技術を詰め込んでポートフォリを作り切ることに注いでいました。 が、今は仕事で必要な技術・知識が明確になっているため、そこに力を注ぎたいと思っています。 きっ

          スキ
          5
          • 【自己分析・モチベ・カルチャーフィット】仕事続けながら1年半かけて営業マンからエンジニアへ

            はじめに この度、2021年7月頭に念願のアグリテック(農業×テクノロジー)の自社開発スタートアップ企業から内定をいただくことができました! 実はプログラミング学習を始め、転職を意識し出したのは2020年1月末でしたので、転職成功までに実に1年半もかかっています。 そこで、 なんでエンジニア目指そうと思ったのか? モチベーションはどう保ってたのか? どうやって仕事と両立してたか? 転職活動時のスケジュールは? 面接で自分らしく話すためにしたことは? 等々、書き連ねてみ

            スキ
            60

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ブックマーク
            なかむら

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【editch vol.3】ポートフォリオコンテストで発表するまでの道のりと参加後の感想

            プログラミングスクール生がポートフォリオを発表する合同コンテスト"editch"に、RUNTEQ生の代表の1人として出場しました。 自己紹介まずは私がどんな人なのか簡単に自己紹介させてください。 ・名前:仲村 瑠(なかむら りゅう) ・年齢:24歳(社会人3年目) ・出身:神奈川県(大学卒業までは神奈川に住んでいましたが、就職を機に地方へ行きました) ・現職:畜産業界(現職を続けながらエンジニアになるために学習しています) ・学習時間:平日/朝1.5時間・夜1.5時間、休

            スキ
            11