matou.ayano

https://instagram.com/matou_ayano/ https:/…

matou.ayano

https://instagram.com/matou_ayano/ https://profiee.com/i/matouayn 元アパレル店長・社内講師(🔰)の、マネジメントや育成、販売教育の学びをアウトプット。 不定期で週末に販売員やってます。

マガジン

最近の記事

【週末限定販売員のワタシ】ニーズに応えるだけ

ワタシがヘルプに行った日の売上、スタッフから聞きましたよ〜と、エリアマネージャーから言われました。 それは先週末のこと。 お客様との波長がよく合う日だったので、 ワタシじゃなくお客様に楽しませていただいたな〜 という充実感があり、結果お買い上げに繋がったというだけなのです。 話を挙げてくださったスタッフさんが 「あんな人が店頭にいないなんてもったいない!」と言ってくださったそうです。 嬉しい言葉です。ほんと。 ワタシにしてみれば、毎日店頭に立っている皆さんにリスペクトだ

    • 【週末限定販売員のワタシ】ソトナカ目線で感じたこと

      販売員という職種から離れて早9ヶ月。 今も週末限定で月に数回、店頭に立たせてもらってます。 一度販売の現場から離れたワタシですが、 ソトから見ることができ、そしてナカのことも分かるワタシならではの感じたことを、この先の研修テーマなどに活かせるよう、備忘録として書いていこうと思います。 読んでくださる接客販売に携わる皆さんにも、何かのヒントになれば幸いです。 改めて思うことは、接客販売って面白い!‥でも 続けることの大変さや、付帯業務とのバランス、 専門店とは異なるお客様

      • 再生

        シンカするたちの円居(まどい)Vol.6

        07.19(WED)Vol.6 『セールの時期ですね!消費マインドに合った売り場づくりで意識していることは?』

        • 再生

          シンカする店長たちの円居(まどい)Vol.5

          6/21(WED)Vol.5 接客ロールプレイング大会に向けて、練習時間の確保や指導のコツ

        【週末限定販売員のワタシ】ニーズに応えるだけ

        マガジン

        • シンカする店長たちの円居
          1本
        • 接客ロールプレイング
          7本
        • アパレル販売員向け 
          7本
        • History of
          1本
        • レジリエンス講座
          7本
        • 4つのココロの色
          0本

        記事

          再生

          シンカする店長たちの円居(まどい)Vol.4

          5/24(WED) 少しブレイクしませんか?店長だけが感じる、ぼやき・つぶやき

          シンカする店長たちの円居(まどい)Vol.4

          再生
          再生

          シンカする店長たちの円居(まどい)Vol.3

          4/19(WED) Vol.3 『同じ指示でも人それぞれやり方が異なるのはなぜ?4つのココロの色』

          シンカする店長たちの円居(まどい)Vol.3

          再生
          再生

          シンカする店長たちの円居(まどい)Vol.2

          3/22(WED) Vol.2 『1年間頑張ったこと、教えてください。』

          シンカする店長たちの円居(まどい)Vol.2

          再生
          再生

          シンカする店長たちの円居(まどい) vol.1

          シンカする店長たちの円居(まどい) vol.1

          再生

          シンカする店長たちの円居(まどい)

          2023年3月1日、私Ayano店長主催の 店長のためのオンライン座談会を開催いたします! その名も… 『シンカする店長たちの円居(まどい)』 円居とは…人々がまるく居並ぶこと 円居では、店長をサポートする集いです。座談会を中心に参加者同士の交流や情報交換、また主催からマネジメントに役立つ情報もお届けします。 毎週第3水曜日 20:30〜21:30 @Zoomオンライン 各回 定員10名 参加費 ¥2,000(/1回) 各回トピックをそれぞれ用意しておりますので

          シンカする店長たちの円居(まどい)

          販売員のつぶやき⑥お客様の方がよく知ってらっしゃること、ありませんか?

          そのお客様は、パーソナルカラーのカラーチャートを持ちながら商品をご覧になっていました。カラーチャートと照らし合わせながら、自分のパーソナルカラーと合う色かを確認している。その姿を見たので、私はあえて接客の際に色のお話はしませんでした。 なぜか? そのお客様にとって、『カラーチャート』というものが一番の信頼できる情報だから。販売員が色がどうだ、ああだ、と伝えても、お客様の持っている『カラーチャート』が、一番信頼できる情報なのですよね。 SNSでもたくさん目にする『ブルベ』『

          販売員のつぶやき⑥お客様の方がよく知ってらっしゃること、ありませんか?

          販売員のつぶやき⑤お会計『¥7,777』でございます

          ついさきほどの出来事。 お会計が偶然にも『¥7,777』となり、心の中で『おっ!縁起がいい!』と思っていたら、お客様から「すごーい!良いことありそう!」とおっしゃっていただきました。 ここまではあるあるなのですが、ここで会話を終わらせないのが私。 「買ってくださったネックウォーマー、こちらバッテリーを繋げて温かくなるので、ぜひ受験当日身につけていってください!縁起のいいお品ですから。」 とお伝えしました。 お客様がどういったご用途で購入されたか定かではなく。もしかした

          販売員のつぶやき⑤お会計『¥7,777』でございます

          販売員のつぶやき④観光地のSNS映えショップに『オトナ』がいない話

          観光地には色々な食べ歩きやグルメがありますよね。『(観光地)スイーツ』と検索したら、たくさん情報が出てきて、個人の方がまとめサイトのように掲載してくれてますよね。どれも魅力的に掲載されていて、どれにしようかな〜、とワクワクしながら迷います。 それだけ迷ってここに決めた!というお店で、いざ向かうとオペレーションが全く回っておらず、注文してから20分くらい待たされ、しまいには『何を注文されましたか?』とスタッフさんから聞かれる始末…! 『買わなきゃ良かった』と途中思ってしまい

          販売員のつぶやき④観光地のSNS映えショップに『オトナ』がいない話

          販売員のつぶやき③お子様と遊んでいただけで商品が売れた話

          タイトル見てびっくりですよね。それだけで商品が売れるなんて、普通思わないですよね。 これは先日私が実際に行った話。 2歳児くらいの男の子を連れたパパさんが来店。ブルゾンが気になって見ていると、お子様が飽きてきたのか、店内の靴箱をばたばたなぎ倒して遊んでいる…!『だめだよー!』とパパさんが追いかけたのが楽しくなってしまい、お子様はパパさんの隙を見て店外へダッシュ。このターンをおそらく3回はしていたのですが、パパさんも負けじと追いかけ、店内へ戻ってはブルゾンを試着。 お客様に

          販売員のつぶやき③お子様と遊んでいただけで商品が売れた話

          販売員としてのつぶやき ②『今の方、顧客様ですか?』

          前回お話した次の日、なんと店頭でお客様から自身のスタイリングに関して、褒めていただきました(!) アパレル販売員として、当たり前だと思ってはいますが、やはり直接言葉でお褒めいただくことは嬉しいですね。『今日は褒めていただいたので、お酒が美味しく飲めそうです🍺』と、お返ししました(笑) さて、タイトルは私がよく接客の後にスタッフから言われる質問です。その返しのほとんどが 『ううん、一見さんだよ。』なのです。 側から見ると、お客様との距離や関係性、お話している感じからそう見え

          販売員としてのつぶやき ②『今の方、顧客様ですか?』

          販売員としてのつぶやき ①プロと言われること

          アパレルに勤めて10年、現在店長職に就いていますが、売り場で一番動き回っている私です(笑) 店長としてでなく、販売員として感じたことを呟いていこうと思います。 お客さまに良く言われること 『やっぱりプロに任せるのが良いよね』 色の似合わせ、パンツの裾直し、コーディネート、様々なシーンでこのようなお声を頂くことがあります。若かりし頃は、自分のスタイリングを誉めてもらうことの方が多かったのですが、今は『プロ』という言葉に喜びを感じています。 販売は正直『感覚』で出来てしまう

          販売員としてのつぶやき ①プロと言われること

          RPG出場者サポート編 ②オブザーバーの目線

          こんにちは。 前回お話ししていた自店スタッフの決勝大会の結果ですが、残念ながら入賞ならずでした。当日観覧に行けなかったので、動画を撮ってもらい見たのですが、トップバッターという緊張と闘いながら、やり抜いていました。本人はもっとできた!と悔しがっておりましたが、何をどうしたら?ということは明確だったので、きっとこのまま自走することでしょう。終えてからの現場での接客を見ると、RPG中に出ていた『会話を楽しんでいる姿』がたくさん見られたので、入賞には至らずとも、この姿を見られてよか

          RPG出場者サポート編 ②オブザーバーの目線