見出し画像

七つの習慣 その一

少し前、自己啓発の一環として読みました。実践が難しいところもあるけれど、出来ることから実践していきたいと思います。

大前提の「問題はそれが問題であると思うから問題なのだ。自分自身がそれを問題だと思わないように変わればよい」という概念から正直難しかったりする訳ですが、まあせっかくだから頑張りますかね。


とりあえずは一つ目の習慣、「主体性を持つ」ところを職場でも実践中。意識してなくてもやってましたが、意識してより強く主体性を持たせています。

おおまかには、仕事を「やらされている」と感じてやるのか、「必要だから(自分が)やるんだ」と感じてやるのかで意識が変わってくるというような話。

仕事柄、私は医師とも意見をぶつけるためによく話をするんですが、添付書だけ持って自分の意見なく話に行く同僚が多いです。

お互い専門家として、だからどうしたいという自分の意見すらないのに、話を通せる訳がない。ましてや相手の方が色々な意味で格上なのに。

そこに主体性がないから、話にならない。通せて当たり前の簡単な疑義紹介ですら、自発的に変えたんだという意識がない。

故に、疑義照会(処方内容の確認行為)の文面が「○○医師の指示で、アレコレ変更となった」となる。今の私が書くなら「○○医師と処方内容について協議し、アレコレ変更を行った」とする。

後で記録を読み返してみて、どちらがより専門家として仕事をしたと捉えられるだろうか?仕事の内容としてはおそらく何も変わらないけれど、評価を受けるのは後者だと思います。

院長からも、薬剤師はもっとガンガン前に出るように、と常々言われています。同じ内容の仕事をしていても、評価を受けにくい形でこなしていれば、そう言われても仕方ない。

まずは、認めさせる。認められるではなく、認めさせる。それが出来なければ同じ土俵には立てない。

私は医師に意見を通すつもりがない確認の時は、あえて変更しない確認を取りに行きます。それを裏付ける自分なりの意見を添えて。

医師も、承認欲求を満たしてくれる確認方法の方がきっと嬉しいはず。形式的な確認作業には飽き飽きしていると思うので。

私と、私以外の同僚とでは医師からの待遇がかなり違うのですが、そういうことの積み重ねなんだろうなと、改めて思います。


今後も、院長や副院長を手玉に取り続けられるよう、第一の習慣は続けていきますかね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もしサポートして頂けるなら泣いて喜びます。サポートして頂いた分は、ほかの方へのサポートや有料記事購入に充てさせて頂きます。

お役に立てば幸いです。良ければほかの記事も是非。
6
医療業界の在り方に疑問を感じている現役病院薬剤師です。 薬や医療機関に頼ることなく健康に過ごしていく生活習慣を模索する上で、メディアの光の当たらない真の健康への世界を「闇の世界」とみなし、愛する妻と共にそこで学んだこと・気付いたことを分かりやすく面白く発信していきたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。