マガジンのカバー画像

励ましのサイエンス

15
人生の岐路で。 逆境の中で。 なんでもないときに。 人は、誰かに励まされて生きている。 どうせなら誰かを励ます人生を生きたい。あわよくば、自分も励まされたい。 そのためには、… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

ハゲを励ます事業から紐解く「励ましのサイエンス」

やなさわ:「励ましのサイエンス」、ここで中締めということで。今回のゲストはカルヴォ創業者…

励ましのサイエンス 其の13 石戸奈々子さんの場合

今回ゲストにお迎えした石戸奈々子さんは、NPO法人CANVAS理事長として、主に子どもを対象とし…

励ましのサイエンス 其の12 成瀬拓也さんの場合

仲間を巻き込んだ箱根駅伝への挑戦。そして、挫折やなさわ:成瀬さんは、起業支援施設「HATSU…

励ましのサイエンス 其の11 今村久美さんの場合

カタリバは今年で創業20年を迎えました。今回、「励ましのサイエンス」というお題をいただいて…

励ましのサイエンス 其の10 宮城治男さんの場合

1993年の設立以来、多くの社会起業家を輩出してきたNPO法人ETIC.。2021年6月、創立以来28年間…

励ましのサイエンス 其の9 けんすうさんの場合

大学生の時、ひろゆきさんに言われた言葉が人生の岐路になりました。 僕は当時インターネット…

励ましのサイエンス 其の8 ハヤカワ五味さんの場合

ハヤカワ五味さん 株式会社ウツワ 代表取締役 これまで励まされた言葉もたくさんありますが、私の場合、態度で示してもらえることが一番嬉しいと感じます。 たとえば、ものすごく忙しいはずなのに時間を割いて会ってくれたり、連絡をくれること。「あの時、こうだったけど大丈夫?」と覚えてくれていて、継続的に思い出してくれること。 相手にとって何のメリットもないはずなのに、そんなふうに態度で示してくれるのは、すごいことだと思います。励まされますし、良い意味でのプレッシャーも感じて、もっ

スキ
29

励ましのサイエンス 其の7 山口周さんの場合

山口 周さん 独立研究者・著作家・パブリックスピーカー 大学を卒業して電通に入社しましたが…

励ましのサイエンス 其の6 乙武洋匡さんの場合

乙武 洋匡さん 作家 「励まされたエピソード」と言われて真っ先に思い出したのは、5年前のこ…

励ましのサイエンス 其の5 為末大さんの場合

為末 大さん Deportare Partners代表/元陸上選手 励まされたエピソードと聞いて思い出す人は…

励ましのサイエンス 其の4 中嶋愛さんの場合

中嶋 愛さん 「スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版」編集長 中嶋さ…

励ましのサイエンス 其の3 ジェーン・スーさんの場合

ジェーン・スーさん コラムニスト、作詞家、ラジオパーソナリティ 「励ましのサイエンス」今…

励ましのサイエンス其の2 土屋敏男さんの場合

土屋敏男さん 日本テレビ放送網株式会社 R&Dラボシニアクリエイター これまでの人生を振り…

励ましのサイエンス其の1 佐渡島庸平さんの場合

佐渡島庸平さん 株式会社コルク代表取締役社長/編集者 コルクで新人作家とつくるマンガをすべて縦スクロール・オールカラーに変えたのは2年前のことです。 これまでのマンガは見開き・モノクロがあたりまえでした。紙の雑誌で読むからです。でもスマホで読みやすいのは、縦スクロール・オールカラーのマンガです。 当時、日本で縦スクロール・オールカラーのマンガに振り切っている人は、ほかに誰もいませんでしたが、僕は「そっちに行った方がいい」と思っていました。 やがて縦スクロール・オールカ

スキ
38