見出し画像

GB250 アイドリング不安定対策成功

問題内容

アイドリングが1500~2000回転で安定しない。
1000回転ぐらいまでさがったり、エンジン停止する。
回転があがってもガクガクする。低速時はひどい
少し乗らないとエンジンがかなりかかりにくい。
一度エンジンがかかるとすぐかかる。
エンジンが暖まるとアイドリングの回転数があがる。
エンブレ時にパンパンなる。
エンジンがすぐ熱くなる。
急にエンジンが止まる。ストール?する。
三秒に一回回転数があがる。
とにかく燃調が薄い感じになる。トルクが無い。

解決方法

答えから書くと、アイドルスクリューの先端が折れていた。
アイドルスクリューの穴が塞がっていた。
ピンでマフラー側の穴から押して穴を開通させたら直った。
アイドルスクリューを交換して直した。
穴が直るか不明だったのでキャブレターごとヤフオクで4500円くらいで購入しました。

新品のジェットの一覧画像とかよく見て見比べるべきだった。
不調の部分はまるごと新品または、それに近いものを買うと良さそう。
今回はかなり時間がかかってしまった。

キャブレター外しやりすぎて、すぐ外してバラして戻せるようになってしまった(笑)
ヤフオクで動かないキャブ買ってOHして売る人になろうかな(笑)

きっと他のバイクでもキャブなら同じかと考えられます。穴が空いているかと、ジェットスクリュー類は全交換するほうが良さそう。パッキン類もだけど、ダイヤフラムとか80年代のバイクで2万キロくらいなら結構きれいな気がします。

↑問題のアイドルスクリュー

↓購入したアイドルスクリュー


#バイク #GB250 #キャブレター

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

原付マン LOLマン 好きなもの、詳しいものについて書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。