見出し画像

今夜のわたしはお客様

こんにちは、お久しぶりです。ろなひです。3月21日、無事大学を卒業しました。31日までは一応肩書きは学生ですが、学生証は返してしまったし、もう学校行くこともない。寂しいなぁ、寂しいけれどいつまでも懐古していられません。4月からは新天地で頑張ります!

そんな今日は、いつも書いているバイトのお話を別の角度からしようと思います。


お客様あやちゃん

いきなりですが、今日はわたしがアルバイトしていたお店に家族でご飯を食べに行ってきました。弟の大学進学お祝い、そしてありがたいことにわたしの進学お祝いを兼ねて久しぶりの家族で外食でした。嬉しいな。

ちょっとお高いお店なので、お客様としてお店に伺うのははじめてでした。もうめっちゃ緊張した!

言われ慣れたはずの「おこしやす」もいざ言われると照れ臭いし、わたしはバイト先で本名ではなく「あやちゃん」と呼ばれ続けたので名字の「〇〇様お見えです〜」なんて違和感でしかありません。

逆に家族は「あやちゃん?誰やねん」ってなっていました、当たり前。わたし板挟み。

そして衝撃の事実ですが、あれだけ「おいしいですよね~」なんてお客様に対し話していたわたしは、お店のお鍋をフルコースでは食べたことがありません。お客様が手を付けたお鍋はどれだけ残っていても勿論廃棄でしたし、毎度アルバイトや社員さんの為に新しいお鍋を作るわけにもいかないので、賄いはありませんでした。だから、まずお店のお鍋を食べられることが嬉しかったです。4年間ずっと見てきたお鍋は本当においしかったです。

おもてなしをされること

そして、わたしがアルバイトをしていたお店は、お客様1組につき1人の仲居さんが付いて担当してくれるのですが、今回は女将さんが付いてくださいました。光栄です。

わたしは4年間おもてなしをする側でした。自分なりに、お客様に『おいしくて楽しい時間やったな』と思って頂けるようにと試行錯誤したし、自分の至らない性格の矯正も兼ねて愛嬌を意識しながらお客様と関わっていたつもりです。自己満足かもしれないけれど。

だから、お客様としておもてなしを受けることに対してソワソワする気持ちがありました。なんせ1か月前まで働いていたお店やしね。ビールのグラスが空いたら「入れないと!」と思うし、「そろそろお野菜を入れるタイミングやな」とか、従業員の立場の思考が抜けません。でも、女将さんの接客を間近で受けられるのは嬉しかったし、楽しみでした。

女将さんは頭の回転が速い方なので、結構どんな話題でもそつなく会話について来られ、話を終わらせるタイミングも上手です。また、ウィットの利いた冗談もお手の物です。まぁ偏見ですけれど、こういう冗談って関西出身者のほうが絶対上手ですよね、小さい頃から培うスキル。

そのため、わたしの両親にも弟にもうまく誰も傷つけない冗談で場を和ませてくださり、食事中笑いが絶えない時間が流れていました。わたしの家族は、別に仲が悪いわけではないけれど、生活のリズムのずれもあってか4人揃ってご飯を食べることは珍しく、会話もそんな頻繁にするほうではないので、「殺伐とした空気が流れてまうんとちゃうか」なんて勝手に思ってもいましたがそんな心配は無用でした。

楽しい時間には余韻が付き物

帰りの電車で、弟や両親が「楽しかったな――」と満足げに話してくれました。とても嬉しかったです。お父さんが「女将さんめっちゃ頭の回転はやいひとやな、いいとこでアルバイトできてよかったな」と沢山褒めてくれました。わたしが理想としていた接客後のリアクションだったので、女将さんの接客は流石なんだなと実感しました。

わたしは、もうアルバイトを卒業してしまいましたし、飲食の接客をすることってもう当分はないんですけれど、4月からもお客様を相手にお仕事をするには変わらないので、今後もお客様に「担当がろなひさんでよかったね」と思って頂けるように頑張ろうとモチベーションが上がりました。最近は自宅にいたり、とりあえず遊びに行くみたいな怠惰な生活が続いていて、今の自分あんまり好きではなかったので鞭で打たれた感じです。

そして何よりうれしかったのは、女将さんが「あやちゃんいーひんときに来はったお客さんがあやちゃんいーひんの?って言うてはったで!」というアルバイト先の裏側を話してくださったことです。そんなお客様がいてくださることを知って、今まで頑張ってよかったなと心から思います。

4月からもがんばらなくちゃなぁ。すぐに結果は出ないでしょうし、苦悩もたくさんあるとは思いますが、なんだかこのバイトで携わった皆さんが付いていて下さるのならがんばれそうです。今やる気に満ちています。

このモチベが下がらないように、とりあえず勉強や自炊に精を出していこうかな。継続は力なり!みなさんこんな状況下でもお互い助け合って頑張りましょうね。

長々と読んでくださってありがとうございました。それじゃまた、ろなひでした♡

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくださったらとっても喜びます❤︎コーヒーでも飲みながら記事を書こうかな!

わーい!!うれしいです!
10
#ろなひろぐ 京都で生まれ育ち、4月からは東京で社会人になりました。ちゃんとがんばってますよ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。